2010/04/26

花奈の修行の成果

先週木曜日までの祖母がアタミから駆けつけてくれたので、花奈も安心して我が家で静養。かとおもったら、朝から晩まで祖母とあーでないのこーでないのと盛り上がっていたようで、子供は不思議と楽しい事があると熱も下がるという経験が皆さんにあるように、花奈も水曜日には平熱にもどりました。とはいえ、これで翌日から保育園にあずけると、もれなく新しい風邪をもらってくること間違い無しな訳です。

だから祖母との修行。

祖母つまり僕の母がどのような人かと言いますと、こわい人に囲まれて育ち、男2人を育て、体育会系のやろう共が「児玉のお母さん」と呼ばずに「マミーさん」と呼ぶ、怒るときはかならず木刀でケツたたき10回、最後にありがとうございました!と言わないと決して許してくれない。正座は数時間しかも引き戸の段差に足の甲を乗せての地獄が「正座の基本」という「とっても笑顔が素敵な母親」なのであります。(家族に読まれた時を考えてフォローしておかないと)

よって、時に仲良しの花奈とマミーさんですが、躾という観点では滅茶滅茶厳しい。おそらく、祖母がいるときは10倍くらい花奈は叱られているのではないだろうか。その分、数日間での成長が著しいのであります。マナーと運動能力という観点で特に凄い。

この修行で花奈は、相撲の四股を踏む様になり、マトリックスの様にのけぞってバランスを保ち「ホゲー!」と言い、ネンネといいながら自ら布団に入って行くようになりました。すばらしい!

「年寄りっ子は三文安」といいます。以前もこれを調べたけど、どうも納得がいきません。祖父母と長い事接することで、大人になってからも目上の人との接し方などで昔から培ってきたマナーなど得る物がたくさんあるにも関わらず、三文安とはどういうことなのか。

いつか、花奈一人でリュックサック背負って、熱海や長野に「おじいちゃん、おばあちゃんに合いにいってきまーす」という日が来たら楽しいですね。

でも、第一生命の結婚式のCMでは15秒で涙する僕なのであります。

2010/04/21

花奈の修行!

鼻水でたての土曜日午前中になんとなく嫌な予感がして耳鼻科に。抗生物質を飲む程の悪い状況でないですよ、よかったねー!と言われた数時間後に、39°オーバーの熱をだす始末。ついでに咳も。いま、保育園では中耳炎の子がたくさんいて、それこそバタバタと倒れていますが、中耳炎になりかけだったようで早い段階で気がついてよかった。

火曜日はどうしても客先にいかねばならぬゆえ、以前お世話になった病児保育施設に預けようと月曜日に主治医のもとへ。あずけるといってもそれまでのアドミは結構大変なんです。

保育園で用紙Aをもらい>>主治医がAに記入>>病児保育のある病院にAをもっていき事前診察>>OKが出れば>>翌日朝8:45から預けられる

という、あずけるまでにも1日がかりという感じで、定員は4名。
翌日のことなので、午後その用紙をもって病院へ。とはいえ、予約しなければなりません。ウェブ予約でもらった番号は39番。4時から6:30の診療時間で39番目ですよ!んでもって、5:30頃に順番の様子がわからないからと自転車でかけつけたら、乳児診断が長引き現在6番目!!!!!

結局、帰宅した妻が7:00過ぎにいったところ、翌日の1日4名の枠が38番でうまってしまったという悲しいお知らせ。。。夜7:30にのっぴきならない状況に!

と、熱海の祖母へ今日の診察結果をしらせるべく電話をすると、二つ返事で「あらそう。んじゃいくよ。」。まるでTVで早送りの画面をみているかの様に9:30過ぎには我が家に到着しました。忘れられないのは、抱っこされながらもうあと1分で眠るという雰囲気の花奈が扉をあけた祖母をみたその瞬間! 目をパチ!っと開けて、指をさして、笑顔で「あーーーー!!!(なんでここにグランマが?!)」。最高の反応でした。

毎回毎回、祖母との時間の中で、一気に進化をとげてきた花奈。今回この修行で、何を得るのか楽しみであります。

2010/04/14

ラスベガスと西小山の交差点

一週間の体力回復から1週間。娘は元気になり、それにともない僕も元気であります。先週の土曜日は、ポニーがいるという学芸大学の碑文谷公園に足を運び、桜の下でMarueiの「たまごパン」を食べるという幸せな1日を過ごしました。
久々に、娘のショット。現在1年3ヶ月になりました。


その翌日の日曜日。妻から部屋を綺麗にしたい、余計な物を整理したいという珍しく強い要望がありました。でも、花奈が整理するそばから荒らすし、僕はやかましいからいない方がマシという雰囲気が。そこで、娘と2人数時間ばかりどこかにいくことにしました。いろいろ考えた結果、久々にニコタマにいくことにして、娘とおでかけー。 

普通なら、父親と2人でおでかけなんてあまりないことだし思いっきり楽しもうなんて感じでしょうが、長期間の体調不良の間の看病から病院の通院にいたるまで、結構2人で行動する事も多かったので、普段とあまり変わらない。しかし、娘が元気というその一点だけが大きく違っていました。

さてここで久々の「ご縁」についての話題にうつります。
人とバッタリあう事で「縁」を感じますよね。でもそれが、あり得ないバッタリさだと「縁」というものが、「不思議な巡り合わせ」をも演出するのかと驚きます。
ニコタマの駅をおりて、高島屋へ。動物の置物をみにおもちゃコーナーへいきました。キッズコーナーだから、洋服ショップがならびます。なんか太い通路は子供達でいっぱいなので、ショップとショップの間を歩いていました。すると、、、

「あれっ?」

っと、すれ違った人に見覚えが。すると向こうも振り返って「あれ?」という感じ。驚いた事に、その人は、IBM Bigblueのチアだった方で、彼女の結婚式の司会を僕が英語でやらせてもらったMs.Tomomiその人だったのであります。mixiで日本に一時帰国しているのは知っていたけど、子供も生まれたし、まさかに近況報告のためにあえる訳もないとあきらめていたのに、このような場所で、しかも、1秒ちがったらお互い気がつかないという状況の中で、会えるとは!10ヶ月になる息子のけんりゅうくんとお母様も一緒でした。
ラスベガスと西小山の人間交差点は、二子多摩川の高島屋本館5階おもちゃコーナーの1画でありました。あまりのうれしさに、お母様に写真をとってもらいました。
旦那さんも知っているから、会いたかったけど先にLVに帰ってしまったようで残念であります。10ヶ月で現在10kgあるとか。写真でわかるようにりゅうちゃんも可愛いし、Tomomiも綺麗でしょう、が、なんといっても一番はtomomiのお母様。美しかった。。LVに遊びに行けるのはいつでしょうか?Jackpot狙いになるべく早くいきたいものです。

Tomomiファミリーと分かれた後は、地下街で牛乳とおこわを購入して屋上エリアでランチ。いやーいい天気。食事後の花奈は、トランス状態で遊んでいました。高島屋の上のガーデンはかなりいいですね。
写真はアメンボを見る花奈。

しばらくして、妻がニコタマ到着!どうやら片付けをしていたのだが、途中に電話した際の2人があまりにも楽しそうだったので、片付けも適当な所で終えてきてしまったのだとか。(2人が出た意味無いでしょ!)
 3人で、再びガーデンで遊び疲れてこの日は終了!





2010/04/09

僕の席の後にいたあいつ

本日朝日ドットコムをみていると気になる記事が。

トップニュースに「池袋・立教大生殺害、有力情報に最高300万」という記事がありました。1996年に駅地下で突き倒された学生はその後亡くなりましたが、未だにその相手が誰なのか、どういういきさつでそうなったのかが判明しておりません。この亡くなった学生は、僕の同級生です。同じクラスで、出席番号が14番の僕の次が15番の小林悟君だったのです。野球部で、ちょっと生意気だけどでもよく笑う良いやつでした。

大学4年の時、このニュースをしり愕然としました。それが、いまなお分かっていないとは。

このニュースの関連記事を読めば、傷害致死扱いだったこの事件を殺人罪を適用させて時効を2011年まで伸ばすというご家族のこれまでの活動がわかります。時効まであと1年とのこと。

こんな個人のブログでできることなぞ小さい小さいことだけど、悲しいのはこの事件が忘れ去られてしまうことだと思うので、記事を抜粋し、自分にもそしてこれを読んでいる友人にも「彼を忘れない」ということをしたいと思います。。

《JR池袋駅・立教大生殺害事件》 1996年4月11日午後11時半ごろ、JR池袋駅の山手線ホームで、立教大4年の小林悟さん(当時21)が男と口論になり、突き倒された。小林さんは頭を強打し、5日後に死亡した。男は20〜30代の会社員風で身長170〜180センチ。がっちりした体格で右の目尻に丸い傷が三つあるのが特徴だ。事件直後、山手線に乗って逃げ、日暮里駅で常磐線下り電車に乗り換えたとの情報もある。情報は池袋署(03・3986・0110)へ。

2010/04/07

ダーリンは変態

 今日はとりとめも無い話なんですけどね。

ダーリンは外国人という映画が間もなく公開されるとのことで、TVでもプロモがかなりされておりますが、あれは漫画家さんとフォリナーさんの実生活が生んだ作品だとの話題に我が家でなった際、妻はだったら「ダーリンは変態」でノンフィクションで書くぞと言っております。

確かに変態かもしれない。しかーし、某友人の井原秀和丸奴S天宮有香Y娘xyzと以前に「変態」というものについての談義した際に、変態の方が人間らしいのだ!という天才バカボン的意見でまとまっているので、逆に嬉しくもあります。

そう、バカボンのパパなのだ!の精神です。 あれくらい面白い方がいいと思うのです。

しかし「ダーリンは変態」の数十年後に、実の娘による「パパは変態」というタイトルへと物語が続くといわれるとちょっと生き方を考えないととか揺らいでしまうほどグラグラですけど。

今日は、皆さんに今後に役立つお話を一つだけ。
そういえば、ふと思い出しましたが皆さんは「おならが臭くなくなる」という漢方薬があったのを知っていますか? キャッチコピーは ・・・

屁が臭いあなたへ「もうくさくない!」的なやつ。

このキャッチコピーに釣られて、物凄い臭い屁に悩んでいた26歳の児玉務は、その漢方薬をネットで注文して試してみました。当時は、「俺、屁がくさいくさい病気かも」と思ったくらいですから。

1回7粒か8粒が1包で、60回分とかいう大量な買い物だった気がします。すると、お腹が痛い。ずーっと痛い。これがクサクサ君からの脱出のための第一歩なのだと思って、1週間のみつづけましたが、ただただ腹痛がすごく、まさにピューリッツァーいやさドビュッシーな感じが続くだけ。(表現がアートだね)

これきっと、おそらく、いや間違いなく、単なる「下剤」だったのではなかろうか。なぜって、屁がくさくなくなるどころか、屁も出ない。いや出せない状態がつづくだけなんだから。ちょっと休んで、又飲み始めたら、またまた1日中大変になるだけのこと。

だまされたかな。。。

まー今日はそんな事を書いてみたい、4月7日の深夜0:15でした。ネットの深刻な悩みに対するすぐ効くとかすぐ儲かるとかの話には気をつけよう! Good night!

2010/04/05

サラダアニバな日

この味がいいねと君がいったからと始まる俵さんの歌集が有名ですが、意識的に食べようと思わない限り自分の食事のメニューの中に登場してこない「野菜」が今日のテーマです。

小学生の頃、水泳の帰りに父親がかってくれた、”なんだかめちゃくちゃ美味い「和風」ドレッシング"のおかげで、随分と野菜の種類が食べられる様になりました。その空白の数年の後、社会人になって「焼き肉」に自腹でいくようになってから、「叙々苑 」のワカメサラダの美味さに感激してそのドレッシングを買って自宅で食べる様になったのが、1990年代後半。アメリカでは、ほうれん草のサラダを頼んで、超大盛りで「これ食べたら一発で尿管結石だ」と思いつつも、Ranchドレッシングという魔法のドレッシングに感動した覚えがあります。

ようは、僕の場合「野菜が食べたい」ではなく俵先生の歌の様に「味(ドレッシング)がいいから食べる」という傾向が強いようです。そんな僕が(妻も同様に)気になったのがちょっと前のキューピーのCM。

オニオニオニオン なにぬねニンニク ガギグゲごーま ラララサラダ ラーダという楽しげな奴。CMを知っていても、店頭にいくと名前が分からないから買えないということもしばしば。しかし、昨日ようやく商品名を覚えてゲットしました。

それが、キューピー「すりおろしオニオンドレッシング」(歌そのままでしたね)
こいつのおかげで、数年振りに「サラダ」が食べたくなりました。人にすすめるという事はあまりしませんが、この味に共感できたらそりゃうれしい限り。>>これね!!

さて、ナニヌネにんにくで盛り上がってしまいましたが、ここからが本題。娘の風邪っぴきが、「治る>予防接種>風邪をひく>治る>保育園>風邪をひく」を繰り返し、我が家の予定に大きく影響を及ぼし始めた中、今回は1週間がっつり体力回復のために自宅静養をさせたいという思いもあり、今度は妻の実家から義母が上京し、先週1週間サポートしてくださいました。おかげで、娘も絶好調となりました。そこで、いくつかの桜のスポットを写真に収めるべくいってきました。今日は雨だから、あとは散るソメイヨシノと八重桜の季節を楽しむ時期になりますが、先週半ばはどこも7分咲きのちょっと物足りない、でも春がそこにきているという期待感たっぷりでした。

溜池の「アークヒルズ」や目黒川(池尻大橋側が穴場です)そして、沼部の桜坂といポイントに足を運びましたが、福山雅治の桜坂の舞台となった多摩川園(田園調布の隣)から電車で1駅の沼部にある「桜坂」が結構いい場所だと初めて知りました。ちょうど園児のお散歩と重なり、生憎の曇り空という陽気でも、ほのぼのとした素敵な時間となりました。
毎年写真をとって、パソコンには似たような桜の写真がたまっていくのだけど、毎年毎年にストーリーがあるんですなー。 僕は八重桜もかなり好きなので、これからの時期が楽しみです。浜離宮でもいってみるかな。