2009/07/14

B.フレーベ・ヤクルト株

ヤクルトはすごいと思う。だって、町中で売っていなくて、実際手にすると美味しいという商品が沢山あるから。いったいどれくらい売れているのか?300億円位かなとサイトでIR情報をみてみたら。。。。。。。。

2900億円!

これは、関連会社や医薬品なども含めた売上げなので細かい所までわからないけど、世界各国で売っている事にびっくりした。以前住んでいたサンフランシスコでもSafewayなどのスーパーで売っているのである。

我が家のインターホンが鳴る。「ピンポーン♫」

出てみたら「ヤクルトですが、本日はこの地域の方々に飲んで頂きたくサンプルを、、、」とのこと。宗教とか新聞なら「僕は浄土宗ですから!」「新聞は読んでます!」と断る所なのだが、二つ返事で「どうぞー!」。そして、ビフィーネSとヤクルトをもらった。

「ついでに、後でミルミルを買いたいのですが。」

そう僕はミルミルが大好物であった。以前職場にヤクルトのおばちゃんが来るときは、必ずミルミルとソフールを買っていたし、かつてパチンコをやっていた時は勝った際のあまり玉で必ずジョアを数本交換していた。ミルミルは、成長を遂げBifine-Mという名前になっていた。1週間飲むということで、7本入りが665円である。

火曜日の今日。インターホンが鳴り出てみたら「ヤクルトですが、本日はこの地域の方々に飲んで頂きたくサンプルを、、、」とのこと。またもサンプルをもらってしまい、ついでにBifine-Mを購入してしまった。

普通の事かもしれない対面販売。お客様先に出向いて商品を購入してもらうという事だけど、かつての牛乳配達のように色々な商品を家まで届けてくれるこのヤクルトの変わらぬ販売方法に、感激してしまった。

ミルミル嫌いな人もいるでしょうけど、ミルミル好きな人も多いはず。町中でこの暑い中、後にヤクルトを積んでいる自転車に出会ったら、是非久々に飲んでみてください。感動するよ。

タイトルのB.フレーベ・ヤクルト株は株式ではなくて、Bifine-Mにはいっているビフィズス菌。

0 件のコメント: