2009/06/29

バイオリズムと梅雨の空

さあ1年で最も頭の痛くなる時期到来!その名も「梅雨」。

いやー本当、気圧の変化を後頭部でがっつり感じていて、雨がふる直前などは激痛も激痛。トンカチで頭殴られたくらいに痛い。ということで、家の目の前にある鍼灸に通い、短時間ですが治療を受けている。中学の陸上部の頃から鍼治療はここぞ!という時にやってもらっているけど、いや本当に「ズドーーーン!」とうてば「ズドーン!」と効いてくれる。

鍼灸にも色々とあるらしく、腹筋のところでちょこちょこ打って調整したり、それこそズドーンと打ってグリグリグリグリ、ズッキーーンというパターンのハードなものもあったり。それぞれに効力は違うのだろうが、打たれる側にとっては「気もちいい!」か「効いているのか?」という好き嫌いの話になってしまうのではなかろうか?

僕はというと「ズン!グリグリ」ときてピンポイントで広がる「ズバーン!!!ボワワワーン」が最高。おそらく、鍼をやったことのない人にはなんのこっちゃわけがわからん話だろう。つまり、トントンと鍼をいれたら、神経を刺激し、ここだ!というところに鍼があたると、瞬間ピクンとなった後にジワーと暖かくなるということである。と書いても、なんのこっちゃ意味不明かも。すいません、擬音語多くて。

家の前の鍼灸は、「ソフト」が基本の先生。でも、「ハード」好きな僕のためにあえて「ズドン」といってくれる。いや本当これで救われている。

でもまあ、これまで34年間中、後半20年間ほどは、大体1年のうち6月が肉体的にも精神的にも一番弱るという体のリズムなので、(これは自分が一番分かっている事)あまり無理をしないで静閑することにしよう。

先日のブログでも書いた様に、27日は大学のレジェンドマッチを観戦しにいってきた。行った場所は、アミノバイタルフィールドin調布(飛田給)。試合は、各世代が集まっているという点で面白いなと思う反面、それを観に来ているOBの少なさにびっくりした。てっきり、スタジオを埋め尽くす程の各年代のOBが「だれだれいけ!」「おお!千野いけー!」と言うのかと思っていたら、実際僕らの代+ー3世代あたりは、選手3人+応援3人+家族10人てなもん。寂しい現状と改善すべき課題点が見え隠れ。

2009/06/27

イカクサン

先日、TVをみていたら「赤ちゃんに噛む力を鍛えるために、塊の肉を焼きかませるといい!」というのがあったけど、油まみれになるし、コスト高ということで却下。

その代わりに、母が以前「あんたは、赤ちゃんの時はスルメをむしゃむしゃ食べていたわよ」といっていたのを思い出し、娘にスルメをあげてみました。しっかり噛んでいます。噛めば噛む程味がでる人間になるためには、噛む程味が出るという事自体がどういうことかをそもそも知らないといけないでしょう。なにごとも体験です。

むしゃむしゃ、むしゃむしゃ大喜びです。でも、その代わり、スルメを振り回すもんだから、顔中がスルメの匂いになって、そのまんまうつ伏せになるもんだからクッションもスルメっています。

おかげで、TVをみているとどこからともなしに「ぷーん」とイカクサい。こうしてパソコンをいじっていても、なんだかイカクサい。

それでも、スルメはあごを鍛えるから家族揃って今日も食べるべし、べし!

・・・マイケルが死去。小学生の頃にお金を貯めて、生まれて初めて買ったのがアルバム「スリラー」のカセットという大切な思い出があるだけにショックです。

明日27日は、OBと現役の混成が闘う立教大学VS明治大学のアメフトの試合レジェンドマッチが16時からあるので、観にいってきます。

2009/06/23

シソの鉢

昨年シソの植木鉢を二鉢いただいた。

あれは確か、秋だったとおもう。

そのままにしておけば,来年またシソが生えてくるという
頂いた方からの言葉通りに、冬は放置。今まで、時に水をあたえて
時に雑草や害虫を駆除しながらシソが生えてくるのをまってきた。

シソは、真直ぐにその茎というか枝を伸ばす。そんなことは、
昨年もらった段階でしっている。

二つあるうち、一つからいつもみている雑草とは違うシソっぽいのが生えて来た。
もう一つからは、いまだに三つ葉のクローバーしか生えてこない。

まあ2分の1の確率で生えて来てくれれば問題はなし。
「これをしっかり面倒をみれば、シソがまたゲットできる!」としばし放置。
しそ!シソ!紫蘇!しそ!結構盛り上がっていたのだが、改めて急激に成長する
その植物みてみると、シソのように縦ではなく横にたくさんの枝を伸ばして、
今日なんかはピンクの花のつぼみをつけていた。

いいかげん、こいつはシソではないと認める段階まできたんだよ、務くん。
と心ではわかっていても、どうしても認められなくて葉っぱをちぎって食べてみた。

ミドリムシみたいな香りと単なる葉っぱの味。。。。。。

シソではないが、しばらくこの雑草を生やしてみようと思う。なにげに、
ベランダで一服する時に、こいつから雑草魂の強さというものを学ぶ事ができるから。

話はかわってiphoneの話題。昨日深夜に、iphoneのアプリケーションで
写真をとった被写体の攻撃能力を調べられるという面白いものをダウンロードしたので、
さっそく寝ている娘を「カシャ」と撮影。その名も「Battle Power Checker」

すると、しばらくしてパワー分析結果がでてきた。

その数値「3」。。。。コメントは、「なんだ、小動物か。」ですって。
あたしゃーあまりにドンピシャの表現すぎて、寝ている娘の横で腹抱えて笑ってしまい
娘を起こすハメに。

ちなみに今日の娘の数値は、「5」。またまた「なんだ、小動物か」だったが、
昨日よりも2あがっているという成長をみせたので、良しとしよう。

攻撃力「5」

2009/06/21

おもてなし

ここ1年程、ですます調で統一してブログを書いていたのだが、そうすることで「当たり障りの無い表現」が増え、自分自身が燃える「ブログ」になっていないかなと思いまして。今後は、気にせずいきます。

娘が生まれてから、我が家に友人が遊びに来てくれることもあり、料理でもてなし一時の楽しい時間を過ごすというのが物凄く楽しくなった。

パーティーやネットワーキングのイベントに足を運ぶ事がこれまでもかなりの回数あったし、これからも多くあるだろう。端から見れば、社交場が大好きなヤツとうつるかもしれない。しかしながら、そんな僕は正反対でゆっくりまったり2人とか3人とかで会話するのが三度の飯より大好きで,大勢の場がじつはかなり苦手なのである。Max4人くらいかな。んなこたあどうでもいいことでありますがね。

先週末も、8月に出産を控えたMr.&Mrs Satoさんが我が家に遊びに来てくれた。今回は、妻がラザ二アに挑戦。前回試しにつくったときは、ミートソース缶を使用したのだが、この日は前日夜中からミートソースを仕込む。最近は時短料理が話題をさらっているが、手間暇かけることで美味しくなる料理というものも多くあって、その一つが永遠のスーパースター「ミートソース」なのではないだろうか。

さあSato夫妻が来るぞと妻も大盛り上がり。豚のオレンジとバルサミコ酢焼きもピクルスもお手製。そして、オーブンでただいま焼いておりますのがー「ラザーニア」。いやー、4人で赤ちゃんの話題一色で大盛り上がり。妻とMrs.Satoさんは「本などで書かれている必須アイテム中の”実は”不要のアイテム情報」をシェアしていた。

せっかく、一所懸命つくったラザニアではあるが、熱いうちに食べようと出来立てすぐにナイフを入れ取り分けて、ぺろっと食べてしまったので写真をとっていない。残念。味は手前味噌だが100点満点。

我が家のお客様をおもてなすという点においての今後の課題点が一つあがってきた。それはマグカップ。現在、素敵な一つのマグカップとともに対になるものがなくて、キン肉マンのマグカップを使用している。(これ僕的には、マッスルブラザーズマグカップなので最高のおもてなしの部類にはいるのだが)素敵なマグを検討せねば。

2009/06/18

教育番組はゴールデンより面白い!かも

小学生位で卒業した3チャンネルの教育番組は、34歳になって娘といっしょに改めて見る機会が増えて来ました。

子供が出来るということで、卒業した世界をもう一度別の視点からみるという大人の楽しみが出来る子供のときは、教育番組が王道、本道であったが、いまはサブカルチャーっぽくうつって、かなり面白いですね。

夕方四時にテレビをつけると、6時位までの間に、お母さんといっしょでは、中西圭三の歌声がきこえてくる。かつては、UAも番組もっていましたね。そして、野村萬斎が登場して「ややこしやー、ややこしやー」。あっ小錦も。もう最高!

僕の大好きなのは「みいつけた」。

お母さん連中は良く知っていると思うけど、この番組ではトータス松本がなかなか素敵な歌をうたっています。シングルカットすれば、お母さん層に大人気だとおもうんだけどな。

それでは、お聞きくださいトータス松本で「みいつけた」(タイトルこれでいいのかな?)

2009/06/17

ハゲシーな物忘れ

最近ものをよくなくします。それも家の中で。

連日物事を英語で、例えば花火や庭園などをあー説明しよう、こー説明したらどうかとそれこそ46時中考えているので、脳みその日本語区画から英語区画に入り込んでいます。ベースとして頭があまり良くない僕としては、きっとその区画にいながらにして、指輪をおいたり、カードをおいたりするのでそうなるのかなと思います。

先日も、玄関の棚の上に買ったままおいてあったカビキラーを使おうとしたらなくなっていました。明らかに棚の上には無いのだけれど、妻の「そこにおいたよ」と指差す先を見ずにして「そこ」を玄関の棚の上だと勝手に思った僕は、しばしその場所をみてみる。「きっと、ここにカビキラーがあるのに僕の脳みそが認識していないだけなのだ!」と上からみてみる。次に横からもみてみる。お終いには、ちょっと離れてみてみる。

「ない!」 そりゃそうだ、カビキラーはそこにはあらず、風呂場の外に移動されていたのだから。アホ!

一昨日は、今まで色々と使用して来た「和柄」のパターンが多数収録されているCD-Romが最近見当たらない
なと気がつきました。最後にみたのは、「やまとことば辞典」に挟んである時だったから、辞典やら周辺の本やら、確定申告時の書類まで引っ張り出して来て探すも無い。こんなときは、「いや!それいじってないでしょう!」というものまで探してしまうのがサガですわな。

「あーーーーーーーーーーーもう!無くしてしまった。。。。」

お気に入りで活用頻度も高かっただけに、火曜日の今日までその気持ちの落ち込みったらすさまじいもの。そして、「失ったもの」は不思議と使いたくなるのもこれまたサガ。そこまで必要ないのに、なんだか物凄い必要な気にさせられて、必要なのに無いということにさらに落ち込む。そこで、本日、あまりに悔しいので新たに買おうと本屋に行くと、同じのがおいてありました。

「同じのを買おうか?でも本は家にあるし、CD-Romだけ欲しいのだが。たいていこういう時は、同じのを買ってかえると後日家でみつかったりするし。」

悩んだ末、別の良さそうなものを購入し、ちょっと気分を盛り返しながら帰宅。妻に、喜びを伝えてから一服。ふと、なんとはなしに棚にならんでいるCDの中から、一枚を取り出すと、、、、

「おおおおおおおおおおおおおおおおおお!マイゴッド!」
それは、先日失った和柄CD-ROMではあーりませんか。しかも、ちゃんとプラスチックケースに入って保管されていました。きっと、考え事をしながら辞書に挟んであったCDーROMをなくさないようにケースに「僕」がいれていたのだ。でもそれを忘れちゃーおしめえよ。But 50分の1で見つけられてHyper Happy!

脳のことはよくわかりませんが、言語の中枢である左脳と物事を形でとらえる右脳との間でいったりきたりすればいいものを、考えながら他のことをするから生じる諸問題だと深く反省。もともと右脳人間なのに。

また、家が職場だと、プライベートと仕事の区別をついつい曖昧にしてしまう傾向があります。これも脳みそのメリハリがない原因の一つでもあるのでしょう。脳みそも生活にもOnOffをつけないといけませんな。

ということで、突然ですが8月半ばから家族揃って義兄に会いに、ニューヨーク&ボストンに行くことなりました!これはOff. そして、通訳ガイドの試験も受けることにしました。これはOn. そして、Workoutで現58kgからベストの54kgまで7月末までに落とすことに決めました。宣言する程大したものではありませんけどね。

2009/06/12

400円で1000円程度

妻のブログでは紹介済みですが、我が家での最近のブームはお菓子ゲット!であります。

武蔵小山のゲームセンターを取りかかった際は、必ずといっていいほどお菓子の山を崩そうとチャレンジします。山を衝撃で崩すという違法をとりしまるため、奥からあんちゃんが目を光らせます。となりでは、ハイエナをしようと子供達が100エンにぎりしめて、僕の後をねらっています。こんなプレッシャーの中で、山を崩したときの感動!これは、言葉にすれば「そこそこ嬉しい」程度の至福の時間です。

ゲーセンも不況。どうにかしてお金を使ってもらうということを考えると、ぬいぐるみよりも欲求を満たしてくれる食べ物で釣るという方法、何年に何回くるのかよくわかりませんが不況とよばれる現在においては良いのでしょう。ついつい、あと数ミリ動かせばお菓子の山が崩せるからと1000円近く投入した結果、とれたのは10円の飴ちゃん。ということもままある話です。 だから、400円。400円でとれたら、菓子の山だと大体その3倍位の金額分のお菓子がゲットできます。だいたい、それでとれないと、後はずるずるのみこまれるだけという統計が出ております。(児玉ギャンブル調べ)


それがこんな感じ。 ガムにいたっては、200円位で40個くらいゲットしたので、いまだにたくさんあります。ガムを飲んでしまうという癖がある僕は、キシリッシュを1日に食べ過ぎて、腹痛になったことはこの2月で4回くらいあります。(別にガムは飲んでも出てくるから平気ですから?!)

って、なんでこんな朝っぱらから書いているのかともうしますと、使用中のアプリケーションで新しいのが出たからとダウンロード>不具合>元にもどせず奮闘>データ復元作業>何がなんだか分からなくなって気分は絶好調で気がつけば朝。今年に入ってから良くある自己反省的行動。今後は気をつけないと。

ちーん!間もなく7時。おっ!そろそろ娘が起きそうだ。
先日戻った熱海の庭でとれた「びわ」。もぎたては、本当にみずみずしくて美味しいのであります。

眠いから、なんだか取り留めない感じになりました。こういう方が書いていて楽しかったりします。

2009/06/09

チンジャオロースー!

我が家では丸美屋のマーボードーフがエラくお気に入りであります。これに何度救われたことか。永谷園の麻婆春雨もこれまたうまい!この二つは、万国共通でみーんな好きに違いないと思うくらい。家で本格的な中華を作るというのもいいのですが、イタ飯や和食には凝っても、中華は1年に1、2度食べにいく六本木のお店か、西小山の喜楽という定食屋の方が美味しく食べられるので、そこまで拘りはありません。

そんな訳で、今日は、この丸美屋と永谷園の二つにスーパーの陳列棚で真っ向から勝負をしかけている、「Cookdo」に挑戦。

このCookdoシリーズは、僕にとってあまり良い思い出がありません。一人暮らしをはじめた頃、チンジャオロースーを作ろうと思い、でもそこまで技術が無いので、「Cookdo」を購入しました。ご飯も炊けて、チンジャオロースーも温めたので、パッケージの封を切ってお皿にあけると、、、、、

「??? 汁だけかよ!肉は?ピーマンは?筍は?」

てっきりレトルトだと思い込んでいた僕は、裏の説明も読まぬままにチンジャオロースー的汁でご飯という最悪な結果となったのであります。ちゃんと、汁だけって書いておけよ!と腹立ちましたが、ちゃんとかいてあったのねーー。残念。

数年後サンフランシスコで「Cookdo」を見つけ挑戦したときは、今度は肉を買うのを忘れてしまい、チンジャオロースーではなくチンジャオス(青椒肉絲ではなく、青椒絲)でご飯を一杯。これまた最悪でした。

ってなわけで、本日がちゃんと「Cookdo」シリーズの完成形を食べるのが人生初めての体験となりました。でも、味は何度か食べているので新鮮ではないですが。

中華料理で好きな食べ物はみなさんは何でしょうか?麻婆?フカヒレ?エビチリ?

僕は「花巻」が一番です。エビチリもフカヒレも花巻の前ではひれ伏します。今日の夜は、中華街で妻がかってきた「花巻」が主役、チンジャオロースは脇役でした。ちなみに、チンジャオロースーは漢字で青椒肉絲と書きますが、これは豚肉のときのことだそうで、牛肉を使う場合は、正式には青椒牛肉絲となるのですって。初めて知りました。チンジャオニアウロースー。ま、どうせ発音しても本場では通じないでしょうけど。

2009/06/07

先輩 goes to マレーシア!

今年は、周りで本当に結婚・妊娠・出産が多い。
めでたいこと、めでたいこと。

先日も、大学時代のアメフトの先輩「ポッキ」さんの結婚披露パーティーに
行って来ました。36歳の先輩の奥様は23歳と13歳の年の差をはねのけて
結婚。そして、来週にはマレーシアへの転勤が決まっています。

東南アジアは、タイ・ベトナム・カンボジアと旅をしましたが、
仕事で行くとなるとどんな環境なのか想像もつきません。

日本にいるというのを知っていれば、別に会わなくても
特段寂しい訳でありませんが、海外にいってしまうと知ると
何となく寂しい気がします。

マレーシアに遊びに行けたら面白いだろうな。

この絵は、誰が描いたんだろうか?めちゃくちゃ似ています。

2009/06/04

ことだま屋のロゴが完成!

月曜日から水曜日まで、熱海の実家に家族三人でいってきました。目的はもちろん「花奈」。ちょうど月曜日から寝返りが出来る様になりましたYo。

さて、外国人にもっと日本を楽しんでもらう役に立ちたいと、この1月からせっせと松尾芭蕉の足跡や、お城100選などを更新しております僕の魂ともいえる「ことだま屋」のウェブサイト。

このウェブサイトのロゴ作成を、カリフォルニアで仕事をしながらデザイナーとしても活動をしているMr.Aoyamaに3月頃からお願いをしておりました。高校のアメフトの先輩で、サンフラン留学中も遊びに来てくれたり、日本に帰ってくるときは必ずといっていい程あっています。数年日本に滞在後、昨年、カリフォルニアにもどってから奥さんのジェイミーとともにデザイン事務所を立ち上げました。出来上がった作品の一つは、米国の有名なコンテストで賞をとったりととにかく凄いんです。そしてその作品にめちゃくちゃ惚れてしまいまして、今回ロゴ制作をお願いした次第です。

そして、2ヶ月の時を経て出来上がったロゴがコチラ!


モノクロも相当カッコいいです。




児玉家の家紋「丸に松川菱」をもとに、「探検」「日本」「文化的な要素」というキーワードから拡大鏡で、日本の四季や着物のパターンなどからインスパイアされた世界をのぞくというコンセプトです。
いずれは日本茶をもっと世界で飲んでもらう役に立ちたいと思っているので、このお茶の色も新たなチャレンジの色として気に入っています。(よーくみると、花火や桜の木などが見えますよ)

青山さん、本当に有難うございました。青山さんとジェイミーの作品は、以下のサイトの[Project]から見る事ができます。僕のお気に入りはサーフボードにデザインされたもので、無断でパソコンの壁紙につかわせていただいております。

後輩的にいわせて頂くと、
「まじで、かっこいいっす。した!」