2008/12/02

4Dの世界

昨日月曜日は、妻と病院へ定期検診。

前回、数時間待たされて空腹とイライラとニコチン欠如にグズってしまった私児玉務33歳-間もなく父親は、本日こそはグズらないようにと若干緊張しておりました。前回、4D(3D映像より凄い感じ)で我が子を見せてくれると興奮していたのに、エコー室にはいると何事もなく白黒のエコーを見せられ「ガックシ」きていたのも、グズった理由の一つです。だから、今宵こっそわとーーー♪言いましたっ♪

「4Dをお願いします。」

まずはエコー。おおー我が子は既に2.5kgだそうだ。おおー顔が見えた。おおーーーー。と感激です。

つづきましてー4D。これは、4Dの専用マシンで見せてくれるのかと思っていたら、エコーの機械で切替えれば出来るようで、なんだか白黒映像から黒と茶色(肌色?)の映像が。

「ふーんカラー表示もできるんだー」と4Dになった事に気づかない二人。(って!ええ?これもう4Dですか!?) なんだか、映像的に表現しにくいけど白黒の方が何となくいい感じ。どうやらかなり高い確率で女の子だとのこと。12月28日が出産予定日だけど、結構早い段階で生まれる可能性もあるみたいです。

さあ臨月。これから、西小山の児玉家は臨戦態勢に入ります。

そういえば・・・・インフルエンザ打ちました?先週さくっと打っておきました。これは、新種がきて感染した時に旧型のウィルス感染ではなく新種に感染したということがいち早く分かるため、やっておいた方が良いようです。僕の場合、薬が使えない妻に感染させない様に打っとけ!と病院に言われて打ちましたけど。

0 件のコメント: