2011/03/15

現状

本日も水道橋のお客さまにいくために外出しております。

妻も9時頃に勤務している会社から本日は通常通り出社との判断があったらしく、心配ではありますがこれから耐震工事をする予定の保育園に預けて向っております。

私は、昨日の目的地までの迂回経路だと中央線快速利用で大幅におくれてしまうために、目黒から白金高輪まで徒歩でいき、別の電車に乗り換える方法をとりました。今日も目黒駅は大混雑ですし、同じ様に2駅分歩いている人も大変多く見られました。移動手段がなければ「歩く」。ないものをグチグチいっても仕様がないので、みなさん普通に歩いています。不安な雰囲気は多いにありますが、みな冷静に対処し現状を理解しようと頑張っています。

節電に関しても、自分の家は当然のことですが、各社、各店が努力しているように思います。

昨日我が家にきたお母さんは、家にオムツがあと数枚しかないのにまったく買えないと困っていました。幸いにも我々はドラッグストアのポイント10倍出しの時に毎日1袋づつ買いだめしておいたのでそのお母さんに一袋わけることができました。

首都圏で紙類、食物がなくなっているようです。「物がなくなっている」という報道があれば、人々はさらにその「物」を求めてしまう。これは、余震が今でもあって、凄まじい映像とともに原発が爆発したという情報をテレビでみて、チェーンメールなのか本当なのかわからずに「汚染された雨が降る」などという情報が飛び交っている中では、冷静にしながらも混乱状態の中なので起きてしまう事態ではないでしょうか? 

「節電」「物資や情報のシェア」「避難所の確認」そして最大限自分のお客さまに迷惑がかからないように仕事を処理する。これをまずはやる。町中で気づいたことはやる。

0 件のコメント: