2009/11/27

児玉家復活

父親初心者の僕にとっては、びっくりした10日間でしたが、ようやく娘の突発性発疹がおさまり、平熱にもどってきたのでホッと一安心。

この突発性発疹。3日ハシカ(はしか)と同じという見方が一部でされているようだが、高熱と同時にでるのが「3日はしか」で 高熱がおさまったあとにでるのが突発性発疹なんだそうで、ヒトヘルペスウィルス6型が原因のため、英語で「Sixth Disease」と訳される。(Twitterでつぶやくのに調べた)。すでに子供がいる家庭にとっては、大して驚く病気ではないのだが、突然のOver39度は焦る。

さて、僕達がいくはずだった出雲大社にて本日「神在祭」が行われている。日本では、10月を神無月というが、これは全国の神様が出雲にあつまるから神様がいなくなるために神無月と呼ばれ、出雲は神様がたくさんいるので「神在月」という。こんなことは、みなさん知っていることだろうと思う。しかし、実際の神在月は今のことであり、今年は師走もちかい霜月11月27日である(昨年は11月前半
だった)。ただ、上記考え自体は旧暦での話なので、現在の暦とは若干ずれがあるのだ。来年以降いかれる方は、お間違いない様に。

26日の前日に、海辺で神を迎える「神迎祭」をおこない、本日の「神在祭」となるのだが、改めて考えてみると今年いかなくてよかったとおもう。体調不良の3人が、神迎祭のために夜7時から日本海の海辺で長時間いること自体が非現実的である。おそらく、行っていたら本日は超体調不良で旅館でねていることだろう。

出雲に関してはお正月も物凄い興味深い。なまはげっぽいお面の「番内」さんが街のあちこちにいるという。伝統行事や神事は、毎年もしくは決まった年に必ず行われる。それが伝統だから。今年はいけなくても、娘が大きくなった時にでも皆でいけばよいか。

御陰様で、僕も体調がよくなり「2010年 児玉一家Perfect Year」に向けて、家族皆が回復基調。来年は凄いことになる。(はずだ。いや 必ずそうなる。)

3 件のコメント:

Ayano さんのコメント...

ひょんな事から ロンドンの友人が 児玉君のサイトを見つけて 報告くれました!
ホメオパシー的にいうと
赤ちゃんは 高熱をたくさん出して いっぱい鼻水だして 湿疹出して 体の中の毒を出して 自己治癒力を高めていってます。
高熱が出たときはベラドンナっていうレメディをあげると 大抵 熱が下がり始めるよー。赤ちゃんは 素直にレメディに反応します。
親になるって 学びが深いよねー。
日本に帰ったら 花奈ちゃんにレメディを
プレゼントするねー。
あやの

Kodaman さんのコメント...

あやのさんコメント有難う。ロンドンの友人がみつけるっていうのも面白いね。Ayanoでひっかかったんだろうか?今娘は一生懸命に鼻水だしてます。くしゃみをすると、「いなかっぺ大将」みたいに、アオッ鼻を出します。ロンドンはどうだい?

Ayano さんのコメント...

Ayano で 引っかかったみたいねー。
今は ロンドンのクリニックで ナチュロパスとして 患者さんの治療にあったっていますよー。患者さんが 治っていく時に放つ 生命力のオーラって美しいよねー。
児玉君の パパッぷり 最高!
年末に帰国時に 是非是非 児玉君の プリンセスに お会いしたいものです。