2009/05/18

祭りの季節だねー

15日に三社祭がはじまって、いよいよ東京にも祭りの季節がやってまいりました。我が家では、15日と17日に取材がてらいってきました。15日には、娘も甚平をきて祭りを堪能のつもりが、まだまだ準備段階ですから、街は祭り囃子が流れていても普通な感じ。んじゃ、まあ折角浅草きたんだから、久々に観光気分で有名どころのてんぷら屋大黒屋でお昼。

お祭りは、17日に僕が単独で取材にくるということにして、途中言問団子で団子をつまみながら、向島まで散歩。長命寺の桜餅もいいけど、お隣のこちらのお団子屋さんのも、ちょっとお茶を飲みに街道沿いのお茶屋に立ち寄りました的な気分を味わえて、妻が大好きな場所。色合いが和風だねー。
ー 祭りの本番は17日。生憎天気はあまり芳しくありませんでしたが、それでも浅草の街はにぎわっていました。広角のカメラレンズを新調したので、あちらこちらを撮影していたら、ハッピ姿の友人にバッタリ。彼は永井荷風も通い、最近では初代タイガーマスクもお気に入りという洋食屋「アリゾナ」を経営する家で、その辺りの青年団の代表だか、副代表だかであります。ちょうど神輿を出す所だということで、一緒にいって神輿を接写させてもらいました。

帰り際、「かっぽれ」に遭遇しました。あーかっぽれかっぽれ! かっぽれかっぽれ!大いに盛り上がっていた浅草を後にして、お気に入りの大学芋を心待ちにしている我が家に帰りました。

1 件のコメント:

縄文人 さんのコメント...

月並みながら“継続は力”という言葉が浮かぶ。
このところ何故か若い老舗の後継ぎに会うことが多い。みんな明るく、景気が悪くて暗いというイメージは感じさせない。それどころか意欲的で元気である。だから継続するのだと思う・・・