2009/04/29

集中やら選択やら

昨年の流行語でもある「Yes! We Can」は、変革という物に対して「我々ならできる!」
という表現であるが、ほぼ同じで主語だけ変えた「Yes! I Can]の場合、僕のこれまでの状況においては「はい!何でもやります!」となります。同じ言葉でも置かれている立場で全然違いますね。

この「はい!なんでもやります」の精神は僕もかなり気に入っているというか、何でもやらないと行けない状況だけに必然とそうなるのだけど、ふと、、、とある言葉が浮かんできました。

「器用貧乏」

霊感の強い知人や、どこの占い師にみてもらっても、大抵この「器用貧乏」という言葉が最初にきます。
多くの人が、世にある大抵の事はやってみればできちゃうので、僕にだけ当てはまる事ではないとおもうですが、
んんーーーーーーーーーーー確かに!と思う事柄も多々あります。

言葉遊びじゃないですが、
「やりたいこと」のために「やるべきこと」とはなんぞや、と
「やるべきこと」のために「やりたいこと」とはなんぞや、は
一緒なのか?違うのか?

また面倒くさい事を考えはじめたから、楽しい事を考えに今日はこれから珈琲でも買いにいくことにします。

2 件のコメント:

Takomushi さんのコメント...

器用貧乏なんて考えるなよ。

自分の才能を殺しているのは自分しか他ならない、他を気にして、世間を気にしたり、 世間にわかりやすいように表現変えたり。。。。 しているうちに才能を押し殺している。 

今度はもっと大きな世の中で、みんなに務のケツの穴 みせびらかせてやれよ。

器用貧乏なんて人に平気な顔して言う奴(占い師)は、オレは嫌い。

Kodaman さんのコメント...

ですよねー。世間を気にしないでGoing my wayを気取りつつも、いつの間にか世間様を気にしている自分がいる。メーターが振り切ってはじめて、見えてくる何かがありそうです。 アメリカでツーケーのナーアーとか言わないように!