2009/09/28

Hana! Stood.

娘の花奈がつたい歩きをしはじめてから数週間。今日つかまり立ちをしてから、数秒の間支えが何も無いところで立っていた。本人も大喜びであるが、オヤジである僕はもっと喜んでいる。ただ腰を支える筋肉もまだ未成熟だからもうしばらくハイハイでトレーニングを積んでもらいたい。

本日日曜日は、先月25日友人のMr.&Mrs. Satoに念願の第一子が生まれたので、そのお披露目会にいってきた。他の友人も9歳と1歳半の娘・息子もきたりと家の中はさながら保育園。花奈はというと、1歳半の大和(やまと)くんのそばにいて、じっと動きを観察しているようにも見えた。

子どもは、年齢も性別も関係なくあって数秒で友達になる。そこに言葉はいらない。大人からしてみると、それは変な算段がなく純粋だからと思うかもしれないけど、正直ほんの少しふれあっただけで仲良くなるという行動が「凄いな!」と思う。そして、相手をしっかりみてその動きをまねたり。つまり良い所をどんどん吸収するってことなのかな。政治家のおっさんから学ぶことよりも、子ども達から学ぶことの方がずいぶんと多いなと思う今日この頃である。

初披露の時央(トキオ)くんは、生後一ヶ月。東京はスペイン語でTokioだから、この子もスペイン語圏にいけば、TokioからきたTokioです!となる。とにかくめちゃくちゃ可愛い、それこそ食べちゃいたい位。オムツ交換(特に大きいほう)も女の子に比べて楽そうだ。ミルクをチュパチュパ飲むところなんて、花奈もつい最近までそうだったにもかかわらず、なんだかずいぶん昔に我が家でみた光景にみえて不思議な気持ちになった。

さて、時はさかのぼりシルバーウィーク。3年目となるスーパー陸上関連の仕事で等々力陸上競技場へ行って来た。毎年、アサファ、タイソン・ゲイ、ボルトの記者会見などで通訳を介さない生の彼らのコメントを記事にするというのが仕事で同席させてもらうのだけど、今回は9月20日に9秒69というタイムを出したタイソン・ゲイ選手の某TV局の単独インタビューに同席させてもらい、内容を聞かせてもらうことができた。ボルト選手が派手なパフォーマンスだけに、ゲイ選手の寡黙さがさらに引き立つのだけどコメントだけでなく、あらゆる場面において素晴らしい対応をみせる彼を僕は心から尊敬している。怪我していながら9秒69だから、来年こそリベンジだ!すばらしい経験をさせてもらったことに多謝!

それでは、kotodamaya.comの美術館の情報集めガンバロっと!庭園を情報収集したときにも発見がたくさんあったけど、日本には素敵な美術館がたくさんあって、特に長野県には魅力的な美術館があちこちにあることに気がついた。今度長野行った時に時間をつくって取材に行ってみよう。

0 件のコメント: