2010/05/31

思うことをかく

ブログを書く様になって何年も経つのだけど、当時は思う事を書いていた。でも、その間にブログという仕組み自体がひろがりその意見に対して反応がでてくるようになると、今度は書く側はなんとなく読者を意識し始め、結果思った事を書いたつもりでも書けないようになる。

芸能人ブログなら炎上がこわくなってそうなるけど、たかが個人のブログでそんなことを意識していてもしょうがねえだろう。と改めて思うようになった。 いつから書きたい事を書けなくなったのか?というよりも書かなくなったのだろうか。 こんなことを思いながら今日のブログを書いている。

先日、アメリカから仕事で韓国経由で日本に滞在したTAKさんにあった。高校時代からのアメフトの先輩で、今はジェイミーさんとサンディエゴに住んで、日中ビジネスマンとして働いて、夜は自分のデザインオフィスで創作している。kotodamaya.comのロゴデザインをしてくれた人である。

アメリカに住んで永住権をとった後に結婚して日本にもどったけど、数年後もう一度アメリカへ戻って今日に至る。って紹介文で書かないといけない事がたくさんありますが、それだけで日記がおわってしまうから、とにかく面白くて、へそ曲がりで、変わった人だけど気のおけない先輩です。。すいません、Takoさん。

んでもって、滞在しているホテルの食事どころでランチ。カルカッタカレーと欧風カレーはどうちがうの?という質問に、ウェイトレスさんが「カルカッタカレーは和風風味です」と答える。

。。。。和風風味だぁーーーーーー?! と反応する2人。
それってつまり和の味的な風味みたいなカレーといっているのと同じ事だぞーと指摘するTakさん。普段英語ばかりしゃべっているし、以前レストランで働いていたから口を蛸の口みたいにして「曖昧な事をいってはいけましぇん!」と注意していた。

さてここからが本題。
背景はさておき、人間お金がすべてじゃないというのは同意するがお金がなくては暮らしていけないというのは現実問題としてある。それが現実。とはいえ夢や希望をもつとそれが肥やしになって、前に進んで行けるのだと思う。とはいえお金は大事。

1年におよび、新しいことへの取り組みと育児に専念した結果、先行投資と生活費で自分の銀行口座の残高が減ってきたとき、自分にもそういう一面があったのかと思うほど「金」「金」「金」と意識をするようになっていく。目の前の仕事にはなんだって「Yes I can」で取組む。これ至極当然のこと。時には友人が声をかけてくれる事もある。 
ここで大切にしなきゃなと思う事は、もらえる額がたとえ少なくても、だからといってやらないとかある程度の成果物を出すという選択肢を選ばず、その人の好意に感謝して、自分の精一杯、もしくはそれ以上のことをやり遂げること。だと。それが、先のビジネスにつながることもあるのだから、苦しいからと目先の事だけにとらわれては行けないという客観的に自分をみることなのだとおもう。


とまあ、これ実は5月の最終週に書いていたのだけど、バタバタの中で保存したままになってましたー。

4 件のコメント:

ohno@salad さんのコメント...

「100%の要望に対して、120%で返す」
これは、自分が常に心がけていることです。
100%は相手の要望、残りの20%が自分のエッセンス。
自分の様なフリーランスには、お金はとても大事。でもだからこそ、
「お金を得る方法、プロセス」を最も大切にしています。
「このお金は、どうやって得たものか?」みたいな。

お金は後からついてくる。一度きりの人生だから、自分に、言い訳やウソをつかず、
本当に自分の目指したい山に、お互い登りましょうね。

Kodaman さんのコメント...

てっちゃん、コメントありがとう。哲は元フェニックスだが、生き残っているあたり、ある意味不死鳥のようだから、すごいと思います。。

Takomushi さんのコメント...

紹介の仕方が。。。これではモテマセン。

お金。。。大事ね。
昼間、会社ではたらき、夜は自分の会社でしょ。
昼間で見える会社生活:「お金を大切にしないオペレーション」など夜の自営業目線でみてしまうため、完全「社長」態度になってしまう傾向があり、気をつけています(が、なおりません) それだけ真剣にお金の流れはみているかもしれませんねぇ。 
いただいた物は大事に使う、いただけるように一生懸命やるっていう「幼稚」だけど、そんな基本姿勢でやっとりますよ。

Kodaman さんのコメント...

100万の見積りが10万になっても150万の仕事をする気構え。参考になりました。ビジネス的には何言ってんだといわれても、その気持ちを大切にしたいです。日本楽しんでください。