2008/11/03

Go!Go! 鳥豚!

水平線の彼方にはあっあああー。

先日、友人と新たなプランの話をするため、というか、久々にのみにでも行こうかい!という事で恵比寿へ。恵比寿というと別の友人チノヌ・リーブスこと、食いしん坊Mr.Chinoが働く場所。彼に聞けば、美味い喰い処が「大抵」わかる、歩く「ぐるなび」だ。

さっそく彼にテレフォンして、「恵比寿」で「やきとり」で「今井屋以外」 というキーワードを伝えた所、4つ程出てきた。ということで、その中の1つに足を運ぶ。昭和の時代の匂いがする素敵なお店ですが、「21:30閉店」と早過ぎる閉店のため却下。2つ目のお店があるであろう地域に行っても、それらしきものが見当たらずに、ネットで検索してそのお店の別店舗へ。赤提灯がならび「やきとり」の文字が見えてきました。ー活気もあるしいいねー。決めた!

っちゅうわけで入り、まずは一杯。(お酒は得意でないけど)んでもって、串を注文。

「んじゃ、ねぎまを2本」

ーすいません、今日ねぎま終了しました。

ええええ!!(ねぎま終了って、どっちが終了なの?ねぎ?とり? まだ20:00ですけど。)

ーすいませんね。あと、うちは全部豚なんで。

あっそうですか。(って、えー!豚ですか?だってメニュー「やきとり」って思いっきり)
豚なら「やきとん」じゃなのか?

と、まぁ「カニ専門店」にいって「中をほじくったら、すべてカニカマだった。。。」的な残念さの中ではありましたが、ブレインストーミングをすることができ、僕の頭も随分と整理する事ができました。

このブログを締めくくろうと思ったけど、気になって調べてみました。関東では昔から「やきとり」の場合、豚の内蔵肉を調理する事が多いんですって!!つまり、老舗のやきとり屋さんでは、「やきとり」=「やきとん」という場合もあると。お酒のみなら知ってて当然かもしれませんが、あまり元祖居酒屋風のお店に足を運ぶ機会の少ない僕にとっては、これまた先日に引き続きショッキングピンクでありました。

僕は、豚串嫌いっす。

2 件のコメント:

satoshi さんのコメント...

現在、豚肉アレルギーのため一切食べられず。

Kodaman さんのコメント...

Satoshiさんコメント有難うございます。豚肉のアレルギーというのがあるんですね。まぁ僕もチョコとナッツのアレルギーですけれど。「やきとり」の看板には気をつけないと!