2008/09/15

出た!原因不明

「おっ!この痛みは尿管結石だ!」という痛みがどうしようもない時は病院にいきましょう。

実は、この1つ前の日記を書いた金曜日の夜から激痛におそわれまして、翌日土曜日に家から徒歩10分にある昭和大学病院に行ってきました。大学病院は本当に長い。京都のお店にも似た、一見さんには厳しい場所である。

30分待って検尿、レントゲン。その2時間後に最初の診断。「異常ないですが、採血して検査しましょう。」ー「だったら、最初に採血してくれよ!」

採血から1時間。


8:45に行き、13:30の最終的な診断で「どこにも異常なし」。病院の先生の言う事には、
「ただ、異常ないといってもCTなどを撮る事をすすめますよ。」

この尿管結石的痛みの時に、何度か行っていつもいわれるこの精密検査。

内心「こちとら、激痛できてんだ!検査のために1週間先を予約しろだー?んじゃ今の激痛はどうすんだってんで、飴でもなめて寝とけってか?」と思う。だって、一週間後には痛みはなくなるんだから。

今回も、「腎臓にも胆のうにも異常がない。あー良かった!でも痛い。」という感覚を1万円で購入しただけで終了。

我慢できなくなったら痛み止め飲んで、さあ行こう!明日から平泉見学だ。

この場合、疲れと脂っこい食べ物、珈琲の大量摂取による腎臓の疲れだと思う。ごめんね右の腎臓君。

0 件のコメント: