2010/10/29

ハナ毛

このブログも、娘ハナの事をかくことが多いのですが、今日は別のハナの話。

そう鼻毛。

僕の鼻毛は太くて長い。体は小さく、気も小さい(でも短気)なのに、ここだけは太くて長い。

ブラックバスは40cmオーバーを釣ったことがなにのに、ここだけは2.5cmオーバーもちらほら。

そんな「オラが村の鼻毛自慢」をしたいのでは無い。

2日前からのどと鼻の間、鼻咽腔が痛い。のど飴をなめても、和らぐことなく、首を傾げるとズキン。今まで感じた事の無い痛み。

なーんかチクチクするのよねー。なんかこう、線みたいなものがあるような感じ。

タベタイノニ、タベタイノニ、タベラレナーーーイ、コーーナーーイエーーン。的な気持ちで、取りたいのに取り除けないその痛み。うなぎの骨が咽にささったのと似ています。

多分、きっと、おそらく、これ、鼻毛刺さっているね。

これは、保育園に提出する毎日の日誌の幼児氏名欄に「児玉花奈」ではなく、「児玉佳子」って書いちゃうくらい恥ずかしいね。ねっ!

妻佳子も、最近はブログの更新回数が多くなっています。たまに、同じ出来事を妻の視点と僕の視点という真逆の意見がでてきて面白いです。よし丸号>>> http://ameblo.jp/yoshimaru83/

iphoneのアプリで素敵な写真編集ソフトを買いました。[photokinari]というやつ。

2010/10/28

バッドタイミングマム

3日ぶりの2人の再会。といったって、3日しか経っていないのだけど。

僕の兄は父親と初めて会ったのが3歳のころだから。大違いね。

夕飯時、いろいろと床に食べこぼしているのに気がつき、床を掃除してた僕。その僕の頭に「もっとちょうだーい!」とカボチャの煮物が入っていた器を何故かいきなりのせる花奈。それをしらずに「何を?」と見上げた瞬間に陶器が割れるという悲劇。「あーー!なーにしちゃってくれてるの??ハナマンはまったく!(でも割ったのは俺か?)」と教育的指導をしている、そんな時に、妻は帰ってきました。まさにバッドタイミング。

「ただいまー」と喜んで扉を開けた妻をちょっとチラ見した後、「さて本題の器を割ってしまった件ですが」とでもいうかのように、僕を見る花奈。

「・・・・し〜ん・・・・」

感動的な再会かと思いきや、そんな期待を180度裏切ってくれたハナマンに脱帽です。折角それまで、「I want you, I need you, I love you!」を練習して言えるようになっていたのに、それよりも「かぼちゃー!」で頭が一杯のハナマン。その後「ほら言ってごらん!」と言っても、「チップップー」しか言わなくなってしまいました。(これはチューリップを意味します)

今朝、これまでの3日と同じように体をさすって起こしてみた。昨日までは、笑顔でぎゅっと抱きしめてくれていたのに、今日は顔をクシャおじさんみたいに「ギョエー!」と泣かれ足蹴にされました。

、、、、父親なんてこんなもんだ。

2010/10/27

この3日間を振り返り

日曜から今日までの3日間は、前回の日記で書いたように妻無しの2人での生活。

ついこの前までは、「お父さん、いらないー」と言ったり、「プイッ」としていた花奈でしたが、お迎えの時は飛び上がって喜び、ご飯も2人で仲良く、寝る時も父の乳を母の乳のかわりにつまみながらバタンキュー。

大変かなと思っていましたが、ものすごい楽しい3日間でした。こんなに、娘と接する事ができるなんて、なんてすばらしいことでしょう!

これもひとえに、気遣い屋の娘のおかげ。最初の日の夜に妻から連絡がきましたが、声を聞いた途端に大泣きしてしまい、電話での会話をやめました。せっかく本人がいないということを我慢しているのに、声をきかせることで「家にいるのにホームシック」になってしまうのだそうです。彼女の故郷は、母の体内なのだからやむなし。

 はいニン!ってして!というとこうなります。誰かさんと一緒で笑うと目がなくなってしまいます。
 オッパイ離れと同じように、カレンダーに書いてみました。今日ネンネして、明日ネンネすれば27日だよというと、そこを指差し「お母しゃん!」と言っていました。

今夜妻が帰ってきます。はてさて、どのような反応をするのでしょうか?

と余裕ぶって書いてみたものの、やはり1人ですべてをこなすのは本当に大変ですね。多くの共働きお母さんがやっている、
お見送り>仕事>仕事を終えて>今晩のおかずを考え>お迎え>料理を作る+洗濯をする+
掃除をする+風呂洗う+娘がうんちしていたのに気づかずオムツ脱がして風呂にはいって、固まりが挟まっている事に気づく+あせる+こける+娘寝る+深夜仕事するけどいつのまにか眠る = インディアンウソツカナイ by ポール乳面

やべ、もうこんな時間!請求書出しにいかなくちゃ!!!

2010/10/24

二人ぼっち

今日日曜日の午後から妻が会社の大きなカンファレンスのために出張。もどりは水曜日。つまり今から、ハナと僕二人だけの日々が続きます。

父親は国内出張が度々あるので、ハナにとってはまったく問題無しですが、母親がいないのはこの一年十ヶ月の間にたったの一日ですから、一体どうなることやら。

正直言うと、ハナよりも妻が心配。別れ際は、長期海外出張かよ!というくらい。東京のお台場と西小山という帰れる距離なのに会えない辛さか。

家にいてもeasy to get boredだから、
とりあえず自由が丘のお気に入りのパン屋二階でお茶。花は撃沈。



2010/10/20

自衛隊と一般人

私がお手伝いさせて頂いてる会社には、今まで見たことも聞いたことも無い経験をしている人がそれはそれは沢山います。

自動車の整備工場の工場長をやっているかたは一見普通ですが、ヘリコプターを運転できます。何がすごいかって、なぜ運転できるようになったかという点。

なんでも、若い頃に中東に遊びにいったときにリビアに寄ったときのこと。そこで、なぜこんなところに日本人がいるのか「こいつは怪しい」ということで入国すぐに逮捕されてしまったそうです。それで釈放されるならまだ良いのですが、そのまま「外人部隊」に傭兵見習いとして配属されてしまいました。ジェット機などを操縦させるとそのまま国外逃亡してしまう恐れもあるということで任されたのがヘリコプターでの周辺監視。外人部隊の中には、自分と同じ様な形で入れられてしまったものもいれば、プロの傭兵として世界を巡る人もいたようで、中には日本人もいたのだそうです。

無事国外に出してもらった時には、ヘリコプターの運転もばっちりできるようになったし、面白い経験だった。と言い放つこの人に敬礼!

この人は、他にも貿易会社勤めの時に社長と香港を訪れた際。社長にパスポートを取り上げられ、「んじゃ!ここで!日本で待っているからな!」と右も左もわからない街に置き去りにされたそうです。どうやら、仕事先の中国人とこの社長が「彼は何日で日本に帰ってこられるのか?」をBETしていたようです。どうにかこうにか日本に近づこうと移動するも、移動する先々で「お前は何人だ?なんでパスポートをもっていない?」と怪しまれ、物凄い大変だったと言います。
どうやって日本に戻ってきたんでしょう? これは謎に包まれています。

さてさて、ここからが本題。自衛隊出身の人と会話をする機会がよくあります。そこで話題となる、「戦争」。
みなさんは、例えばどこかの国と戦争になったとして、その国が日本本土に上陸してきた時の一般人と自衛隊の関係をご存知でしょうか。米国が、そして自衛隊が守ってくれるという訳ではありません。敵国が本土上陸などという有事の際は一般からも徴兵されるのだそうです。つまり徴兵された人々を統括するのが自衛隊であり、先頭にでて「撃て!」の合図で引き金を引くのは今これを読んでいる一般人である「あなた」かもしれません。というか「僕」かもしれません。日本土上陸までになったら、日本という国家自体の存続の危機なのですが。。

そんな有事など今後100%起きないとは言い切れない中、何かあった時は自衛隊が守ってくれると思っていた僕は、先日こんな話を聞いて耳を疑いました。これってみんな知っている話なのだろうか?

ところで、最近結構「熱海にいるの?」と聞かれます。僕はいま、武蔵小山駅の隣の「西小山」というすばらしい場所に住んでいますYo!

2010/10/14

ポケットの中には

ポケットの中にはビスケットが1つ、、、、この後の歌詞忘れた。

AKB48が最近気になり始めた人は多いでしょう。どうも、我々30代中盤の夕焼けニャンニャン世代には、おニャン子クラブと多分に重なり合ってしまい、ぼくの友人であり、ハードコアおニャン子クラブファンである某大手保険会社の岡崎支店で部長をしている「彼」も、豊島区で不動産業を営む「彼」もきっとぼくと同じように気になっていることでしょう。似ている訳ではないのだけど、彼女達の曲をきいて、なんとなく「じゃあね」だったり「およしになってねティーチャー」などが頭に浮かぶのは僕だけでしょうか?

先週末は娘の保育園の運動会でした。
ちょうど10月から武蔵小山のフィットネスがオープンしたので木曜日に行ってきましたが、どうやら妻には、娘の運動会に向けて父親がはりきっていると勘違いされてしまいました。
当日も、雨だから体育館で開催となり、室内履きとしてアメフトの人工芝用のスパイクを履こうかなとおもったら、こちらも妻に勘違いされて「裸足で参加しろ!」と制されました。

まったく!そんなに熱くなって娘の運動会でがんばるかってーの。と口ではいうものの、いざ父母による椅子獲りゲームならぬ輪っか入りゲームがもよおされた時には、燃えてしまいましたが。

そういえば、昨日我が家で僕のiphoneがなくなりました。なくなったのに、妻が大笑い。直前に言った僕のギャグで笑っているのかと思ったら、娘の様子がおかしいのです。なにか、モゾモゾ。
「お父さんの携帯はどこだろうね?」と妻が言うと、娘がオムツの中に手を入れるではありませんか!!!すると、中から光が!

何を思ったのか、オムツのしかも一番深い所に隠してしまった花奈マン。

とりだしたiphoneは、クサスの国からの贈り物となりオイニーがa little bit プーンでした。

2010/10/13

子供のモデル

最近めっきり雑誌を読まなくなった。

昔は、モーニングのGolden Luckyで鼻から人が飛びだして、その鼻から人がまた飛び出してという絵に大笑いしていたのだが。

昨日、ふと妻が毎月楽しんでいる「ベリー」の付録を手に取ってみた。

子供モデルさんがオシャレな洋服をきて森の中にたっていたり、椅子に座っていたり。
そこでふと気になる
「なんでモデルがハーフだったり、外国人だったりするのだろうか?」と。

日本に二重で目が青くてという子供は決して多くなく、もっぱらモンゴリアンな顔が多い中で、なぜに今更欧米風なのだろうか?
あっ!これ可愛い!と思って買った洋服も、顔が和風なので似合わないなんてこともあるのに。

外国人モデルを使うことで、イメージがアップするからなのだろうか?それとも、和風な顔だとビジュアル的に訴求できないからなのか?GHQが占領した以降、いまだ、欧米風に憧れがあるから?なのだろうか。

そんなことを考えました。もっと、和風なかわいいこっつーのを全面に出して欲しい。だって、アジアンビューティーの方が身近に感じるし、魅力的だから。

キャメロン・ディアスより、チャン・ツィーみたいな。

2010/10/08

トマテ

トマトはスペイン語でトマテ。


自由が丘にトマト専門店のお店がありまして、僕のお気に入りでもあります。六本木にもあるみたいですが、それはまた別のお話。

最近トマト高いですよね。1つ300円とか。
そのお店にいくと、1つ800円するトマトがあったり、1本5,000円のトマトジュースが売っていたりと不景気なのに驚愕の値段が目に飛び込んできます。

その中に1つお気に入りのトマトジュースをみつけました。トマテの品目名は「あいこ」。スーパーで買うと5個で500円とか、そのジュース自体もめっちゃ高い。ようは中々手が出せない。

と思っていたら、先日長野の実家から野菜が届きました。

開けてびっくり、「あいこ」が入っているではありませんか!その数ざっと40個以上。
写真はすでに10個程たべたあとに写真にとったもの。この数だったら時価4000円もしますね。長野の実家にMuchas Gracias!!!

近所の八百屋にこのことを話したところ
 「今年はトマトが本当に高くて、「あいこ」なんて中々手に入りません。今度届いたら、売ってくださいー。」ですって。面白いね。