2011/01/24

冬の京都ーその1

京都。京の都です。東京はいつまでたったって、京の東でしかない。見るところ満載。でも、なかなか正面からはその奥深さに触れられない街とでもいえましょうか。

春は、南禅寺の桜や仁和寺の桜が綺麗ですね。
夏は、とにかく盆地だから暑い。これは有名ですね。鱧が美味しいですね。
秋は、高台寺の紅葉やら三千院の紅葉やらいたるところでライトアップ。観光に最高。
そして冬。

先週の金曜日から、1泊2日で京都に出張してきました。いろいろと巡ったので、久々に観光地の紹介などを含めてシリーズで書いていこうかなと思います。

なんでいきなり京都? というのも、以前お会いした聖護院の阿闍梨様が京都や大阪の門下生らと新年会を催すとのことで、招待をうけたからであります。12名程でしたでしょうか。古美術商にお茶の先生、京の器を作られている方、ビジネスの世界など各方面で活躍されている方々がいらっしゃり、場所が祗園の料理屋での会合という、僕のまさに「興味あるけど未体験な世界」であり大変趣のある会となりました。

京都の冬は全体的に3度程東京よりも低いというのがその週の気温をみての感想でしたが、行ってみたら、ビル風が無い分、東京よりも温かく感じました。

金曜の夜は、そんな感じです。祗園も3年間通ってはじめて初級といわれました。とても通えませんが、その一部をみることが出来ただけでも大変勉強になりました。

写真はその夜、宴で舞を見せてくださった舞妓さんです。


この会への参加を中心として、その前後で冬の京都らしさを探しに、南禅寺や清水寺のある東でも金閣寺や龍安寺のある西でもなく、北へ足を運んできました。
Edokko in San Francisco 2011 の旅は、この写真から始まります。
手、、、、洗えないです。

0 件のコメント: