2010/03/23

365日分の1日

桜もぼつぼつと咲き始めた弥生の月のなかば、小田原宿にほどちかい温泉街である熱海の街の片隅に児玉家親子の姿がみてとれた。。。。(池波正太郎著 剣客商売風に)

この3連休を利用して実家の熱海に行ってきました。土曜日のお昼にいきましたが、「さびれた温泉街ー熱海」のイメージは毎春ごとに良くなっているような気配で、たくさんの人で駅前はにぎわっていましたよ。といっても梅の時期はとうに過ぎ、熱海桜は早くも散っております故、暖かい気候に地場の新鮮な魚と温泉で間もなくやってくる春を先取りしようってな感じでしょうか。

今回僕達家族にとっては、初挑戦がありました。

それは、「妻のいない夜」。

国際秘書検定の勉強を始めた妻が土曜日講習を受けにいったこともあり、熱海には僕と花奈の2人でいきました。体調不良の時は、さんざん病院だの散歩だの買い物だのを2人でやっているので、数時間の移動などは妻のオッペイが無くても超余裕です。この余裕を更に成長させるべく、妻は勉強後熱海に移動することなしで、1夜だけの完全オフを実現させようという試みをしました。これは、おそらく夜泣きとオッペイとオムティー交換が続く日々からの「365日分の1日」という素晴らしい挑戦だったと思います。

・・・妻側からだとそういう感じ。

んでもって、僕と花奈にとっては「初めての2人だけの夜」。花奈の祖母もサポートしてくれるといってくれますが、コチラとしてはなるべく迷惑をかけたくないという思いと娘と2人でどこまでやれるか?というチャレンジ精神も加速させました。

夜9時半。温泉を楽しんだ娘を寝かせます。これは余裕。

夜中1時半。娘の激しい夜泣きで戦いの火蓋が切って落とされました。サイレンの様に低音から高音になる鳴き声。祖母もサポートしてくれましたが、ここから完全覚醒をした花奈は、家の中を走り回り、かっぱえびせんをそこら中にまき散らし、鼻水を「いなかっぺ大将!」ばりに両鼻穴からだしながら、投げキッスをしまくります。


2時 そんなにオッパイが欲しいのなら「ほら!」と花奈の祖母が自分のを吸わせようと挑戦。花奈もまんざらではなさそうでしたが、吸ってすぐ「なにこれ?!」といわんばかりに「ぺッ!」と吐き出しました。(笑)

2時半。オムツを替えて、ミルクを投入。眠そうにしながらも「母親はまだなのか?」と言わんばかりに僕をみて、布団の付近で暴れます。この時すでに、居間に布団を移して祖母には寝てもらって、娘と2人で格闘。

夜中3時。 ちょっと弱ってきた花奈が甘えてきました。いいねー。この調子。この調子。

3時半。随分静かになったなと思って細目で様子をみたら。。。。娘がぱっちり眼で、僕との距離5cmでこちらをガン見していました。ここで目を開けたらヤバい!寝たフリをすること数10分。気がつけば、朝6時過ぎに泣き出すまでしっかりと寝てくれました。

こうして長い夜を乗り越えた2人。こちらは相当に寝不足ですが、これこそ妻の365日なのだと思うと、「お母さんって本当に大変だな」と思うばかり。精神安定剤であるオッペイがない1日は花奈にとっても未体験ゾーンだったのでしょう。翌日、午後に妻がくるまで2人ともフニャフニャしておりました。

でも、こうやって色々なシチュエーションを体験することで、家族が成長していくのだなと思います。そのうち、一緒に寝たくても「えーお父さんとー?」とか言われてしまうので、今のうちだけの楽しみであります。

0 件のコメント: