2011/05/25

Wonderful Comrades

きのおけない仲間(Comrades)ってーいうやつぁー最高だー。

先週岡崎から小学校時代から友人の「まちゃひこ」が出張で帰ってきていたこともあって、久々に飯を食べた。おニャン子クラブの会員番号11番の大ファンだったといえばわかる人も多いだろう。わかんねえか。参加したのは、プリウスの車内に響く水滴音「ポチョーン」をつくったサウンドクリエイターの「パパパパ」に、ラテン系一匹狼で火の車を匠に操る軽業師「Kiyoshi」そして南北線は王子駅近くにあるカフェ「Makiya」のオーナー「ジャンチク」。

会話の構成要素は、30%が下ネタ、30%が子供の話、 20%が「Kiyoshi」のライフスタイル。残り20%は何話したか覚えていない。
とにかく最高だった。

昨日は昨日で、IBM時代の同期でありアメフト仲間だった、ピロシ&マコトと目黒のスペイン料理屋で数年振りに飯を食べた。ピロシはアメフトの練習をサボって茶道のお稽古にいっちゃう猪突猛進的な奴。マコトは、社長賞とっちゃうくらい仕事はすごいんだけど、実はやりたいことは植木屋。アメフト時代は伝説のコーナーバックと言われ、試合後にフランスパンを一本かじるWildな奴。

こちらは先週とは変わって、30%が今の仕事や将来の話、30%が下ネタ、40%は覚えていない。(笑)

久々にあっても「おー久しぶり」とかの挨拶もなく、突然会話にはいったり、仕事の内容とか肩書きとか関係なく記憶にも残らないそこはかとない話に花が咲く。それがまたとても心地良い。

悩むことも多いけど、まあ笑って越えていけちゃうね。

娘の「お母さんがいいの!お父さんやだの。」が再発。これだけは笑えなくて、父ちゃん夢でもうなされています。

0 件のコメント: