2011/05/18

奈良井・妻籠にいってきました

GWを利用して、娘をつれ長野の実家に行ってきました。今更ながらにプチ旅のご紹介。
まとまった休日になると、長野や熱海の実家に娘をつれていくのが定番ですが、毎回現地でまったりするよりもアクティブに動こう!という方針の元、ここ最近は行く前から実家を拠点としたプランを立てています。以前は上田城下町をみにいきましたが、実家のある茅野から南下をしてみました。

京都と江戸を結ぶ道、海側は東海道で山側を抜けていくのが中山道というのはみなさんご存知のことでしょう。その木曽路には、今も昔ながらの宿場町を見ることができます。歴史的風土100景にも選ばれているのが、奈良井宿と妻籠宿。観光ガイドの試験でも、必ずでてくる場所であり僕も一度は行ってみたかった場所です。奈良井宿はNHKの連ドラの舞台になっており、只今人気沸騰中だとか。

児玉一家と義父母と義兄の合計6人で、茅野から木曽路を下り岐阜の中津川で一泊。帰りは、飯田方面から高遠城をながめながら家に戻るというコース。
ビューンと奈良井へまっしぐらーと思いきや、早速塩尻で寄り道。ここには、平出遺跡があるのです!縄文・弥生時代の遺跡で、尖石遺跡や登呂遺跡とともに三大に選ばれていたとか。すっげー!と思いながら、尖石遺跡は、実家から5分くらいのところにあることに気づくのでした。縄文の里だけに、めずらしくもないか。

畑の真ん中にいきなり復元された竪穴式住居があります。(復元ですが)
住居の中は、ちょっと藁の蒸されたオイニーがして、娘は牛さんのニオイが臭いねーといっていました。 ナイス表現。ここには娘の言葉でいうところの、タンポコが沢山咲いています。
あっちにもタンポコ。こっちにもタンポコ。
 そして、奈良井はこんな感じ。
一見入りづらい店ですが、ここの五平餅はまさに「うましの国の宝物」です。軒下にいるのは妻と義母。
古い街並を「昔の人もこの宿場町で旅の疲れを癒していたんだなー」と思いながらあるいていると、路が広いためか景色にミスマッチのパトカーが通り過ぎて、現実に引き戻されました。端から端までかなり距離あります。

妻籠はこんな感じ。600mくらいの距離の間に古き宿場町の風景が凝縮された感じ。大人気の所以がわかったきがします。
手前の黄色のシャツが義父。kotodamaya.com用に風景写真を撮っていると、気がつけば義父がうつりこんでいます。笑

そして、この度の中で僕が一番気に入ったのが「馬籠」。妻籠と馬籠は近いのでまとめて紹介されますが、実際には長野県と岐阜県の間にあって峠をこさないといけないので、車でも結構くねくね道をのぼっていかないとなりません。島崎藤村の家を境にして上が長野、下が岐阜だったそうですが、近年にはいりこのエリアすべてが岐阜県中津川市になったそうです。よって、信濃国出身の島崎藤村さんは今は美濃の国出身だそうで、これを巡って随分もめたのだとか。
ずーーーーと坂が続きますが、下るときは風景も綺麗ですし石畳が気持ちよい。
 見た目よりも坂はキツいです。
 馬籠の五平餅もうまかったー。

地震の影響で観光が減っても保てる都市は良いですが、このような観光依存が高い場所は本当に大変ですね。それでも、妻籠には外国人の観光客が結構いました。(国内在住の方も多そうでしたが)

2 件のコメント:

&ぅ さんのコメント...

お!俺の母方の実家が木曽で、GWに行っていたよ!これがまた偶然奈良井宿の隣の薮原だ。奈良井宿めちゃめちゃっ混んでいたね~19号線上なんて路駐だらけでプチ渋滞していたし。木曽福島のくるまやという蕎麦屋が有名で美味しいぞ。

Kodaman さんのコメント...

アンドーさん、 せっかくコメントしてくれたのに消したのねー。文字化けが原因でしょうか。 木曽福島のくるまやに行こうとしたんだけど、奈良井の五平餅やらなんとか饅頭やら食べ過ぎてスルーしました。