2008/12/27

ちょっとの間の一人暮らし

家族が三人になったのですが、家に一人ぼっち。ここはポジティブに考えて、いっちょ遊びに行こうかと思っても、娘が気になってしまって盛り上がりきれないので何故だか家にいる。いつも妻が実家に戻るとかで一人になるときは「悪巧み」を考えるのであるが、大抵は風邪ひいて家で痺れている事が多いから笑える。

でもやるべき事は考えれば考えるだけ出てくるので、30日の退院に備えて、ボチボチ準備中であります。

娘の方はというと、最初は土偶みたいでその後はガッツ石松でしたが、2日が経過し、むくみもとれて「かわいい」感じです。はい、親ばかですね。

娘の名前を決めました。(というよりも、3ヶ月くらい前に決まっていたけど)

児玉 花奈(こだま はな)

です。児玉家の4代目です。よろしくおねがいしまーす。

2008/12/25

ガッツな一日

深夜0時20分 妻からの電話で陣痛室へ行くとのことで、駆けつけました。

到着は1時5分。すでに、激しい陣痛で病室から陣痛室に入った妻は、その足でまもなく分娩室へ入ったとの報告をうけ、僕も分娩室へ。普段腹から声をださない妻が、おもいっきり腹式呼吸で発声しているではありませんか!すごい。でも辛そう。なにせ力を外に逃がさないといけないので。

カメラをもっていったけど、そんなものの存在はわすれて今出来ることを精一杯やろうと。
出来ることは数少なくて、
その1 妻の唇にリップクリームを塗る
その2 手を握る
その3 応援
位です。

1時20分に看護師さんから一言「ではこれからイキんで産んで行きましょうね」

イキむ事二回。なんだか頭が見えた。とおもったら全部見えた。とおもったら産声が!!!おお、これが産声からとおもったら、さっきまで苦しそうにしていた妻は超笑顔。天使に天女みたい。でも二人とも血まみれ。産みの苦しみとはいうけど、生みの喜びは半端じゃくハッピーハッピーですね。しっかし泣いている暇もないくらいのスピード出産でした。

お陰様で超安産。分娩室にはいってから、5時間とか半日もかかる人もいる中で、妻の頑張りとあかちゃんの頑張りで産気づいてから1時間で産まれました。はや過ぎで、いろいろ分娩用の作業が間に合わなかった位ですが。


・・・・家に戻り一眠りして昼前に病院へ。限られた時間に両親にだけ許される「だっこ」面会。両祖母は窓越しに面会してきました。顔もはっきりしてきましたが、

赤ちゃんルームにいる赤ちゃんは、「みーーーーんなガッツ石松」。僕の娘もガッツな感じです。


自分の娘・息子の写真を待ち受けにしている友人の画像をみて、かわいいなと思いながら「ここまで愛せるのかーーー」と不思議におもっていましたが、今はその気持ちがわかります。夕飯は、本日我が家に宿泊する母と二人で寿司屋へ。ここのおかみさんとは、深夜病院に行くさいに駅であって会話していたので、出産報告もかねて。

色々な方々から、祝福メッセージを頂戴し心温まる思いです。コチラ側からの報告も不十分ではありますが、お許しください。誕生からまだ24時間経っていないというのが信じられない位、長ーーい一日でありました。

親バカですが、二枚程写真を掲載させていただきます。

BABASと娘。(佳子は妻の名前です)

追記)現在26日の12時14分。すごい眠いけど産まれてから24時間を楽しみたくて1時26分まで眠らないでおこうっと。こうして親ばか道が始まるのであった。(エピローグ)

2008/12/24

Happy Birthday!!

本来であれば知人や友人、お世話になった方々へメールや電話でご報告をすべきですが、現在午前4時。
時間が時間ですので取り急ぎのご報告。本日25日、世の中はクリスマスですが、児玉家では神様からの授かり物であります我が娘が午前1:26に2674グラム、47.4センチで生まれました。何はともあれ、妻は無事。そして赤ちゃんも元気に生まれてきてくれました。ありがとう。

写真とか名前とか報告したいのですが、ソレはまた別途。

友人・知人のみなさまには色々なご心配をおかけしましたが、おかげ様で落ち着かないクリスマスイブの後、素晴らしいクリスマスプレゼントを頂きました。有難うございました。陣痛促進剤等も使用していないので、この25日こそが、娘にとって「生まれてよう!」という日だったのかもしれません。

世の中のお母さん同様、妻も一所懸命に頑張りました。そして赤ちゃんも。赤ちゃんは自分が生まれ出る「親」を選び、そしてまた「時期」を選び生まれてくると聞きました。僕と妻を選び、この時期に我が家に誕生してくれて事に感謝して、選んでくれたからには頑張らないと!と思っております。

世の中のお父さんの仲間入りをさせて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。現在4時。無事出産が終わり、妻は病室へ、赤ちゃんも病室へ。そして僕は夜中三時に病院を追い出されました。(笑)

今後ですが、母親以外は父親である僕や祖父母も限られた面会時間に窓越しでの対面となります。まぁ、妻も疲労しているので、退院まではゆっくりさせてやりたいと思います。みなさまへのご挨拶は2009年になりますが、何卒ご了承ください。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー無事で良かったーーーーーーーーーーーーー。

妊娠高血圧症候群を乗り越えろ!

街はクリスマス一色。今年は正直どうでもいい感じであります。(毎年そうかも)パッとしないニュースばかりで世の中は不況といわれていますが、ここ数年ずっと不況の僕にはあまり影響はありません。(好景気でも何の影響もなさそうだけど)

でも今年はまだあと8日残っており、パッとするとかしないとかでなくて人生の中でも大きなイベントが残っています。9日にディズニーランドに遊びに行った時にでた出産の兆しである「おしるし」から2週間。22日の夜に本格的な[おしるしパート2]が出たという報告が!!(9日は単なる遊び過ぎか。)
ところが実は、この22日の検診で妻の血圧がかなり上昇し「軽度の妊娠高血圧症候群の疑いがある」というなんだか意味深な結果がでてしまいました。かつては妊娠中毒症とひとくくりにされていたものです。太り過ぎでも塩分とりすぎでもないのですが、まあ妊婦の1割には妊娠8ヶ月くらいから突然なるものでもあるようです。血圧140越えでこの判定。夜には120へ戻りましたが、不安は不安。

ということで、突然ではありますが病院との相談により急遽24日(本日)朝8:30に入院、25日に出産というスケジュールにて陣痛部屋および分娩室へのステップを踏んで行く事になりました。

この結果をうけまして、いまさらあがいても仕様がない!出産日に向けて二人が23日に出来ることは「二人っきりを満喫」であります。まずは、昼食ゲットのため四川風の激辛麻婆豆腐と担々麺を竹下通り出口付近の「龍の子」へ。ンマーンマーであります。そんでもってとどめに渋谷のフルーツパーラーで「あまおうイチゴパフェ」を満喫。こちらもンマーンマー!でも血圧は120キープ。

十分楽しみましたので、つづきましてはいよいよ入院です。何はともあれ「母子ともに健康」を祈るのみであります。出産報告はまた改めて。

2008/12/18

おい!いつだい?

友人が妊娠した・子供が誕生したという話がここ最近の嬉しいニュースとしてどんどん飛び込んできています。こちらは、いまだ激しい陣痛はきません。僕の腹痛は結構頻繁にあるのだけど、妻に陣痛がこないなー。待ち遠しいな。最初0.5mmだった微生物が10ヶ月かけて生まれてくるなんて神秘です。まだかなー。

最近は、もしかしたらこれは夢であって、妻は便秘でお腹が大きいのではないか?などとアホな事を思ったりもしますが、実際に間違いなく動いている。世の中のお母さん、お母さん予備軍の妊婦さん達の奮闘に頭が下がります。まだかなー。

二人で家でじっと待っていても、天の邪鬼な僕の子供だけに生まれてきてくれなさそうなので、わりと仕事の打ち合わせをいれて外にいる様にしています。妻も積極的に散歩。まだかなー。

世の中の多くの人が不思議に思う事で僕も大変不思議に思っている事があります。それは、分娩に関して。国は生め生めと言うわりには、自然分娩は人間の自然の行為だといって保険は適用外。でも、おなじ出産でも帝王切開だと外科手術となるので保険が適用。区や会社の保険などで出産一時金をいただけるようになり、通院費も負担してもらえるのだけど、なにか腑に落ちません。自然分娩だって、女性の大事な部分を一部切開するのになんでだろうかと。

先日テレビで少子化に歯止めをするのは「今が日本にとってラストチャンス」だといっていました。ベビーブームの第二世代が現在の30代前後で、この世代が次の世代を産み出さないと子供が本当にすくなくなっていくのだとか。ソレを踏まえて街をみると、最近子供が増えている気がします。みんながんばっているんだなー。

いずれにしても、我が娘よ!年内に生まれておくれー。扶養控除は年末のヘッドカウントできまるのだ。まだかなー。 あまり関係ありませんが、我が家の家紋です。「丸に松川菱」といいます。アメフト同期の松平くんの家紋は、松平だけに葵の紋だそうです。


2008/12/16

Home party&The Burn

海外では毎週の様にあちこちのホームパーティーに顔をだしていたけれど、日本に帰ってからはてんでご無沙汰でありました。ホームパーティ自体が少ないのは、東京という住居が狭くて高いという土地柄と居酒屋という素晴らしい場所があるからでしょうかね? 確かに我が家でpartyするとすれば、4人が限界です。

日曜日は、IBM時代の先輩で何かとお世話になっているMr.Itoh宅のクリスマスパーティーに参加してきました。先週はいろいろなイベントがあったのですが、陣痛などの影響でほとんど参加できずにいたのでうれしたのしの日曜日であります。

様々なお料理に舌鼓を打ちつつ、我が家の興味は生後6ヶ月の乳児「拓ちゃん」へ。あやし方や周辺のアイテムなど参考になる情報満載でありました。

あっという間に時は過ぎ気がつけば21時。渋谷から山手線で目黒に向かっているときのこと。外出すると色々な人とばったり会うという話は、このブログでよく登場する話題ですが、恵比寿から僕のいる車両にのってきたスラッとした長髪の男性。

ん? よく見ればFm yokohamaでADをやらせてもらった番組[The Burn]のDJイデさんではありませんか!
なんでも、目黒でおりてADダイマンからカメラをうけとるのだとか。折角だからと天草の自営のホテルを継ぐため帰郷予定のダイマンにも会いました。ちゅーことで、写真をぱちり。

2008/12/12

待ち遠しい

腰の疲労は、背中をこわばらせ、首にいきます。そうすると、肩コリにもつながっていきます。これは、疲れて筋力が弱っている所を補うべくまわりの筋肉を使って行くので疲労の連鎖反応ともいえましょう。しかし、忘れがちなのは足。そもそも腰に負担がかかるのは、ふくらはぎ万太郎がガッチガッチになってしまったからという事が僕の場合は多くあります。

なんでこんな事を書いているかというと、腰がやられています。そのせいで体中から疲労感が漂っております。寝ても寝ても疲れがとれないっつーのは、筋肉が硬直しすぎていて体自体が休まっていなくて眠りも浅いという状況なんであります。だからといって、アフィリエイトみたいにおすすめのビタミン剤がここで登場する訳ではないんですが。

とにもかくにも、昨日の朝妻の陣痛が始まりました。陣痛がはじまってから10分間隔で1時間に6回くるようだったら病院に電話をするというプロセスになっているのですが、昨日は5分間隔で一時間に10回以上。

「よし!あと10分様子見で電話するか?!」「んにゃ!まだまだ」と妻とやりとり。「いくか?」「まだまだー!」。

こちらは、お腹に赤ちゃんがいないもんだから気持ちばっかり高ぶってしまって。。。。結局1時間半程で陣痛がおさまってしまいました。なんだか前駆陣痛とかいうものなのかもしれないという二人の判断。

「まぁ。生まれたくなったらガッツリくるようだから、気長に待ちましょう」という訳で、しばらくは自宅で新たな仕事のプランニングをしつつ妻のお腹に話しかけております。楽しいな!楽しいな!楽しいなったら楽しいな!

2008/12/10

Viva Tiki room!

やっぱりチキルームは最強だ。空いている様にみえるけれど、写真の左手は、長蛇の列。あろは!

新しく出来たディズニーのホテル前にて。ラスベガスのパリスホテルみたいだった。

ZEDは凄い。失敗した演目はもう一度その人間にチャンスを与える。ギリギリの所で頑張る彼らにとって
失敗はつきもので、ようは、その後どのようにリカバリーするかという所なのかもしれない。


2008/12/09

ZEDな月曜日

土曜日は早朝から、日曜日は夜中まで屋外イベントの仕事を頂きやらせてもらいました。イベント全体の新港などを管理する仕事のため、ほぼ一日中外にいたこともあり、とても良い経験をさせてもらいましたが、体は冷えきっており、本日月曜日は全身味わったことのない節々の痛みと共に起床。

友人Mr.Okunoのお心遣いで舞浜にあるディズニーランドに行けることになりました。OkunoとDランドと僕には甘酸っぱい思い出がありまして。実は・・・大学時代に友人からDランドチケットが二枚あるということで、僕がゲットしました。「誰か一緒に行ける人いる?」と素敵な女子との恋愛に期待しながら学食にて声高く発言した時に、二つあるうちの一枚を手にした人が!!この人がナントカちゃんでもナニナニちゃんでもなくMr.Okunoです。体育会のシーズンもオフになり、力を持て余していた二人は、12月22日という恋人達で溢れかえっているDランドを強襲。まわりには、ゲイカップルとささやかれたりしながらも、二人で「it's a small world」で大興奮し、クリスマスツリーの前でツーショットの写真をとったり。なんたって、この日が彼にとっての初Dランドだったのですから。あっ!こんなキモイ話はおいておいて。

とにかく、赤ちゃんが生まれたら当分行けないし、今日はお休みを取ろうということで、善は急げと月曜日午後からDランドいってきました。まだ空いているだろうという我々の読みは甘く、どこもかしこも90から120分待ちの行列です。どのくらい凄いか?

Dランド最強のショー「魅惑のチキルーム」が大行列といえば想像しやすいでしょうか?(いつ行っても、「ただ今すぐ入れマース」という最強のショーだけに)さすがに臨月の妊婦と胎児には乗り物は厳しいということで、3Dのショーをみた後はチュロス片手に散歩。唯一乗ったアトラクションといえば、舞浜駅とディズニーリゾートを結ぶモノレールだけ。でも、あの世界を散歩できるだけでも大興奮です。

この日、前日よりアクションを起こし10月1日から開演されているシルクドソレイルの「ZED」のチケットを予約していました。シルクといえば、べガスの「O」に東京での「ドラリオン」を見て、DVDでは「サルティンバンコ」「アレグリア」「キダム」・・・とみまくり千代子な僕。「ZED」をこんなに早い段階で観に行けるとは思いませんでしたので、ここで大興奮二倍増の2ワクワク。

移動途中に、休憩をとって化粧室へ。すると妻が化粧室から出てきて一言「おしるし(出産の予兆)がでたよ」。本日、午前中の診療で「今週中に生まれる可能性もある」と言われていたところに、早速「おしるし」ですか!?これで、興奮は200倍増の400ワクワク。

「おしるしがー出たでたー」と喜びながら、その勢いで「ZED」ヘ。こちら内容もすばらしいのですが、Okunoからの情報で、休憩中は外でDランドの花火も見ることができるとのこと。実際に冬の花火をみて大興奮2倍増の800ワクワク。んでもって、ZEDを見終わって1000ワクワクに到達しました。この数字が意味不明の方も多いと思いますが、「秀樹感激」の100倍といえば分かり易いですね。はい。

とーっても良い一日でありました。そろそろ僕も父ちゃん的興奮源泉掛け流しか?

2008/12/05

ラクーア前で悩む

外国人旅行客が増えているというニュースが立て続けにあった後は、サブプライム以降の金融なんたらの影響を受けて観光客の数が減少しているというニュースが観光系の情報サイトで大々的に取り上げらる頻度が増える。

何をそんな小さいことに・・・と思います。クリティカルな問題に直面している方もいらっしゃるのでしょうが、まあ増加傾向にあるならもっと長い目でみてもいいじゃあーりませんか。

今日は、縁あって東京都内の様々な交通サービスを提供している会社の役員の方々と打ち合わせ。でも、早めについてしまったので、東京ドーム隣のラクーアのエリアを散策。おもわず、温泉にでもつかってしまおうか、後楽園遊園地で乗り物の一つでも乗ってしまおうか?就職セミナーイベントやっているようだから参加してみようか?などと色々な興味が源泉掛け流しの様に湧いてきてしまいます。

結局カフェでちょいと考え事。1時間あったから、風呂行けたな。

すると一人の外国の方がガラスの向こうのテラスに座りました。手にはガイドブック。おそらく、この辺の観光だと、、、、、、小石川後楽園でしょうか!? 街で見かけると、その人が何に興味を持ってきているのか?とっても気になるのであります。

ページをめくる先にあったのは、やっぱり小石川後楽園。ビンゴ!話しかけようか?と思って時計をみたら、打ち合わせ10分前。

小石川後楽園からちょっと歩くけど、あの辺なら神楽坂に東京五社の東京大神宮もある。おいしいあんみつ屋も。神楽坂生まれの友達もいるな。。。。いっしょに観光したいな。久しぶりに東京を散策したいなと思う一日でした。

2008/12/02

4Dの世界

昨日月曜日は、妻と病院へ定期検診。

前回、数時間待たされて空腹とイライラとニコチン欠如にグズってしまった私児玉務33歳-間もなく父親は、本日こそはグズらないようにと若干緊張しておりました。前回、4D(3D映像より凄い感じ)で我が子を見せてくれると興奮していたのに、エコー室にはいると何事もなく白黒のエコーを見せられ「ガックシ」きていたのも、グズった理由の一つです。だから、今宵こっそわとーーー♪言いましたっ♪

「4Dをお願いします。」

まずはエコー。おおー我が子は既に2.5kgだそうだ。おおー顔が見えた。おおーーーー。と感激です。

つづきましてー4D。これは、4Dの専用マシンで見せてくれるのかと思っていたら、エコーの機械で切替えれば出来るようで、なんだか白黒映像から黒と茶色(肌色?)の映像が。

「ふーんカラー表示もできるんだー」と4Dになった事に気づかない二人。(って!ええ?これもう4Dですか!?) なんだか、映像的に表現しにくいけど白黒の方が何となくいい感じ。どうやらかなり高い確率で女の子だとのこと。12月28日が出産予定日だけど、結構早い段階で生まれる可能性もあるみたいです。

さあ臨月。これから、西小山の児玉家は臨戦態勢に入ります。

そういえば・・・・インフルエンザ打ちました?先週さくっと打っておきました。これは、新種がきて感染した時に旧型のウィルス感染ではなく新種に感染したということがいち早く分かるため、やっておいた方が良いようです。僕の場合、薬が使えない妻に感染させない様に打っとけ!と病院に言われて打ちましたけど。

2008/12/01

みなとみらいにて

縁は異なもの味なものといいますけどね、偶然会うにしてはタイミングが良過ぎるってーことが結構あります。この前も、銀座で知人が集まるっていうので日比谷で下車して、日比谷シャンテ近くの出口を出たらば、ばったり高校時代から知っている女友達にあいました。この方とは、以前溜池山王のエスカレーターの上下すれ違いでばったりあったり、花見に千鳥が淵に行った時にも、出口でバッタリあっています。

さて本題。先週の土曜日は、横浜のみなとみらいでイベントのお仕事。

イベント全体統括として朝から動いていたら、さすがに外の仕事だけに,寒くてトイレも近くなるってもんです。んでもって、トイレへ。みなとみらいは広いですから、トイレも沢山あります。さてさて、用も足したのでと出て行くと、そこですれ違う一人の女性。ーーーー!!!

「きむかおーーー!」「こだまくん!!」彼女は、IBM時代の同期。現在は、某vaioの会社で働いているようで、その日みなとみらいでイベントをやっていたとのこと。お互いイベントの最中なので、ゆっくり会話もできないまま名刺交換で終了。

楽しい仕事は時が経つのも早く感じます。イベントも後半にさしかかった所で、ふと会場の片隅に目をやると・・・・・

「よこいさーーん!」「おお!」 Fm yakohamaのThe BurnのADをやらせて頂いた時にお世話になったプロデューサーが! なんでも、某vaioのイベントで番組の公開生放送をやっているとのこと。

世の中って狭いなーと何度も思いますが、この日は世の中が更に狭くなったと感じた時間でした。お陰様で、イベントも無事終了。雨が降らなくてよかったよかった。