2012/08/23

恒例の芝公園プール

夏といえばプール。 娘と二人でいくプールは最高にプライベートな感じで楽しいのであります。

先日二人で行きました。目指すはゲイさんが沢山いることでファミリーにはとても安全な芝公園プール。

娘に水着を着させて、僕も着ようか、、、、、、、な、、、、、、


あ 水着がない。いつものアロハなヤツが、。。。

仕方ないジーンズでと思ったがやはりプールに来たし、、、、

おっ お父さんの下着はなかなかピタッとしていてしかもビキニ海パンっぽい。

普通なら行かない。でも行けるかな? 行っちゃおうかな?

という事で、パンツで行っちゃいました!

正直外に出たくない。100人中5人くらいにはバレるだろうからね。
でもこんな時に限って、娘は 子供プールと大人プールを行ったり来たりさせる。
1時になったら、10分も陸にあがれと言われるし。。。
最後は、監視員の目の前の浮き輪を借りたいという。

「はなちゃん、じつはお父さんパンツだから。。。1人で取りに行ってくれる?」

無言でうなずき取りに行く花。

緊張の二時間でした。笑

2012/05/11

お!もう5月?

月日が過ぎるのは早いですねー。

もう、5ヶ月目ですよ。

僕も、仕事が変わってから6ヶ月です。早いですねー。

IBMもキツかったけど、今の方が時間的にも体力的にも数倍キツい。
ですが、死ぬ程楽しいです。

まあ仕事の内容だのなんだのかんだのはほうっておいて。

何と言っても、仲間が楽しいのと、皆さん本当に優秀な変わりモンばかりでいいのですわ。

その分、妻と娘は父ちゃんに会えなくて寂しいみたいですけど。

そんな父ちゃんは、GW3日休めたので、久々に家族に遊んでもらいました。
GW最後は、古くからの友人であるドラッグクイーンがギャラリーをやるってんで、東新宿までいったり。

ブログ描く程の余裕は正直ありませんが、精神的にも肉体的にも充実しているので
本当、「仕事があることの幸せ」ってやつを今年は思いっきり堪能したいと思います。

そうそう、この前オービックでアメフトをやっていたら玉ノ井と飲みました。通称玉ちゃんね。いやーまともに飲むのは初めてだったけど、東亜で一緒にやったジマの仲介もあって凄く楽しく飲めました。

ここでアメフトの良い所を1つ。世界が狭いので、だいたいは間に1人友人がいればつながる点。
ランニングバックは変態が多く、コーナーバックはバックステップばっかりするので変わり者が多い。
つまり、ランニングバックとコーナーバックの相性がいいということ。

アメフトで仲の良いやつといえば、まことや元野,吉田に猿とみーんなコーナーバックです。不思議ー。

2012/02/11

早すぎだ。

1週間が過ぎるのが早過ぎる。月曜日がはじまったかとおもったら、気がつけばもう土曜日だ。

14日にサービスが始まるから、来週はブログを書けないなー。

ずーっと横浜にいることになりました。

 何をしたといっても、格段特別なことはなく、ただ缶コーヒーを飲むのを辞め、階段を積極的につかったら1キロ半やせたくらい。

やることがあるって幸せ過ぎるね。




2012/01/31

イボンヌと僕

子供の頃に、指にイボができました。
そいつは、次第に回りに兄弟をつくりマタンゴみたいになり、それをむしっていたら反対側の爪と指の間に移り。
気が付けば、多くの指の両端がイボに感染してしまいました。

放浪していた頃は、おでこにイボがありました。イボンヌです。でも突然、どこかに旅だっていきました。

もうもどってくるなよ。イボンヌ。。。。

先日、眼科に行きました。まぶたに「ものもらい」の子供みたいな小さいできものができたからです。ごま大のやつ。さくっとpick it outしてもらいたくていったのです。

さんざんぐりぐり見た後に「これはーーーー良性の腫瘍ですね。。。と医者。
つまり何の事?とおもって「分かりやすくいうとこれは?」と聞いてみました。

これはイボです。

「。。。。。。。。」

おかえり、イボンヌ。

いったいなんなんだ。できやすいのか。俺=イボか?イボやろうだ。そしてこいつはイボ郎だ。

先日娘とじゃれていたら、娘が顔をみながら
「お父さん、目、これ、んーと、これ。」とイボ郎を見つけてしまったみたい。
父ちゃん恥ずかしい。

2012/01/26

追えば去り、去れば来る

これまで主夫として娘に何かあればすぐに対応するのは僕でした。
ノロウィルスでやられているときも、RSウィルスにやられているときも限界を超えた体調不良の娘を抱えて自転車で病院を回ったのも、凄く頼られている気がして「俺がやらねば」という思いもあって凄く良い思い出です。頭の中ではいつも爆風スランプの「走るー 走るー 」がなっていました。

「三つ子の魂」という程ですから、3歳までが大事でその3年間、妻と娘と一緒にいられたことがこれからの我々にとってもとても良かったのだと思います。

妻のブログにもありますが、11月末に退職の意向を会社に告げた妻。その翌日から新しい会社で働き始めた僕。人生って面白いですね。まさに攻守交代の時期だったのです。

そして大きく変化したのはそれぞれのライフスタイルだけでなく、花マンと僕の関係。

いままで夕飯時に僕の椅子にくることなんかなかった娘ですが、平日、週に1度あるかないかの遅めの夕飯時には、僕のひざに遊びに来てくれます。僕が布団にはいると絵本を読んでくれます。公園で2人ででかけて鬼ごっこをしてくれます。鬼はもちろん娘で、僕はランニングバックなので絶対につかまりません。妻と娘が鬼でもつかまりません。笑

そんな風に娘との距離がちょっと離れたせいか、はなまんにとっても大事な存在と認識してくれたみたい。いつもそばにあるとその大事さに気付かないっつーかなんつーか。僕にとっても同様で、娘も妻も、あらためてのその大事さに気付くみたいな。

家族ってこうやって変化して成長して行くんだなと実感しています。変化というものが、人を成長させるとも思えます。
これはまさに、ウォーズマンがバッファローマンの角を折った時の感覚かもしれません。

2012/01/17

2012の僕

ジャンプの前にはかならずしゃがみます。それが大きいジャンプであればあるほど、しゃがみも深いかもしれない、助走もながいかもしれない。

 これまでの僕はそんなものだったのかもしれません。

御陰様で、2011から2012へは良い年越しであり、今僕は猛烈に燃えています。

ナスダックの立ち上げと同様、いやそれ以上のやりがいと
その時にはなかった家族の後方支援のもと、、、、、、、、

 ってつまり盛り上がっているのです。
態度は謙虚に、気持ちと活動はダイナミックに。


仕事があるって素晴らしい。
そんなシンプルなことに感謝して、家族に感謝して毎日楽しく過ごしている2012年の1月です。

みんな元気!? 僕は元気ですよ!