2011/02/28

段ボールで遊ぼう!

引越で沢山でてきた段ボール。
その中に、和服をいれる細長い段ボールがあったので引っ越してすぐに第2弾ハナハウスを作りました。
自分でいうのも何ですが、これがすばらしい仕上がりで、花奈が中で立つ事ができます。

煙突もつけてサンタさんが入って来れる様にしたり。窓は、第1弾の花奈ハウスの入口に飾っていた動物のシールのパーツを移植して装飾してみたり。プニュプニュのシールは好きな所に貼れる様にして、入口の装飾はスペインはコルドバの世界遺産「メスキータ」のように黄色と赤のシマシマ模様にしたりと結構手がこんだお家です。
 それが先日祖母がきたときに。。。。。
 お船になってしまいました。

妻のブログにもありましたが、先日娘と妻が自由が丘にいったときにキッチンセットで長時間はまってしまったとのことでした。ということで、その夜に早速キッチンを作ってみました。
娘は、写真が嫌いなようで「とるよ!ニーってして!」というと、この顔をします。このキッチンの自慢をすれば、側面のガスはクルクル回せます。鍋とフライパンは妻が補強しました。今後ですが、この側面に魚を焼けるグリル機能を追加しようと思います。

昔から子供ができたらおもちゃで遊ぶ楽しさよりもまず、何でも作ることを楽しむということを体感させたいと思っていました。だから、目の前でチャチャッと作ってみせて上げる。ナイフは、ぺらぺらだったところを「これでは切れません」と娘に言われ補強したり。この時間が最高に楽しいです。

ただ問題が一つ。ハナハウスとハナキッチンがあるこのお部屋。壁には動物やアルファベットのシールが貼られたりと「こどもの部屋」という感じです。

でもここ、僕の書斎であり仕事部屋なんだよねーーー。

2011/02/22

ローストチキン!

以前にも書きましたが、人の誕生日を祝うのは大好きなのに自分の誕生日にはあまり興味の無い僕です。
しかし、今年からは待ち遠しくなりそう。

妻がつくってくれた「ローストチキン」。

米国滞在中にクリスマスをLAの先輩(元IBM)の家で過ごすことがありました。2004年のことです。夕食で出てきた「チキンのオーブン焼き」が大変美味であったので、舌鼓を打ち、心もお腹も満たされ、米国滞在の中でベスト3の思い出となりました。あの味に二度と巡り会うことがないだろうと思っていたのに!!まさか我が家で再会できるなんて!! 1口目から感動の嵐!何年ぶりかの秀樹感激です。


ケーキが出てきました。それもむすめが「お父さんの お父さんの 誕生日ー」と歌ってくれます。これだけで、ご飯3杯食べられます。ろうそくをフーした後は、「花奈も!」と、なんどもローソクを吹き消していました。顔火傷するっつーの。でも娘は洋菓子が好きではないので、手はつけませんでした。


そして、プレゼント。これがまた最高。

昨年の誕生日は、iphone 3G用の電池付きケースでした。そして今年はというと、これ!


iphone4の電池付きケース !! マットな手触りで最高です。
デジタルガジェット好きの我が家ですが、僕よりも妻の方が好きだと感じています。

娘が「お父さんやーだー」と結構連発しています。いやいや再発ですが、新米の父親ではないので、気にしません。

2011/02/17

誕生日

 たんたんたんじょうびー はなちゃんの はなちゃんの 誕生日ー。と娘はいまでも歌ってます。それ二ヶ月前ですけど。

んでもって、今日18日は僕の誕生日だ! と、コンサル先の会社のトイレでふと気づいた。 うおーやべえーもう36歳だ。この前保育園のお父さんお母さんとのお食事会で、ピーターパンになりたいよね!といったら、今でも十分ピーターパンやってるじゃんと突っ込まれ何も言えなかった35歳。

ふー俺も大人の仲間入りか。でも、今朝妻から「御誕生日おめでとう」を言われていない。ちょっと寂しい。

って今気がついたけど、今日はまだ17日じゃないですか。なんか1日どっかに飛んでいってしまった。

今朝は、神保町の次の水道橋でおりようとおもっていたのに、さーて次でおりようかと思ったら、「次はー、春日ー 春日ー」と言うではありませんか。今さっき神保町だったのに、水道橋はどこいっちまったんだ? 実際着いたのは、春日でした。これは、数分の記憶が抜けたってことなのか? 

どうせ俺の頭の中は ドリアンさ。

2011/02/09

「桃太郎」を考えた

金太郎、桃太郎って10回言って。


かめをいじめていたのは?


「浦島太郎」ではなく、「子供」です。
という懐かしいネタがネットに転がっていました。

2月3日は節分。豆まきをしましたか?
この時期になると、桃太郎さんの歌をいろいろな場所で聞きます。家でも、未だに娘が
桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた チワワンゴ! と唄っています。

そんな桃太郎で空想をしていたの日曜日。何故、イヌとキジと猿なのか?鳥でなくてキジなの?
自由が丘を過ぎ、九品仏、尾山台と駅を通過する中で僕の頭に一つの説が浮かんできました。

「桃太郎」は未来を予言していた!

桃太郎とオニの関係。それは、環境を破壊する人間つまり「オニ」とそれに抗う細菌という児玉版「桃太郎」のお話。

むかしむかしある所にと始まりまして、、、、
桃をわるとなかから桃太郎ならぬモーモー太郎が出てきました。このモーモー太郎。名前から想像できるように、みてくれは牛でございます。この牛は、昨今問題になっている狂牛病を意味しているのではないか?

オニを退治にいきましょう!と鬼退治に向う道に一匹の犬が。この犬はかなりヤバい奴。名前は、イヌフルエンザ。ワオー。新型インフルエンザは怖いですね。

あら、あちらにいるのはキジさんですか? こいつは今まさに日本を悩ませる鳥インフルエンザでしょうか。

ウッキッキー。木の上から猿さんがこにゃにゃちわー。なるほど、こいつは猿だけにサルモネラ菌か。食中毒の原因ですね。

狂牛病がきて、新型が出て、鳥インフルが出て、、、、、いよいよサルモネラ菌も話題になるぞとおもっていたら、テレビで「サルモネラ菌による集団食中毒!」というニュースが。

まー怖い。わお。

2011/02/07

冬の京都-4 比叡山

先週末から、体調は悪くないのに眉間に激痛がありました。この手の痛みは、目か鼻だからと眼科で検査をして問題無しで高額な請求。その後耳鼻科に行き、副鼻腔炎という風邪の菌が入ってしまった影響なんだとさ。昔で言えば蓄膿症らしいのですが、膿はなく、炎症でよかった。

妻には、
 「あなたの頭の中は脳みそじゃなくドリアンが入っている」と言われていましたが、本当に化膿してなくてよかったです。

2月4日から旧暦での新年がはじまって、よし!今年こそ!と思ったのにまだ1月の体調不良を引きづり。妻も39度の熱を出す始末。一帯ぜんたい、何なんだこの児玉家の体調不良続きは。まったく、1月1日以降ずーっとはっきりしない体調が続いているので、正直気持ちは落ちてます。唯一のすくいは、娘が好調なこと。

京都の旅ログですが、とりあえずまとめて書いて次に進もうっと。
下鴨神社は参道が長いので、お参りに行く時は少し時間を余計に見ると良いです。
本殿の手前のエリアには干支に関わる神様が祀ってあります。自分の干支の神様は何かみてみると良いですね。
 正面に見えるのが、舞殿です。縁結びの神様としても有名な下鴨神社なので、この手前にある小さい神社にはかなり沢山の女性が御参りにこられていました。

さてさて、この下鴨神社から出町柳駅までもどるとここから比叡山へのダイレクトバスが走っております。40分位で山頂に行けるので、次回京都に行かれる方がいれば、そう遠くない比叡山へ足を運ぶのも良いのではないでしょうか。とはいえ、「冬」はやめておいた方が良いでしょう!

この京阪のバスにのって、800円払えば京都を抜け滋賀に入り、琵琶湖を一望しながら比叡山にまいります。信長が焼き討ちした比叡山延暦寺。天台宗の総本山でありますが、延暦寺という名前のお寺は、この比叡山に存在しないって、皆さんご存知でしょうか? この比叡山という山自体が、延暦寺というお寺であり、中心となるお堂は「根本中堂」といいます。釈迦に説法かもしれませんが。

3つのエリアに別れるこの比叡山。東塔、西塔そして横川とそれぞれ呼ばれ、中心は根本中堂のある東塔です。バスでいけば、ここにすぐに行けます。西塔や横川は敷地内のバスで移動しますが、真冬は動いていないので、行きたければ「歩いて」行ってください。僕の様に。

入口から最も近くにあるのが、大講堂。オフィシャルページで見るのと、雪に埋もれているとでは全然雰囲気が違いますね。
 中は撮影禁止の根本中堂には、1200年も燃え続けている炎が灯されています。めちゃくちゃ寒かった。
20分間こんな雪道を鞍馬山と同様に歩けば、西塔に行けます。横川へは徒歩70分とか。さすがにやめておいた方が良いですよ。冬はね。
 辿り着いた西塔エリア。
 折角おまりにいきたのに、手が洗えない。

気をつけなければいけないのは、自分の足音によって木の上の雪の固まりが落ちてくることがあるということ。シティーボーイの甘ちゃんな僕なので、そんなこと思いも寄りませんでしたが、西塔エリアにある地図をみていたら自分の真横に大きな固まりがドッサリと落ちてきました。あれは焦った、トラップかよと思いました。

冬の京都では「北方面に行くことで、普段とは違う世界を体感」できました。ただ旅行という観点では、結構ハードですので、防寒をしっかりしないと本当に遭難するかもしれません。