2010/04/14

ラスベガスと西小山の交差点

一週間の体力回復から1週間。娘は元気になり、それにともない僕も元気であります。先週の土曜日は、ポニーがいるという学芸大学の碑文谷公園に足を運び、桜の下でMarueiの「たまごパン」を食べるという幸せな1日を過ごしました。
久々に、娘のショット。現在1年3ヶ月になりました。


その翌日の日曜日。妻から部屋を綺麗にしたい、余計な物を整理したいという珍しく強い要望がありました。でも、花奈が整理するそばから荒らすし、僕はやかましいからいない方がマシという雰囲気が。そこで、娘と2人数時間ばかりどこかにいくことにしました。いろいろ考えた結果、久々にニコタマにいくことにして、娘とおでかけー。 

普通なら、父親と2人でおでかけなんてあまりないことだし思いっきり楽しもうなんて感じでしょうが、長期間の体調不良の間の看病から病院の通院にいたるまで、結構2人で行動する事も多かったので、普段とあまり変わらない。しかし、娘が元気というその一点だけが大きく違っていました。

さてここで久々の「ご縁」についての話題にうつります。
人とバッタリあう事で「縁」を感じますよね。でもそれが、あり得ないバッタリさだと「縁」というものが、「不思議な巡り合わせ」をも演出するのかと驚きます。
ニコタマの駅をおりて、高島屋へ。動物の置物をみにおもちゃコーナーへいきました。キッズコーナーだから、洋服ショップがならびます。なんか太い通路は子供達でいっぱいなので、ショップとショップの間を歩いていました。すると、、、

「あれっ?」

っと、すれ違った人に見覚えが。すると向こうも振り返って「あれ?」という感じ。驚いた事に、その人は、IBM Bigblueのチアだった方で、彼女の結婚式の司会を僕が英語でやらせてもらったMs.Tomomiその人だったのであります。mixiで日本に一時帰国しているのは知っていたけど、子供も生まれたし、まさかに近況報告のためにあえる訳もないとあきらめていたのに、このような場所で、しかも、1秒ちがったらお互い気がつかないという状況の中で、会えるとは!10ヶ月になる息子のけんりゅうくんとお母様も一緒でした。
ラスベガスと西小山の人間交差点は、二子多摩川の高島屋本館5階おもちゃコーナーの1画でありました。あまりのうれしさに、お母様に写真をとってもらいました。
旦那さんも知っているから、会いたかったけど先にLVに帰ってしまったようで残念であります。10ヶ月で現在10kgあるとか。写真でわかるようにりゅうちゃんも可愛いし、Tomomiも綺麗でしょう、が、なんといっても一番はtomomiのお母様。美しかった。。LVに遊びに行けるのはいつでしょうか?Jackpot狙いになるべく早くいきたいものです。

Tomomiファミリーと分かれた後は、地下街で牛乳とおこわを購入して屋上エリアでランチ。いやーいい天気。食事後の花奈は、トランス状態で遊んでいました。高島屋の上のガーデンはかなりいいですね。
写真はアメンボを見る花奈。

しばらくして、妻がニコタマ到着!どうやら片付けをしていたのだが、途中に電話した際の2人があまりにも楽しそうだったので、片付けも適当な所で終えてきてしまったのだとか。(2人が出た意味無いでしょ!)
 3人で、再びガーデンで遊び疲れてこの日は終了!





0 件のコメント: