2008/11/23

東京VS阿蘇のカルデラ

カルデラは凄い。かつて地理で勉強をしたけど、噴火した後に水がたまり池になったという間違った理解しかしていませんでした。改めて知るとそれは、とてつもない何十万年前からの活動の結果なのでありました。阿蘇のカルデラを含む一帯の大きさはどの位かというと、東京都23区と同じと言われています。大きいですね。阿蘇山を中心にまわりを囲むようにして通る道路はさしずめ山手線というところでしょうか?

最終日は、熊本空港に車を乗り捨てるまで阿蘇山ー弊立神宮ー阿蘇神社ー米塚ー杉養蜂園という大自然を感じるのと蜂蜜の旅であります。

弊立神宮は、阿蘇エリアから右下45度へ30km程。そこから、高千穂へは30分程でつくそうです。この神宮には聞いた話では、世界的に有名な大富豪もわざわざ海外から訪れるらしく、それは紙幣の弊を立てるというこの神社の名前からなのか、神が降り立った場所だといわれているのからなのか理由は分かりません。ただ観光で訪れるには、市内からすぐという場所ではないので、目的があるのでしょう。いずれにしても、とても気持ちのいい場所です。

一度は訪れてみたかった養蜂園。蜂がブンブンいるのをみてみたいなと思いましたが、今は冬。訪れた養蜂園に蜂はいなく、温かい場所に移されているのだそうです。ここで、蜂の巣からダイレクトに蜂蜜を食べるという嬉しい体験をさせてもらいました。蜂が作った巣(蝋でできている)も一緒に食べちゃったりして、一所懸命女王蜂のために花から集めた蜜を、人間が横取り40万的に奪うのは悲しいな、でも美味しいな。という複雑な気持ちになります。しかし、蜂は本当に凄いですね。頑張り屋です。学ぶ事だらけです。


今回熊本市内はほとんど見ていません。熊本の良さはこの他にも沢山あるのでしょうが、今回はこれでおしまい。阿蘇山の火口を見る事ができなかったので、又行く事にします。次は、家族3人でですね。 

0 件のコメント: