2008/10/30

何はともあれ基礎代謝

IBM BigBlueの元チームメートで「かつ」という後輩がいる。この左側のlinkの「カツが勝つまで」が彼のブログだ。ハワイに行くぞと決めた翌日から二人でハワイに行ったり、米国のアリーナフットボールでプレイしたりとかなり凄い奴なのだが、何年か前に「脳髄液減少症」であることが発覚して以降、現役からは遠のいている。最近は徐々に回復してきているようで、大阪で起業したのだそうだ。細かい事は今度東京に来た時にきいてみよう。

「トレーニング=かつ」という頭があるので、先日から始めたダイエットの方法について少し教えを乞うた。

これ以降は、筋肉と正面から向かい合っているアスリートの皆さんには「釈迦に説法」でしょうが、元アスリートの僕には目から鱗でした。(笑)

基礎代謝が大事だ。色々調べたが細かいし、わかりづらいので「かつ」からとの会話でわかり易く説明。

か:「つとむくん。運動でダイエットするなら、基礎代謝を活発にすることで効果はグーーーンと上がるぞ。」

僕:「基礎代謝ってなんだ?」

か:「話すと長いから省くが、お相撲さんは代謝を落として太らせるだろ?」

僕:「だな。」

か:「一日二回がっつり食事をすると代謝は悪くなる。だから太る。」

僕:「つまり、、、やせるなら逆をやれと」

か:「だな。ていうかさ、あなた元フットボール選手でしょ?(笑)」

僕:「すいません。筋トレは未知の世界なので。まぁつまり、細かく食事すればいいのか?」

か:「そう!朝食を必ず摂取して、昼と夜は腹七分位。んでもって間食でなんか栄養を摂取だ。」

僕:「それはつまり、最近でいうところのSoyjoyだな。」

か:「まぁ、Soyjoyだな。それでいい。」

僕:「それだけ、いつもいつも食べていたら太るじゃん。」

か:「いや、こうやって常に少量でも栄養を摂取し続ける事で、体は常時熱をもつんだよ。これが、代謝がいいってことよ。」

僕:「そうか、熱をもちやすくすれば、運動した時に脂肪燃焼も効果的にいけちゃうってことになる訳か?」

か:「そうだ。」

僕:「へぇー、やってみるよ。ところで、最近までアイス喰いまくっているのよね。これが太った原因かと。」

か:「あーわかる。俺も甘いの嫌いだったのに、最近よく食べちゃうんだよ。」

僕:「やばいぞ。あれクリティカルヒットだ。時にハーゲンダッツのメープルクッキー。あれは美味すぎる」

か:「あー。名前だけで美味いのわかるわ。Soyjoyにしなさい。」

とまあ、アホな会話が延々とつづくのでこの辺でやめるけど、彼にいわれた通りに実行したら、御陰様で腹が凹んできました。一応現在2.5kg減なのでもうちょっとですね。ーーーやはり食事療法だけでなく、運動も適度にしないとね。お陰で精神衛生もとっても良いです。

0 件のコメント: