2009/06/04

ことだま屋のロゴが完成!

月曜日から水曜日まで、熱海の実家に家族三人でいってきました。目的はもちろん「花奈」。ちょうど月曜日から寝返りが出来る様になりましたYo。

さて、外国人にもっと日本を楽しんでもらう役に立ちたいと、この1月からせっせと松尾芭蕉の足跡や、お城100選などを更新しております僕の魂ともいえる「ことだま屋」のウェブサイト。

このウェブサイトのロゴ作成を、カリフォルニアで仕事をしながらデザイナーとしても活動をしているMr.Aoyamaに3月頃からお願いをしておりました。高校のアメフトの先輩で、サンフラン留学中も遊びに来てくれたり、日本に帰ってくるときは必ずといっていい程あっています。数年日本に滞在後、昨年、カリフォルニアにもどってから奥さんのジェイミーとともにデザイン事務所を立ち上げました。出来上がった作品の一つは、米国の有名なコンテストで賞をとったりととにかく凄いんです。そしてその作品にめちゃくちゃ惚れてしまいまして、今回ロゴ制作をお願いした次第です。

そして、2ヶ月の時を経て出来上がったロゴがコチラ!


モノクロも相当カッコいいです。




児玉家の家紋「丸に松川菱」をもとに、「探検」「日本」「文化的な要素」というキーワードから拡大鏡で、日本の四季や着物のパターンなどからインスパイアされた世界をのぞくというコンセプトです。
いずれは日本茶をもっと世界で飲んでもらう役に立ちたいと思っているので、このお茶の色も新たなチャレンジの色として気に入っています。(よーくみると、花火や桜の木などが見えますよ)

青山さん、本当に有難うございました。青山さんとジェイミーの作品は、以下のサイトの[Project]から見る事ができます。僕のお気に入りはサーフボードにデザインされたもので、無断でパソコンの壁紙につかわせていただいております。

後輩的にいわせて頂くと、
「まじで、かっこいいっす。した!」

3 件のコメント:

onoderax さんのコメント...

モノクロいいっすね!!

Kodaman さんのコメント...

縄文人さんいつも長野情報ありがとうございます! onoderaxさん、そう!モノクロも気に入っています。裏表でモノクロとカラーでなんかやろうかなと。

縄文人 さんのコメント...

今、FMラジオに「縄文のデザイン」というコーナーを設けてユニークな研究者とトークしています。
1万年前の縄文人の意図する思いが鮮やかに伝わってきます。
「縄文のビーナス」などの土偶が大英博物館で展示されることになりました。いずれ里帰りし上野の博物館でも展示されるとのこと・・・
このロゴもきっと1万年後にも伝わることと思います・・・