2010/11/09

パワースポットはほどほどに

近年よく耳にする様になったパワースポットという言葉。僕はこの言葉があまり好きではありません。
というのも、「ここがパワースポットだ」と言われた場所にいき、気分がわるくなったり思いっきり陰の気がたまっているために「ヤバイな、ここ」と感じる事がこれまで結構あったからです。

 龍穴や龍脈など大地から出てくるエネルギーを感じる場所は確かに存在しますが、多分そこにいく人がもっているネガティブな思いなどがそのままそこに残ってしまうケースがあるのではないでしょうか。その人その人がもっている波長にあった場所があって気持ちがすっきりする場所がみつかればそこが「その人にとってのパワースポット」であり、「ここがパワースポットだ!」という場所に足を運ぶ時にはちょっと気をつけて、もし気分が悪くなってきたら「ここは私にとってのパワースポットではない」と深入りしない方が良いと思います。昔の人はもっとシンプルにその場所のエネルギーを感じ取っていたのではないかと思います。

というようなことを考えてWEBをみていたら、パワースポットに陰の気が溜まってしまうという点についてはいろいろな人が書いていました。やはり感じる人も結構いるんですね。

さて、娘が肺炎モドキになり母が実家からきてくれていたこともあり、先週はブログは書いていませんでした。が、この週から娘がいままで以上にしゃべるようになりました。会話もばっちり。こんなに大きくなりましたっつーことで、久々に娘の写真を2枚程。




このかっこうのまま家の中を歩く事が出来ました。
先日、自由が丘の無印良品の前で三輪車が欲しいと道に転がって駄々をこねたあとお茶でホッとした娘です。

0 件のコメント: