2010/06/23

ベラコミ方法

バイラルマーケティング、つまりクチコミは、昨今映画のプロモ映像がクチコミを狙ってYoutubeにアップされたり、ブログなどでも取り上げられたりする事で驚異的なスピードで世の中に認知されていくマーケティングにおいてもとても重要なうんたらかんたら。。。。あーめんどくさ。(こんな事書きたいのではないので、省略)

僕が書きたいのは、ベラコミ(児玉の新語)というまったく新しい方法についてである。

クチコミが「口頭でのコミュニケーション」ならば、ベラコミは「ベランダコミュニケーション」である。

理想は、「ふと窓を開けると、となりのカワイイ幼なじみも窓を開けていて、夜があけるまで語り合う」大きくなっても「ビール片手に互いの恋愛について語り合う」。

くーーーーっ!昔こんなドラマをみて憧れていたぜー。

そんな理想は、高層アパートが立ち並び、お隣さんとのコミュニケーションなど激減したこのコンクリートジャングル東京では見る事も聞く事もなくなってしまったが。

話が妄想モードにはいったので元に戻そう。ここで言っている「ベラコミ」とは、多くの方がすでにわかってしまったであろう、そう「ムシコナーズ」に関してである。 CMでも「見えない網戸〜」と唄っている「ムシコナーズ」だが、これまでは口ずさむだけであった。しかし、先日、タバコを吸いにベランダにでてみると、向かいのアパートの右端の部屋のベランダにムシコナーズが!

その翌日、またベランダにでてみると、我が家のお隣さんのベランダに「ムシコナーズ」が!

あっ!向かいの1階にも。 

ん?まてよ!あそこのマンションの3階のベランダにも「ムシコナーズ」らしきものが。

ふと、自分のベランダに目をもどすと、田舎から送られてきた野菜の保管段ボールの上を、ショウバエがまっているではあーりませんか。そして、花奈は寝ている間によりによって足の裏に3カ所も蚊に刺される。一番かゆくて手が届かない場所として有名である。

これこそが、物言わぬベランダコミュニケーションである。他がブロックする事で、蚊やハエの攻撃が、ムシコナーズの無いところに集まってくるような感覚を覚えるのである。そして、ちょっと羨ましい。

ということで、早速翌日ムシコナーズを買いました。オレンジ色の網が一枚ペラッと入っているだけのプラスチックケースなのに、なんということでしょう。翌日にはショウバエがいない。

ベラコミの効果が、どんなクチコミよりも胸につきささった瞬間でした。

2010/06/20

座薬!それは素晴らしい薬!

保育園では毎日家でおこったこと、気になる点、夕食や体温などを日記に書き込み、保母さんが園での様子や気になる点に対して「こうするのはどうかしら?」「今は焦らないで成長を見守って」など色々なアドバイスをくれます。これがすごく参考になります。

さて、花奈ですが、木曜日夜には再び39.5度となってしまいました。ということで、この日面倒をみている妻に「解熱剤を投入せよ!」という指示を電話でだします。家に帰って熱を測ると、投入後1時間以上経っているのに39度。。。。入れたあと排便をしてしまったからか? 

アメフト経験者はほとんどが座薬のスペシャリストです。ボルタレン(痛み止め)の座薬なら「お前いくつ入れた?」「俺は今回50mg」とか量で会話も可能です。僕の場合、腎臓結石から派生した腎盂炎で、病院内で気を失って倒れたときも、ナースの手からボルタレンを奪い無意識で自らのケツに座薬を投入した経験もあります。(自慢になりませんけど)

というわけで、話を元にもどしましょう。幼児に座薬を入れた場合、それが刺激となってすぐに排便をするケースが結構あります。すぐに二個目を入れたいところですが、この場合、1時間は様子をみて効果がでてきているかどうかを観察してください。解熱剤なら30分で効果がでます。ロケット投入後すぐだとほとんど効果ありませんが、10分も体内に入ってくれれば十分効果はあります。

・・・・と考えると、花奈がいま39度越えでさらに熱が高くなっているのは何故だ?そろそろ2時間が過ぎるから、解熱剤を再投入を検討するか? と冷蔵庫を開けると、、、、解熱剤の在庫数が減っていない。その隣には、吐き気止めの座薬。 

「!!!」

はっ、吐き気止めのストックが減っている・・・・

そう、妻は、解熱剤と間違えて吐き気止めの座薬をいれていたのでした。「そりゃー熱下がらないって!」
そんな出来事もありましたが、娘は気管支炎になってしまっても土曜日には平熱。日曜日の今は、後で爆睡しています。会話が出来る様になったので、随分と楽になりましたが、今回3日も看病に専念したので、仕事への影響はかなり出てしまっています。家族の健康第一ですからしょうがないです。

写真は先々週の花奈。メニューがおいてある小さな椅子に座ってしまいました。

2010/06/16

夏前なのに

夏前なのに、娘が月曜日夕方から発熱。

保育園の2歳児クラスで熱発がでたことをきっかけに、一気に蔓延したんだそうだ。そう、ここ保育園はトレンドを先取りし一気に広めてしまう、まさにファッション業界でいう渋谷109みたいな場所。

ということで、先週の札幌出張の興味深い事や書きたいことがあるけれど、新規事業立ち上げのサポートで週2日ほど常駐している会社への出社も木曜日と金曜日に押し込んで、火曜と水曜で僕が面倒をみて復活させようと試みました。

経過としては、月曜の夕方37.5度だったのに、夜に39.6度に。久々に座薬を投入!
火曜に病院にいき、「夏風邪」だから2日くらいでなおるということでこの日で決着をつけるべく回復に全力を注ぎ、睡眠睡眠睡眠を強化。
水曜 熱下がらず。。。トホホ
大事なlunch on Meetingがあったけど、それもやむなくキャンセルすることになりました。

現在水曜日の夜。明日はさすがに僕が無理なので、妻が面倒を見る予定ですが、金曜日はお互い無理だということで、明日の容態次第で週末帰る予定にしていた熱海に強制送還しないといけなくなりました。

花奈が何とか明日の午前中でサクッと熱が下がってくれればいいのだけど。

この時期のケアは本当に大変。冷房はダメだけど、外気だけだと暑過ぎる。一応ドライを30度に設定して暑くない程度を維持していますが、いいたい事の言えない38度の娘には何がいいのか。

今日は塩と醤油でちょっと味付けした長ネギのスープを気に入り、約1本分もシャキシャキ食べていましたが。

2010/06/07

No more おっぱい

先週金曜日は、この下の日記にもあるように断乳決行日でした。

いろいろな意見がこの卒乳・断乳にはあるでしょうが、一生お母さんのオッペイを飲んで生きていく訳ではないので、皆いつかは通る道。これを読んでいるお母さん達も通ってきた娘・息子がワンステップを踏むための登竜門なのです。

この日のために、6月1日からカレンダーに×をつけはじめ、6月5日に◯を書き込んでおいて、「この日になったらおっぱいとはお別れだよ」と毎朝3人で会話をしていました。
当日のオペレーションは色々なお母さんの試みを参考にした結果、
・朝オッペイを飲ませて、カレンダーをみせて今日が「No おっぱい Day」だとちゃんと説明
・保育園から帰ってからは「No more おっぱい」
・夜は、お母さんと眠らずに、父親がすべて面倒をみる
・泣き叫んだら「牛乳」をチューチューで投入(哺乳瓶は絶対に使わない)
というルールで望みました。

保育園に迎えにいくと保育士さんから「ハナちゃんはおっぱいの絵を見せても「ナイナイ」」と言っているし、今日がその日だとわかっていると思いますよと言われる。

母親が帰ってきてくると、いつものようにオッパイをまさぐり吸おうとする花奈。始まった。
僕が抱くと泣きじゃくり、暴れる。妻を居間に移動させ、寝室で奮闘する花奈と僕。いままではっきりと言わなかったのに、この日に限って「おっぱい!おっぱい!」と這いずりながら隣の部屋へ行こうとする花奈。行かせないようにしているけど、本当は行かせてあげたい。生まれてから1年半の間ずっと、彼女の精神安定剤だったのだから。

これが今日1日続くのか。(頑張らないと)

「花奈!今日からはNo オッパイだから」「お母さんのオッパイはナイナイなんだよ」と言い続ける僕の目をしっかりとみながら、涙目で「イヤイヤ」と首を横に振る花奈。オッパイはナイナイという言葉には理解しているからこそ声を高くして泣く。

「ここにいるから甘えたいのだとするのなら、娘が眠るまで妻が外出してはどうか」と相談しようと扉を開けると、娘が物凄いスピードで妻のもとへ。抱っこをせがみ、妻の腕の中で、どうにか状況を理解しようと唇を手で押さえて「ムー!ムー!」といいながら泣いています。
「もう飲めないんだ!オッパイは今朝でおわりなんだよ!」と自らに言い聞かせているよう。

こちらも「お前なら、この辛い状況を乗り越えられる」と信じて、乳離れは必要な事なのだと僕も妻も気持ちが揺らがない様にするのが精一杯です。ここであげてしまったら、次断乳する時はもっとひどくなる。オッパイはあげられなくても、この胸で寝かせてあげたいと抱っこをする妻。

・・・・泣きつかれたのか眠そうになってきました。

「そうだ!そのまま眠ってしまいなさい。」と妻と僕がみつめていると。。。。。

パチ!と目を開いた花奈が、笑顔を見せました。

「?」 

まるで台風一過のようなひととき。するとどうでしょう、降ろしても母親のオッパイを欲しがらないではありませんか!今度は2人の心配をよそに1人で遊び始めました。その後もずっとニコニコ。その夜は、少し起きて妻の胸に近づくものの自ら「ナイナイ」といって、吸わずに寝ようとしていました。

物凄い覚悟をして望んだ断乳。実際にオッパイを欲しがってから、離れるまでの時間45分。

長く感じたその短時間で、彼女は一所懸命に両親に心配をかけまいと努力してくれました。感動。

追記)
卒乳した以降、僕に対してだけ凶暴になりビンタをしてきます。昨日は、木琴のバチを僕のお尻に突き刺そうとしてきました。。。。ちょっと怖いです。誰に似たんだろう。

2010/06/04

ただいま断乳中

今日、花奈とおかあさんのおっぱいがお別れをします。
娘が帰ってから、家族3人で現在断乳を実施中です。娘なく、妻なく、我慢している2人をみて僕もウルウル。Twitterのような書いてもすぐ下の方にいってしまうような、軽いものえはないから、ログに残すことにしました。

皆が越えなくてはいけない壁だから、3人で今夜から日曜日にかけて頑張ります!

後で花奈は泣き叫びながらも、一生懸命理解しようと口を抑えています。。。。がんばれ。