2011/03/12

銀座にて

今我々は家にいます。家族は昨日外出先の銀座よりもどりみな無事です。

昨日私たちは米国からの訪れている方と家族で東京案内するということで街にでていました。

銀座の久兵衛をおとずれ、お寿司を堪能し外にでて4丁目を目指してあるいていたときに、地震にあいました。
裏通りを歩きちょうどビルとビルの間の移動通路の工事が頭上で行われている場所です。

何か地面を掘るボーリングのドスンドスンという音のようなものが響いてきて、工事現場に近くなればなるほど凄い揺れを感じました。ふと、右側の和風の引き戸を見た際に、尋常ではなくバタバタしていたので「いつもと何かが違う」と思った矢先に、大きな揺れを感じました。こんな時、人は建物の側に近寄るというのを何かで読んだ記憶がありましたが、私以外が建物の真下に行こうとしたので、娘を妻から預かり「GO Go Go !!!」と急いで交差点に移動しました。

数分後には、あちこちのビルから人が出てきました。通りから向こう側に見えるビルは、側面が見えたり消えたりと大きく揺れていて娘は大泣きしていました。

道には人が溢れてきましたが、いまだ事情が掴めない中、とにかくホテルへ移動しようとなんとかタクシーを拾う事ができましたが、いつもなら20分くらいで到着する場所へ2時間。このまま家に帰った方が良いとのみんなの判断で、そのタクシーにのったまま家へ。このタクシーを降りていたらおそらく歩いて家族3人でもどらなければならなくなるだろうとは思ってもいませんでした。電車で帰れるくらいに思っていたので。

私たちは幸いにも一緒にいることができ取り敢えず無事ですが、保育園のお母さんの中にはご実家が福島、または気仙沼という方がいます。心から無事を祈っています。

武蔵小山の商店街も多くの店が閉まっていて、特に、吉牛、松屋、数寄屋などが閉まっていたのが印象的です。千葉の倉庫に物が届かない、被災した業者もあるとか。スーパーのパン売り場も空っぽです。コンビニも空っぽです。東京へのこれからの影響は計り知れません。

電話機能が使えない状況でネットがなんとか使えるなら、遠方の家族への無事の連絡はまずこのブログでやった方が良さそうだと話し合っています。

皆さん無事であることをいのります。

0 件のコメント: