2009/01/29

アップデートでテンションダウン

昨日一生懸命コツコツと作業してきたウェブサイトがまったく見られなくなった。半日の作業で、機械のトラブルではなくて、使用しているアプリケーションの一部の機能を前日にアップデートしたことにより不具合が起きていたのだと判明。一時はどうなるかと思ったけど、復旧してよいあんばい。

今日使用しているiPhoneをパソコンと繋げた所、ソフトウェアをアップデートしてくださいという指示が。言われた通りにやってみると、午前から午後に入ってもアップデート作業をしているわりに何の応答もない。もう大丈夫だろうかとパソコンと切り離したらAppleマークが出っぱなしでうんともすんともいわない。今は夜中。いまだにAppleマークのまま。電池が切れるまで待つしかないか。

ソフトウェアの世界では、「枯れている」とう表現をたしかしたような気がする。(ITギョウカイで働いている人にとっては釈迦に説法だけど)これは、最新の物よりも古いバージョンの方が、色々な対策やら補足されているものが揃っていて安心して使用できるというようなニュアンスでとらえれば良いのだけど、確かにことソフトに関して言えば、「新しい物がでました!」というキャッチにつれられて使用してみると不具合だらけということがこれまでも多かった気がする。立て続けに新しいバージョンに変える途中もしくは導入後に問題がおこると、むやみやたらに食いつかない方が良いと改めて感じるのである。

本日は以前結婚式の司会をやらせていただいご夫妻との夕食会。ついつい自分の娘の話を振られると話が泊まらなくなるのをやめねばと反省。(仕方ないような気もするけど)このご夫妻、元々二人ともアドベンチャーが大好きのようなのだが、新婚旅行に「南アフリカ」にいったとのこと。香港ーヨハネスブルクーケープタウンと移動して、野生のキリン・ライオンそして僕が最も好きな動物「チーター」まで見たとの話を聞き興味津々。触っても良いですよと言われて、飼いならされたチーターなのかと思って触っていたらそのチーターがいきなり鹿の群れに襲いかかり子鹿を捕獲して、さらに目の前で食べ始めた。What a wild world!

いってみたいなアフリカ。いってみたいでしょ?アフリカ。 夕方5時を過ぎたら危険らしいけど。

0 件のコメント: