2009/07/28

やっちまったなー!

自宅で仕事をしているので、休みは不定期だが家族会議の結果水曜日はお休みをとることに先々週からなっている。だが、妻と娘は明日水曜日から長野の実家にかえるために、本日代休とし、センター北にあるベビーザラスへ。ハイハイと立ち上がるのを平行して進歩させている娘の攻撃から守る、いや娘を守るためにコンセントカバーやら大人用につける子供用の便座など現段階で必要となって来たものをゲット。

妻の携帯が鳴り、どうやら義父たちが知人に不幸があり長野からでてきているということで、明日ではなく本日急遽妻達をピックアップしてもらうことになった。

家に戻って支度をする妻はB型。特徴はわすれっぽいところだと本人は言う。僕からしてみれば、彼女は大物だけに小さいことにこだわらないため、大抵のことが小さいことで気にしないのだろうと感じる。特徴というよりも特技だ。小さいことにこだわる僕にとっては、見習わないとと思う時もある

そんな妻が珍しく「こう急いで支度をしていると、なんだか忘れ物をしてしまうようで。。。」

忘れることを恐れる彼女は珍しい。皆既日食程にめずらしいことだ。

「花奈のものとか、私のものとかというのではなくて、なんか「肝心なアレもっていってとけばー」って後悔するようなものを忘れている気がするのよね」ーーーーこの一言がしょうもない事件の布石になるとはこの時僕が思うわけもない。

ピンポーン♫。義父母が到着。荷物を積みながら、一方で久々の孫に大興奮。時はすでに19時。孫のためにも、早めに到着を心がけて一行は長野へ。

一人になると寂しい反面、24時間だれにも邪魔されずに仕事が出来るという素晴らしい環境が訪れるので早速作業に取りかかる。22時過ぎをすぎ、まもなく着く頃かと、ベビーザラスからもどって一度も触っていない携帯(iphone)を手に取り、画面をみてみる。

「?」

待ち受け画面には、いつも妻が待ち受けにしている花奈がうつっていた。。。。。。

先程「携帯の充電器を持って、、、」とかいいながら、携帯とともにポーンとバックにいれていた映像が蘇る。。。「あいつ!間違えて俺の携帯をもっていっちまった。」

たしかに、花奈のものでもなく、妻のものでもないが、持っていって後悔することもないだろうに。

あの時言っていた「忘れる」ということは、もしかしたら彼女の胸騒ぎだったのかもしれない。多分、本人は気にしないだろう。先程自分の携帯にかけてみたが、サウンドオフ、設定にしているので未だ気付いていないでいる妻。

これから10日間どうしようかな。SIMカードを互いに送れば、問題なく自分の電話としての機能はするだろうから、明日朝にでも速達で送ろうかな。まっ大した問題ではなさそうだ。しかし、面白い人だ。まったく!

2009/07/27

ラッシャーズ「RB Huddle」開催!

オドーリーの春日さんが指をたてて「トゥース」といいます。あれは、アメフトをやってきた人間ならだれもが知っている動きで、練習中でも試合中でも円陣をくみ戦略をねる際には必ず「トゥース」と声がかけられます。つまり「集まれ!」という合図。そして、この円陣を組むことをアメフトでは「ハドル(Huddle)」といいます。

先日7月24日の金曜日は、僕にとってとても大事な日でした。立教大学のアメリカンフットボール部「Rushers」のOBはこれまで何百人もいるのですが、いかんせん集まりが悪い。というよりも、情報がぜんぜん行き届いていないという現状があります。最近では、30代半ばのOBで声をかけあって、20代も交えた若いOBの集まり等も企画・開催されています。僕も先日いってきました。これはこれでいいアイディアで、意味ありことなのですが、そこでふと気づいたこと。

繋がりを生み出すには、各ポジションの縦の繋がりを太くすることを初めてみたらどうだろうかと。そして、その第1弾として、仲が良いことで知られる、僕が所属していた「ランニングバック(RB)」の縦の繋がりを太くしてみよう!!!んじゃまずはやってみますか?!!
ということで、後輩に協力をしてもらい、1994年卒から現役まで、実に16世代に声をかけて、RushersのRBの集まり通称「RB Huddle」を先週24日に開催するに至った訳であります。

場所は六本木のとある居酒屋。集まったのは、全体で27名中現役の選手2名を含めて最終的に15名。

ただ飲むのはつまらないかな。と思い、陪審員精度も導入されることだし「RB裁判」と題して先輩の数々の悪行について有罪か無罪かを皆にジャッジしてもらいました。結果、すべての裁判で有罪がくだり、この日のためにお取り寄せをした健康ドリンク「ノニジュース」(激クサ)を罰としてドリンキング。二人の後輩の告訴により僕も有罪判決をくらい多量のノニを飲むことになったのは予想外だったけど。(あれはヤバイ)

OBというのは、知り合いがいなくなる4世代以降から離れていき、気にはなっているのだけど現役へのパスが無いから試合に足を運ばなくなるケースが多いのではないでしょうか。其の意味では、色々な世代と顔見知りになることで、さらに現役とつながることでまたOB魂が刺激されるのであります。

「OBとして支援する」ということは大事ですが、「自分のポジションのために何ができるだろうか」を考える方が僕自身も、より積極的に心が動きますが、あつまった多くのOBも同じ気持ちのようでした。RBだけではなく今後各ポジションのOBがそのポジションの現役のために動きはじめたとき、それを横に束ねれば大きな束になると信じ、今後も僕をふくめたRBのOBは徹底的にRBを支援していきたいと思っています。

今回僕が1年だった頃の4年生まで声をかけましたが、さすが大先輩。悪ノリの原点ここにありという程の存在感と変わらぬ悪ノリ。まあ、今回の企画主旨を電話で説明した際の反応が、OBだとか現役だとかの言葉には反応せず「つまり、久々にみんなで悪ふざけしようってことでしょ?いいねー」でしたから。

写真は、集合写真と某後輩のご満悦な顔。(学生時代の悪のりが復活:個人保護の観点から名前と目は伏せておきますが、掲載許可は得ています)目は隠させていただきます。でも、まぶたの上に書かれている目はあいちゃってますけどーーー!

2009/07/23

投資対効果 デザート編

料理の後にデザート。机の上にある食器を何も砂漠の様にすべて片付たうえで、出てくる一品だからデザートとよばれることは皆さんも既知のことだとおもうが、我が家では不況のご時世の中、この「デザート」に大きな変革をおこした。

家には、飲みきれない牛乳や料理につかった残りの生クリームなどがけっこう冷蔵庫に入りっぱなしのまま、時期が来て「ポア」されてしまう。そんな中、武蔵小山のカルディや家の近くのサミットでみつけたのが「ババロア」や「パンナコッタ」の素。ババロアは牛乳を混ぜて冷蔵庫で2時間。パンナコッタは生クリームと牛乳を熱した後に加えて冷蔵庫で4時間。 

一袋300円弱ですよ。それでもって、ババロアなら8人前。パンナコッタなら6人前作ることが出来ちゃう。コンビニなら、一つ250円もしくはそれ以上でしょ? いやー経済的だし、作る楽しみも味わえてしまう。そして何よりも、そんじょそこらのケーキ屋には負けないほど美味しいのである。

さらに、素敵な一品いやさ逸品をご紹介しよう。それは、「レアチーズケーキ」。

僕はモロゾフのレアチーズが昔から好きで、お客様先にも差し入れたり、ホールで買って独り占めをしたことも多々ある。何が好きかというと、あの底にあるクッキーみたいなやつの食感とプニョプニョな本体との絶妙なバランスね。これは揺るぎなく最強!と思っているところに、先日「待った」をかけたのが、サミットにあったレアチーズケーキの素。商品名ー忘れた。クッキーなんとかと粉がはいっているセット。

これは、ババロアやパンナコッタに比べてはるかに短時間でできてしまう。クッキーなんとかを皿に敷き詰めて牛乳と粉をまぜて入れたら冷蔵庫で30分。わお。ご飯前に仕込んで、食べ終わったら出来上がっているというなんて素敵にジャパネスク的感動である。味?最強と同格ね。例えるなら、失神5回程度。

本日も、妻の友人が遊びに来たのでパンナコッタを昨日仕込んだ。ココアパウダーを入れるとさらに濃厚になる。濃厚になりすぎて、農耕民族も狩りに出掛けるだろう。

どこのお店でも、フルーチェがおいてあるコーナーにいけばあるので、まだ自宅でデザートが定例化されていない方は、是非。

毎回、すばらしい出来なのであるが、冷蔵庫から出したらすぐに食べてしまうので、、、、写真がない。今度とりまーす。

花奈通信
本日は、昨日に比べて立ち上がっている時間が長くなった。頑張れ未来のアスリート。

2009/07/22

サラブレット&レインボーマン

サラブレット=競争用の軽種馬のことらしい。 人間においては、優れた血を引いている人間のことを言う際に用いられる事が多い。僕の娘には、1に愛嬌、2に足が速い、3、4がなくて 5に愛嬌。これを強く願っている。これ前フリね。

最近は、TVでやたらと「英才教育」的な番組が増えている。それはきっと、赤ちゃんの出生率が第二次ベビーブーム世代の出産で高まる傾向にあるという流れで、「天才」を育てる系なのだろうが、この数十年どこかのタイミングから大人がためになる番組が増えていても、あまり育児ものは少なかったと思う。ゆとり教育方向に日本がおおきく偏ったからだろうか?それがゆとり教育の反省なのか反動なのか、ここにきて育児系番組「激増」。

そして今、「お受験」よりも以前、つまり「幼児の頃からの教育でその後の人生は大きく変わる」というメッセージを打ち出してきている。脳化学おばあちゃん、東大生3人をうんだお母さん。ついつい、気になって見ちゃうのだけどなんだか番組終わりには「どうでもいい」気持ちになる。だって、方法はどうであれ、昔っから「三つ子の魂百まで」って言われていて、満二歳まで根気と愛情で正面から育児に取組む事が大事だという基本があるのだから。番組は当然、得るものもあるので完全に否定をする気はないですけどね。NHKの3chだと、「こうしてあげると良いかも」という提案型に対して、民放だと「こうすれば、こうなる!これをやらないと、損をする」というある種脅し的な強いメッセージだから、嫌気がさすのかもしれない。んじゃ、見なければいいんじゃない? そう、That's right!

娘は3ヶ月くらいからか、足の力が強いような気がしていた。まもなく、7ヶ月になろうというところで、本日、視界の隅にとびこんできた映像は、ソファーにつかまり、立っていた花奈だった。ハイハイと立ち上がるのが同時期のようで、一ヶ月前までただ寝ているだけだったのが、一気に半径1.5m、高さ50センチが活動範囲となりコード類、コンセント、液体などを処理するのにドタバタするばかり。代々俊足家系だから、なにわともあれ、足がはやくなってくれたらいいなと。

僕の現役時代の100mのベストタイム10秒9を花奈が出したとすると、女子100mで日本新さらにオリンピックの決勝で銅メダルに獲れるのであります。それはまあ妄想の世界の話だけど。

そうそう、月曜日の夕方の東京の空みた?虹が最高だったねー。まるで、ハワイのノースショアに車で出掛けた時に二本の虹をみた気分とオーバーラップして、家族3人もりあがってしまった。
「あれ向かいのアパートの屋根が少しぬれているけど、雨ふったのかな?」とベランダに出てみたら、そこにはどーーんと二本の虹が、部屋の目の前に広がっていたんだよね。下町のノリでベランダから向かいのアパートに住んでいる人と会話しながら、みんなで虹をみる。そこかしこの路からは、子ども達の「あーーーーーー!虹だ!虹だよ!」という声。

なんだか三丁目の夕日な気分になれた良い海の日だった。

(写真は広角で光度をさげているけど、実際はもっと太くて二本目も60%まで橋が架かる程
はっきり見えていた)

2009/07/16

衆議院宿舎へ

本日は週の真ん中水曜日!友人のお誘いをうけ勉強会に参加。

地域を交通という視点、モビリティとコミュニティという視点からみるという観光に関しても大事な話題だったので、その友人とLunch on Meeting後に誘われた勢いで向かった先は「衆議院宿舎」in 赤坂。

あの辺に宿舎があるとは聞いていたけど、まさか赤坂ツインタワーの裏だとは知らなかった。

某友人が某議員の後援会長をやっていることもあり、積極的に地域関連の勉強会が行われているのだとか。エリアには警備がいたり警察がいたりとなかなか緊張感がある。と思っているのは、悪い事していないけど、「君、財布みせてくれるかな?」「自転車の番号みせてもらえる?」とか呼び止められるのではないかというこちらがわの勝手な思い込みだろうけど。

7時半に始まった会は10時まで。僕もいろいろと質問させてもらい、得るものが大きかった。人口密度が高いエリアでの中距離移動に関して現在交通システムの新しい取り組みがなされているのだという。これだけ言われも意味不明かもしれませんが、

例えば、
人口密度が高いエリアの
ー短距離移動=徒歩 
ー中距離移動=新交通システム
ー長距離移動=地下鉄・電車

人口密度が中のエリアの
ー短=徒歩
ー中=バス
ー長=電車・バス

人口密度が低いエリアの
ー短=徒歩・二輪車
ー中=二輪車・バス・タクシー
ー長=車
と今回の勉強会ではざっくりとマッピングされていて、この「バス」がかなり多様化しているという事。

「新交通システム」に関して言えば、自動で高齢者を目的地まで運ぶ乗り物の開発や、シームレスな都市開発などで、単に無人の自動車があちこちにいくだけでなく、その地域の治安を良くするという狙いもあるのだそうだ。ただ、観光に関しても言える事だが、試験的な活動もエリアをまたがったとたんに何も進まなくなるという壁がやはりここにもあるのだそうだ。

僕の疑問は、新システムを開発中であるという、高密度+中距離という点ではSeiyuやマックスバリューなどの大型店舗があり病院が点在し、アクセスも良い。一方で過疎化したエリアこそ、無人の車が野菜を売りに来たり、病院につれていってあげるというNeedsが多いのではないか?これから20年経ったらなおさら。つまり、人口密度の低い地域+長距離移動=車・タクシーとなっているけど、高齢者にとっては簡単なことではない。この部分に対するソリューションは現在の研究段階でないのか?という事。
過疎化したエリアに対しては、交通の業者もコスト高だけに動きが鈍い現状では、、、まっ眠くなってきたので固い話はこの辺でおしまい!

勉強会が終わり外にでると、宿舎前に記者がたくさんいた。ちょっとドキドキした。

外の暑さより、電車で席が空いたからと、座った途端に前の人の「ムレっ!」と座席が熱いのがなんともいえがたい。ムレソン・マンデラだ。

2009/07/14

B.フレーベ・ヤクルト株

ヤクルトはすごいと思う。だって、町中で売っていなくて、実際手にすると美味しいという商品が沢山あるから。いったいどれくらい売れているのか?300億円位かなとサイトでIR情報をみてみたら。。。。。。。。

2900億円!

これは、関連会社や医薬品なども含めた売上げなので細かい所までわからないけど、世界各国で売っている事にびっくりした。以前住んでいたサンフランシスコでもSafewayなどのスーパーで売っているのである。

我が家のインターホンが鳴る。「ピンポーン♫」

出てみたら「ヤクルトですが、本日はこの地域の方々に飲んで頂きたくサンプルを、、、」とのこと。宗教とか新聞なら「僕は浄土宗ですから!」「新聞は読んでます!」と断る所なのだが、二つ返事で「どうぞー!」。そして、ビフィーネSとヤクルトをもらった。

「ついでに、後でミルミルを買いたいのですが。」

そう僕はミルミルが大好物であった。以前職場にヤクルトのおばちゃんが来るときは、必ずミルミルとソフールを買っていたし、かつてパチンコをやっていた時は勝った際のあまり玉で必ずジョアを数本交換していた。ミルミルは、成長を遂げBifine-Mという名前になっていた。1週間飲むということで、7本入りが665円である。

火曜日の今日。インターホンが鳴り出てみたら「ヤクルトですが、本日はこの地域の方々に飲んで頂きたくサンプルを、、、」とのこと。またもサンプルをもらってしまい、ついでにBifine-Mを購入してしまった。

普通の事かもしれない対面販売。お客様先に出向いて商品を購入してもらうという事だけど、かつての牛乳配達のように色々な商品を家まで届けてくれるこのヤクルトの変わらぬ販売方法に、感激してしまった。

ミルミル嫌いな人もいるでしょうけど、ミルミル好きな人も多いはず。町中でこの暑い中、後にヤクルトを積んでいる自転車に出会ったら、是非久々に飲んでみてください。感動するよ。

タイトルのB.フレーベ・ヤクルト株は株式ではなくて、Bifine-Mにはいっているビフィズス菌。

サンチョパンサ!

ドンキホーテ サンチョパンサ ロシナンテ アンドレ♪ (天国生まれ|甲本ヒロト)

大学の部活の練習帰りによく食べにいったお食事処と言えば「びっくりドンキー」。最近では、都心には店舗がなく、近郊にあるにもかかわらずTVのCMをバンバンうっている。

「こんな時間に、都内でCMうって、実際に行く奴なんているのかね?」という疑問をのこしながら、日々が過ぎていく中で、僕の妻と花奈への熱い愛情でいっぱいの胸の中にこみ上げてくる思い。

「ドンキーのチーズバーグディッシュが食いたい。。。。」 (CMの影響を受けているのは僕じゃないか!)

ただ、その思いは強くなるも、散歩が大好きだけど車を持っていない児玉家としては246沿いや国道1号沿いのお店などなかなか行けるものではありません。そんなモンモンとしていた日曜日。

持つべきものは兄弟!兄が、そう弟思いの兄が「ドンキー」に連れていってくれました!!!!
This is such a wonderful time for us! 向かったのは、川崎の手前、六郷のお店。日曜の夜9時にも関わらず、20組待ちという混雑。(CMの効果抜群じゃん!)


はいはい!懐かしのチーズバーグディッシュ 300g +ライス大盛り+メリーゴーランドという最強のメニュ−で胃袋を満たしました。わかります?物凄い食べたいものが胃袋に入った時に、毛細血管にまで染み渡る感じ。まさにあれ!あれはまさに、夏ドンキー 胃にしみわたる デュッシュ系と表現できましょうぞ。




実は、ドンキーで一番興奮していたのは「兄」でした。兄にとってもドンキーは懐かしかったみたい。ありがとう。

2009/07/08

アンドロメロス

アンドロメロスー メロスーって昔やっていたの覚えてる? 30代半ばの世代でも、この特撮を覚えている人は数少ないだろう。ウルトラマンゾフィーが更に特別なコスチュームを着て闘うというもの。テーマ曲がYoutubeにあった。



ついでにその動画から「映画史上最も迫力の無いアクションシーン」というとんでもない特撮まで見つけたので貼っていこうかな。


さてさて、先日米国から友人のMr.Harperとその奥様のHiromiさんが東京に遊びに来たので、妻と花奈も交えて谷中散歩に行って来た。以前も紹介したのだが、Mr.Harperはオンラインでデザインを一般から集めて人気のあるものをTシャツ化して販売するというサービス「Threadless」のCTOつまり最高技術責任者をやっている。とある事をきっかけに、東京にいくなら面白い日本人がいるよという感じで紹介され、一緒に散歩をした以降、頻繁にネットの技術やらビジネスやらについてチャットしている仲である。

ご存知の通り、海外特にUSでは、そのTシャツのメッセージは何かという事は着るものにとって非常に重要である。とある日本で働く外国人の方のブログに、職場の日本人の女性が「私はメス豚です!好きにして!」と背中に大きく書いてあるTシャツを着ていた事にびっくりしたというような記事があったのだが、英語だから割と気にしない人も日本には多いのかもしれない。逆に海外でTシャツに「空き缶の浣腸にはきをつけろ!」とか書いてあったらびっくりするっしょ?

小雨の中を、谷中から根津にぬけ、(※根津神社現在工事中!)移動して合羽橋の小粋な珈琲屋「合羽橋珈琲」へ。毎回違う道を通るから、みるものすべてが新鮮である。道々様々な事を話す。一緒にやるならどんなビジネスがやりたい?とか。後では、Hiromiさんと妻と花奈が会話。散歩は、これがいい。机ごしではなく、同じ方向に歩き、色々なものをみながらの会話。目に入った季節の花、匂い、湿度。

次に会うのは1年後かもしれない。しかし、縁は不思議なものでつながっていくのである。そんな彼が、米国からのお土産にと携帯デバイスをもってきてくれた。それが下の写真。





話題の「Google携帯」である。大きさはiphoneよりちょい大きめ。googleだけにgoogle mapやgmailとの相性も抜群。ちょこちょこいじってみようと思う。(隣にいた電化製品大好きな妻が興味津々でみていた)この携帯のオペレーションシステム(パソコンで言う所のWindowsみたいなもの)がAndroid(アンドロイド)というもの。 ねっ!冒頭のフリがこれで理解できたっしょ?

近々スペイン人の友人のそのまた友人が日本に来るとの話がきた。一緒にどっか散歩しようと思う。

2009/07/05

黒豆茶の密かな抵抗

僕達散歩だーーいすき。

ということで、麻布十番の更科堀井の大好きな天ぷらもりそばを食べにいった帰りに、ハイパー散歩。Helpカードは「ドリンク」、「電車」そして「バス」。まずは「電車」カードを使用して、十番へ。

麻布十番から「カフェ」にいこう!をテーマに「広尾」へ。でも気分が変わったので、「広尾」からもうちょっと足を伸ばして「恵比寿」へ。酒ものめないくせに、土曜の夕方に日が沈むのをみながらビールが飲みたいねー、なんて気持ちになりテラスを探す。探しているうちに、恵比寿駅に着いてしまった我々一行は、千疋屋のパフェをゲットすんべーとアトレに足を運ぶも長蛇の列に心が折れてしまう。途中、あまりにも咽が渇いたため、自販機で「ドリンク」を使用。サイダー系?お茶系?希望が分かれた二人は同時に押す。出て来たのは、プーアル茶ベースの「黒豆茶」。これがまた苦まずい。良薬口に苦しだな。



俺たちの軸はなんだ? 迷ったときは、原点にかえろう!と元々の目的である「カフェ」に戻りて目指したのは「代官山」。いやーその辺で探せばいいじゃんと思うかもしれないが、ぷらぷら散歩している間に出くわす面白い風景こそが「散歩」の醍醐味である。十番から、ヒルズの裏をとおって広尾に向かう道では、不思議な小道があったり、港七福神の大黒天をまつるお寺に出くわし、とある禅寺のお墓に異常なまでに大きな墓石を発見したり。そして、いつも遠くから見ていて不思議に思っていた建物の真下を通る。上が大きくなっていくこの建物は「元麻布ヒルズ」だと初めて知る。(写真:Wikipedia)




散歩途中にお墓を観に行くという行為は、おそらく初デートならあり得ないことだろう。そもそも、6kmもの距離を歩くのもよっぽ散歩が好きでないとNo way!だろうね。なーんて会話をしながら7kgの娘を背負って歩く。

散歩はまだまだ終わらない。咽を潤した一行は、「代官山」から「中目黒」へ。ここで事前に与えられたHelpカードである「バス」を使って、南下して不動前へ。6kmをゆっくり歩くとそれなりに時間が経つもので3時過ぎに蕎麦屋を出て、不動前に着いた頃には7時をまわっていた。今日は贅沢にいこうと夕食に向かったのは不動前の「B&M」というステーキ屋である。いやここのヤングステーキ+ガーリックバター+ガーリック醤油は本当Go to Heavenね。でも、さすがに待っている人も多く、20人待ちという状況。しょうがないか。

待っている間に咽が渇く。そりゃそうだ。散々歩いているのだもの。おっ!まっずい黒豆茶がまだのこっているであーりませんか。ゴクゴク。よし、花奈つれてちょっとぶらぶらすっか。と待合い席を離れてぷらぷらする。適当に遊んで待合い席にもどり、花奈を妻に渡し、カバンをどかして腰をおろす。

「あ!」と妻の声が聞こえるが「何を「あっ!」なんて言っているのだろう?」と思いながら腰をおろす。

「ズブッ!」

なんということであろうか。先程飲んだ黒豆茶の先端が見事に僕のお尻つまり「ツーケーノナーアー「ケツの穴」」にピンポイントで刺さったではあーりまえんか!

予想だにしない、浣腸攻撃に一瞬。「ヒっ!」となって、足がピーーンとのび、直立不動。わかりますか!皆さん。予想してないから、アソコはリラックスモードなわけですよ。そこに尖った攻撃。しかもピンポイント。驚いたったら驚いた。「頭痛に優しい、コンドロイチン!」ちん!!!って感じ。

妻の「ア!」の声から実に1秒間の出来事であるが、まるでスローモーションであった。まずいまずい言った事への、密かな反抗か。妻曰く、鞄をどかした時に、端においてあった缶が動いてど真ん中に移動したらしい。

旅にトラブルはつきものよ。下半身への攻撃もあったけど、3人仲良くB&Mでガーリック臭くなったとさ。
B&Mから西小山までは、もちろん食後の散歩。この日歩いた距離は、合計8kmくらいかな。いい運動になった。皆さんも是非散歩しましょ!