2011/01/29

冬の京都−3 八瀬エリア

最近、毎朝武蔵小山の駅へ行くと、駅前で稲妻ラリアットで有名な木村健吾さんが街頭演説をしております。今日「おはようございます!」と挨拶をしたら、「元気な挨拶をいただきました!いってらっしゃい!」と応えてくれました。坂口征二と木村健吾に藤波にタイガーマスクにダイナマイトキッド。懐かしい。
・・・・・・・
京都の四条を中心にすこし北東にある「出町柳」という場所。ここからそのまま北方面に向えば昨日の日記の「鞍馬山」方面へいきますが、すこし北東へ向うと「京都〜 おーはら 三千院」で有名な、大原方面へいくことができます。皆さんの方が詳しいかもしれませんが、何せこの北エリアは初めてなもので。紅葉がすばらしいという大原。一度は行ってみたいですね。

と、大原方面に行く途中の八瀬という場所にケーブルカー乗り場があります。地図上でこのケーブルカーの行き先をみてみると、、、、、比叡山があるではないですか!そして、そのケーブルカー乗り場から徒歩5分の場所には、前日に先輩から聞いた知る人ぞ知る「九頭竜大社」がありました。ご興味のある方はネットで調べてください。

北東に!行ってみよー!!!と、まずは、九頭竜大社へ。

参拝の仕方も柏手4回からはじまり、本殿の周りにある燈籠を巡るなど一般的な方法とは変わっていました。複雑なので、家族の健康を願って次なる場所へ。

ここから比叡山へと歩いてケーブルカー乗り場へ。
話は変わりますが、みなさん、思い込みというのは怖いものです。時期は冬。このエリアは中心部とちがい、普通に雪が降る場所です。乗り場にいくと、鎖が! そこには閉鎖中の文字が!比叡山のHPをみると、たしかにアクセスに八瀬からの行き方が書いてありますが、 冬期12/6から3月までは運転中止中と書いてあるではありませんか。何度もみているのに、「当然行けるだろう」という思い込みが、赤く目立たせた文字でさえも読めない。僕はこの手のミスを旅行において結構頻繁にやります。

いったん戻って、出直しだ!

出町柳までもどると、そこには世界遺産に指定されている「下鴨神社」があります。方丈記の鴨長明さんがかつてここの神官だったことでも有名ですね。出町柳駅からすぐとはいえ、糺の森という長い参道を通るので本殿まで10分ほどかかります。日本の国歌にでてくる「さざれ石」というものを初めて見ました。
歳月をかけて大きくなり巌(イワオ)となる神霊の宿る石として崇められているとのことです。僕は、さざれ石自体をみたことがないので、純粋に「この石が!」と感心しました。

もったより、冒頭の木村健吾の段落が長くなったから、下鴨レポートは明日書きます。

0 件のコメント: