2010/11/30

天空の郷

テレビで紹介される商品は、「多くが仕込まれている」 という大変穿った見方をしてしまっている僕なので、滅多なことでは興味を抱かないのですが、先日やっていたお米の特集をみて興味が湧いてしまったのが「土佐の天空の郷ヒノヒカリ」というお米。

そんなにこだわる訳ではないのだけど、 ちょうどお米がなくなりそうだったので試しに買ってみました。送料が結構かかるけど、お米自体の値段はスーパーで売っているブランド米と同じ位か。って高いってことですけど。まあお米の国の人だから、お米に興味を持つことは良いことかなと思います。

んでもって、銀行振込を昨日したのでまだ発送もされていないので、感想を書ける訳も無く。
今週末には来る予定。
んーーー早く食べたい。

ご興味有る人はのぞいてみてください。
高知の棚田で作られたお米とのこと。
http://shunsaikoubou.com/tosa.htm

2010/11/26

1001件目の投稿

このブログも2003年から書き始めようやく投稿数1000件を越えました。毎日何回も投稿する人なら、1年もあれば1000件越えるだろうけど。僕は月平均6回更新。それでも、ブログは自分の歴史になりうるから面白いですね。

今日のニュースサイトみていたら「ノロウィルス」大流行だそうです。手洗いが基本ですが、さっと洗うだけでは菌を死滅させないようですから、念入りにしないと。そして、1番恐ろしくて、1番蔑ろにされるのが、ドアノブ。最近気づきました。手を洗ったと思ったら、ドアを閉めた時にまたノロさんが付着する。空気中にもたくさんいるので、家族の集団感染をなんとか食い止めるためにも、皆さん頑張ってください。

娘ですが、深夜に病院にいって急性胃腸炎からくる高熱だと言われた後も、ぐったり。座薬いれても熱下がらず、咳がコホコホでてきてそれがどんどん深くなって。。。。。悪化の一途をたどるばかりでした。

結局、かかりつけの病院に足を運ばざるをえなくなり、そこからまた「RSウイルスの疑いあり」ということで大学病院に足を運び。。。結果は、ウィルス性の胃腸炎で免疫力低下のところに細菌がアタックしてきたことによる「重度の気管支炎と軽度の肺炎」になってしまいました。そこから、妻に感染し、僕に感染し。娘がこけたら、皆こけた。本日やっと皆が95%回復というところまでいきました。

娘にとっても、家族にとってもこの2年間でベスト3にはいる大変さでした。両方の実家から祖母のヘルプをもらって越えられましたが、病気が連鎖すると本当につらいですね。40度の熱が4日間つづきましたが、娘はよくがんばった。生命力ってやつは凄いです。

====================================
そうそう、昭和大学病院の先生から発熱と座薬について教えてもらいましたので、備忘録ならびに共有。

子供の発熱時、体温がどんどん上がっていっても、手先と足先が冷たければピークに達していません。つまり、その段階で解熱剤の座薬をいれても効果は薄いのだとか。カーっと上がって、手足が熱くなってきたら上がりきったということで、解熱剤の効果は得やすいとのことです。では、上がっている間にできることはないのか?座薬の効きが悪い中で他にできることは? これも基本なのに忘れがちな手当なのが、「氷で間接を冷やす。」こと。 勉強になりました。

2010/11/24

自分なりのルール

この日記16日に書いていたのに、アップ出来ないまま今日に至りました。

誰しも自分なりのルールというものを持っていると思う。と書き出していますが、いつも通りビジネスとか関係なくて子育ての話になりますが。

娘は先週の土日にこれまでの急性胃腸炎とともに気管支炎も再発しました。一方家の外では、週末にかけて前回のブログ投稿後も、「XXXちゃんが吐いてお母さん呼び出し」「DDくんも吐いてお休み」などという連絡が妻のメールにはどんどん入っております。この状況で元気に保育園であそんでいる子は凄い!

子供の体調不良時の対応は、各家庭にそれぞれルールがあるかと思います。解熱剤は38.5越えたら入れるとか、風呂に入れない時でも、お尻だけは洗うとか熱いタオルで拭いてあげるとか。

我が家では、高熱になったときは、娘の元気度と熱の具合をみながら39度越えを解熱剤投入の目安にしています。39度越えでも元気ならしばらく様子見。ぐったりしたら投入。というシンプルなルールです。時に、 解熱座薬を入れても肛門が刺激をうけて投入後すぐにうんちをしてしまうケースがありますが、この場合は、30分空けて多少でも熱が下がってきたらKeep、状況が変わっていなければ再度投入。
このルールの中で、落ち着いていればこちらも安心なのですが、子供というのは親のルールというか固定観念を見事に越えてくれるので、コチラ側も柔軟に対応しなければなりません。

昨日午後から夜にかけて、39度でてしまいました。本人若干暑そうですが、割と元気なので氷枕を用意して暫く様子見。しかし、39.5を越えてぐったりしてきたので僕の判断で解熱剤を投入。いつもなら37.8くらいまでさがってくれるのに、38.6から下がりません。解熱剤の効果は6時間と一般的にはいわれていますが、投入後5時間を過ぎて39.9と間もなく40度越えというところまで来てしまいました。

その日は昭和大病院の小児科が夜間診療をしてくれて、解熱剤を追加でもらいましたが、闘病生活はまさにここから始まるとは思ってもいませんでした。

2010/11/12

トレンド情報:ウィルス性急性胃腸炎

せっかく肺炎モドキから治ったのに、、、

一昨日夜から突然の嘔吐!5回吐いてぐったりしている娘を妻に任して、部屋を片っ端から消毒していく僕の頭の中には、1年前の娘倒れて僕が倒れて、妻が帰ってきて20分で脱水症状となり救急車という悪夢がよぎる。下からはでてこないから「ノロ」さんではなさそうだが、相当病状は悪い。

翌日は吐きはないものの、食欲もなく痛がる娘。病院でみてもらったら「ウィルス性胃腸炎」だろうとのこと。座薬を大量にもらっておいた。その病院の先生が書いているブログを読むとノロが集団発生している保育園もあるとのこと。

診療後、保育園へのお休みの連絡を済ませた妻からメッセージが携帯にはいる。
「保育園の他のクラスでも同じ症状がでているらしいよ」
・・・うちの娘ももらっちゃったんだろうな

この日は、午前中の看病を僕、午後から妻が看病で互いに午前中半休、午後半休で対処することができた。

今日は完全復活とはいえない娘のために、僕が自宅で看病。自宅がオフィスですけどね。
朝妻からメールがはいった
「他のクラスでこの症状が大流行しているみたい」
「XXXくんも昨日の夜吐いたんだって。でも今日は熱がないから登園したってさ」

娘を寝かせて仕事をしているとまたまた妻から
「△△△くんが保育園で吐いて、お母さん呼び出しだって」
おいおい!保育園世界でのパンデミックじゃないの!

このウィルス性急性胃腸炎って感染力めちゃくちゃ高いですね。ということで、調べてみたら聞いた事のあるウィルスの名前がありました。「ロタウィルス」。。。。。。。野呂さんでなくて、ロタさんだったか。

あっ!後で娘が起きた。。。。。。ではみなさんお気をつけて。

2010/11/09

パワースポットはほどほどに

近年よく耳にする様になったパワースポットという言葉。僕はこの言葉があまり好きではありません。
というのも、「ここがパワースポットだ」と言われた場所にいき、気分がわるくなったり思いっきり陰の気がたまっているために「ヤバイな、ここ」と感じる事がこれまで結構あったからです。

 龍穴や龍脈など大地から出てくるエネルギーを感じる場所は確かに存在しますが、多分そこにいく人がもっているネガティブな思いなどがそのままそこに残ってしまうケースがあるのではないでしょうか。その人その人がもっている波長にあった場所があって気持ちがすっきりする場所がみつかればそこが「その人にとってのパワースポット」であり、「ここがパワースポットだ!」という場所に足を運ぶ時にはちょっと気をつけて、もし気分が悪くなってきたら「ここは私にとってのパワースポットではない」と深入りしない方が良いと思います。昔の人はもっとシンプルにその場所のエネルギーを感じ取っていたのではないかと思います。

というようなことを考えてWEBをみていたら、パワースポットに陰の気が溜まってしまうという点についてはいろいろな人が書いていました。やはり感じる人も結構いるんですね。

さて、娘が肺炎モドキになり母が実家からきてくれていたこともあり、先週はブログは書いていませんでした。が、この週から娘がいままで以上にしゃべるようになりました。会話もばっちり。こんなに大きくなりましたっつーことで、久々に娘の写真を2枚程。




このかっこうのまま家の中を歩く事が出来ました。
先日、自由が丘の無印良品の前で三輪車が欲しいと道に転がって駄々をこねたあとお茶でホッとした娘です。