2008/09/29

耳鼻科でガス!

東北ツアーを牛タンの名店「利休」の「極」コースで締めくくった後、早くも2週間程が経とうとしています。3日にいっぺんブログを書くようなスケジュールだとこうなってしまいますね。しかし、東北は思いのほか近いし、温泉の泉質、旬の食材、風景など関西方面に行くのとは又ひと味違う日本を見る事ができる素敵な旅行でした。たかだか2泊3日でも興味次第で展開が可能なので、次は花巻!次は乳頭温泉だ!いや、小岩井農場で牛乳をのむぞ!と楽しみが増えました。

さて、東北旅行記を書いている間にも、時には仕事として、時には遊びで色々な体験させてもらいましたので、友人、知人の皆様への報告も兼ねて諸々書き連ねようと思います。

僕は、古文の中でも「平家物語」は結構好きで、「祇園精舎の...」はいまだに暗唱できます。そんななか、某右脳教育のためのCD制作の関係から、この平家物語のナレーションを頼まれ収録する機会をいただきました。やっぱり古文は面白いですね。ず、ざら、ず、ざり、ず、ぬ、ざり、ね、ざれ、ざれ。。。打消の助動詞「ず」の已然形!とか昔よくやりましたね。 活用表みつけましたので、懐かしんでちょうだい!

先週22日には、妻と病院へ。お腹の赤ちゃんを「4D」の超立体で見る事ができると興奮気味にいきましたが、連れて行かれた場所には、なんとなく普通の、、、というよりも尿管結石の検査でもみた「エコー」が。・・・おいおい、4Dじゃないのか?・・・・ 見せられた映像は、4Dではなく白黒のエコーでした。が、お腹の中の胎児を初めて見た感想は「おっ!宇宙人か? いや!おおおおおおおわが子よ!オロロンオロロン」でした。高い確実で女の子だそうです。スーパー足が速い子になり予感。

スーパーつながりではありませんが、翌日23日は昨年もいただきました「スーパー陸上」のお仕事。昨年はタイソン・ゲイ選手にインタビューさせてもらいましたが、今回はウサイン・ボルト選手他外国人選手へのインタビュー。それよりも、びっくりしたのはIBM Bigblueのチアがなんとイベントサポーターとして参加していた事。彼女達だけでなく、Xリーグのチアがなんと100人! なんだか、縁を感じてしまいますなぁ。友人のORIが気づいて手を振ってくれました。嬉しいなー。その成果物「海外選手コメント」は、良かったら読んでやってください。ー>http://super-meet.com/   のトップ画像下部。

これから秋-スポーツのシーズン到来です。運動会への声がけもいくつかいただいており、元アスリートとしては少しトレーニングをしようかと。。。ってなわけで、五反田のティップネスに会員登録しました。
この1年半の運動不足を解消すべく、しばらく通うつもりです。今日から行くぞ!とおもって張り切っていましたが、

1.耳の掃除のやりすぎで「外耳炎」
2.鼻毛の整備のし過ぎで「風邪」になってしまい、

耳鼻科でガスを吸ってきました。あれが一番効果的ね。。。ジムには今週末から通います。目指せ100m 10秒台!

2008/09/26

日本三景:松島ぁー

岩手の大地震。タクシーの運転手さんのいうことにゃ、現在でも平泉では多くの道路で亀裂が入ったまま補修作業が間に合っていないといのことでした。-ブラウン管の向こうの映像は、他人事ではない。しかし、観光客の増減と地震との関係についてはまだ分からないのだと。というのも、秋の紅葉シーズンが一番の盛り上がりを見せるのだからだそうです。

朝早くに、宿泊先の「そば庵しづか亭」を離れて、仙台。そこから、ローカル線で日本三景の一つ「松島」へ。仙台までは、一ノ関から新幹線で30分、松島までは30分程で到着します。

今東北ではプロモーションの一環で4つのお寺を巡る旅の提案をしているようです。中尊寺に毛越寺(平泉)そして、松島にある瑞巌寺、最後に山寺の名前で有名な山形の立石寺。ってなわけで、瑞巌寺へ。

ここには以前子供の頃に訪れている...ようだ。 母から聞いたのだが、当時仙台旅行にいったものの、お寺巡りに飽き飽きしてしまった児玉兄弟。瑞巌寺に行った際には「お寺はもうごめんだ!」と中を見ずに、紐に結びつけられている沢山のおみくじを二人でほどいていたんだそうだ。そのあと、「この作業を一人でやるのは毎回大変なので、二人が手伝ってくれてとても助かりました」とお寺の方にお礼を言われたという。
ーーーまったく覚えていない。

だから、新たな気持ちで瑞巌寺をみてまわろうと・・・。大人になって初めて価値がわかる事は沢山ありますね。400年の間、火事などの被害も無く残っているこのお寺の中は素晴らしい装飾が施されております。しかし、近々に大改修工事を予定しており、始まったら10年間はかかるんですと。(みたい方は今のうちもしくは10年後のお楽しみ)

 
ローカルのおいしい飯処は地元の人に教えてもらおう!ということで、仙台で頑張るITベンチャ- K sound designの原社長にいくつか教えて頂きました。その中で、小堀遠州のお庭と美味しいお食事が楽しめるということで瑞巌寺横円通院に併設されている「雲外」へ。視覚、嗅覚、味覚、感覚を同時に気持ちよくしてくれるこのお店。旬の食材を楽しんで「やっぱり日本人でよかった!」と思うこの一瞬。最高です。(妻も同じような事を書いていたな。)

この日は仙台の奥座敷-秋保温泉へ。迎えのバスに乗り遅れたら大変!急いで仙台駅に戻らねば! 松島の修学旅行生に交わりながら、海沿いを歩いて、松島海岸駅から仙台駅へ。水戸屋など部屋に温泉がある旅館はかなり値段がお高いので、今回は貸切風呂がある旅館「華乃湯」さんへ宿泊。ナトリウム塩化物泉の源泉掛け流しの貸切風呂で夫婦仲良くチャプチャプとつかる。


二人での旅もこれで最後かー。

2008/09/21

金色に輝くお堂

天台宗の東北エリアの総本山といわれる中尊寺には、観光巡回バスにのれば平泉駅から毛越寺を経由し7分程で到着する。そこから月見坂とよばれる結構厳しい砂利の坂をのぼっていきながら、大自然の空気を思いっきり体に、目には緑を取り入れ、本当に五感を刺激する気持ちのよい参道です。


途中、目のお寺に立ち寄ります。目!目!目! ちょっと気持ち悪けれど、ご利益にあやかりたいと目が悪い祖母にお守りを買いました。

そして中尊寺でお参りをしたらいよいよ金色堂へ。天気が良かったので、金色堂を覆うお堂の屋根も金色に輝いているようでした。昭和の大修理により完全に復元された金色堂は、ガラス張りで保護され、さらにその外をお堂で覆われています。妻の日記にもあるように別の場所にて映像で復元作業の当時の様子をみましたが、すべて解体して当時の金箔の製法や漆の塗り方までこだわり、細部まで機械を使用して分析。今の機械と大きく違いますから、分析は困難を極めたようですが、見事復元する様はさすが「匠」の国のなせる技と言えます。 本当に金ぴかで、圧倒されます。

昔は、神仏習合だったのでこの中尊寺にも白山神社と呼ばれる能の舞台のある神社があります。ここでは、偶然にも能を拝見する事ができました。
さてさて、児玉一行は源義経が亡くなったといわれる「高館」をみた後奥州藤原の二代目基「毛越寺」へ。
このお寺には、後の日本庭園でみられる「枯山水」の基などがみられ、広い敷地の中にある庭園は極楽浄土を表現したといいます(隣で地元のボランティアガイドの方がおっしゃっていました)。

平泉では、これから観光のシーズンで紅葉になってきていました。
あーもう秋だねー。
初日は、「前沢牛」をたらふく食べて、アルカリ性の温泉にはいって爆睡。
人里を少し離れた場所にある旅館への途中、昔も今も変わらぬ「田園風景」を目に焼き付けておきました。こればかりは、カメラよりも目に焼き付けねばと思い、写真を撮るのをやめてしまったのです。コンクリートジャングルで育った木には、ある意味幻想的でさえありました。

久々のご飯+温泉付きの旅館に泊まる体験。素泊まりで宿泊コストを抑え、外食でガッツリ地元の産物を食べるという旅の方法もいいですが、時にはこういう時間が決まっている旅も日本の楽しみ方だなと改めて感じております。

2008/09/17

平泉-歴史ある街

「安土桃山時代」、「江戸時代末期から明治維新」歴史好きでなくても、この辺りの時代の話はテレビでも漫画でも取り上げられて何とはなしに知っている。歴史関連のゲームが好きだと歴史の流れをしらなくても、人物はわかるでしょう。そして「源平の合戦」といえば、源頼朝に義経、平清盛に那須与一などという主要人物が頭に浮かんできます。しかし、「奥州藤原三代」といわれると、何時代に誰とどう絡んでくるのか?明確ではありませんでした。

そんな僕の疑問はおいておいて、国は今年7月の世界遺産登録に向けて(結果登録にはなりませんでしたが)奥州の「平泉」を長年かけて準備してきました。そんな平泉が人でごった返す前にみておこう!が今回の旅の目的。妻とお腹の子と3人でリュック1つに荷物をまとめ、まず向かったのは平泉。

東京から2時間強。平泉に行くために、まずは一ノ関へ。ここからワンマン電車に乗り換えて8分で平泉に着きます。(でも一ノ関からの電車の本数が少ないので気をつけてください。)この間、夫婦揃って東北について予習。

時は鎌倉時代の1つ前である、平安時代末期。今から1000年前のお話。東北でおこる源氏と安倍氏との戦い。これは現在「前九年の役」を言われています。ここで、安倍側について負けてしまうが、相手側の清原家に母親が嫁いだことで救われるのが、のちの藤原清衡。しかーし、嫁いだ先の清原家では血縁問題で大モメ。(後三年の役)
清衡に、家衡に真衡。みんな「衡」がつくので大混乱ですが、最後に生き残ったのは清衡。国から、いまでいう岩手南西部から盛岡くらいまでの統治を任されます。それが、奥州藤原家の物語のはじまりはじまりー・・・


「児玉家のルーツは福島にあり。」以前家族からこう聞かされました。
そして、別の時に誰かがー
「縄文人は北から、弥生人は南から日本に入ってきた。だから関東以北の出身の人は、北にいくと何となく自分のルーツがここにあると感じて、ホッとするんだってさ。」と言っていました。(なんの確証もないけどそんな話もありかもと思っています)


まずは、この平泉を都にした藤原三代の一代目 藤原清衡ゆかりの「中尊寺」へ。
名前通りに金色に輝いているのだろうか?金色堂を観に行ってきます。


平泉の駅を出た所でぱちり。おっ!右から観光巡回バスが!

2008/09/15

出た!原因不明

「おっ!この痛みは尿管結石だ!」という痛みがどうしようもない時は病院にいきましょう。

実は、この1つ前の日記を書いた金曜日の夜から激痛におそわれまして、翌日土曜日に家から徒歩10分にある昭和大学病院に行ってきました。大学病院は本当に長い。京都のお店にも似た、一見さんには厳しい場所である。

30分待って検尿、レントゲン。その2時間後に最初の診断。「異常ないですが、採血して検査しましょう。」ー「だったら、最初に採血してくれよ!」

採血から1時間。


8:45に行き、13:30の最終的な診断で「どこにも異常なし」。病院の先生の言う事には、
「ただ、異常ないといってもCTなどを撮る事をすすめますよ。」

この尿管結石的痛みの時に、何度か行っていつもいわれるこの精密検査。

内心「こちとら、激痛できてんだ!検査のために1週間先を予約しろだー?んじゃ今の激痛はどうすんだってんで、飴でもなめて寝とけってか?」と思う。だって、一週間後には痛みはなくなるんだから。

今回も、「腎臓にも胆のうにも異常がない。あー良かった!でも痛い。」という感覚を1万円で購入しただけで終了。

我慢できなくなったら痛み止め飲んで、さあ行こう!明日から平泉見学だ。

この場合、疲れと脂っこい食べ物、珈琲の大量摂取による腎臓の疲れだと思う。ごめんね右の腎臓君。

2008/09/12

コーヒー スコッチ マーメイド!

「コーヒースコッチマーメイド♪」ーMC-ATの歌でありました。

珈琲は僕がこれまでの人生で飲んだドリンクの中で、水よりも多いと思います。

孔子曰く いやさ 母曰く「珈琲の飲み過ぎで、体が臭くなる」ーーーまじ?医学的な証明はないようですが、決まってそういわれます。

珈琲を飲む人はガンになりにくいとか新聞記事にでていますよね。でも、ガンにはならないけど、飲み過ぎは腎臓をいためます。とくに、結石持ちのあなた!気をつけてくださいね。

珈琲にはシュウ酸君がたくさんいまして、このシュウ君は結石の構成要素としてとても高いのであります。
ーと知りながらも、尿管結石10回を誇る僕は、いまでも大好きだから困っちゃう。それこそ、リンダこまっちゃうアゲインです。

何で突然こんな事を書いているかと申しますと、昨日夕食にラーメンを食べた後、カフェに行きました。そこのカフェときたら、中くらいの珈琲カップとそのカップで4杯は飲めるだろうという位の珈琲をもってきてくれます。これがまた濃いのよねー。気がつけば、お代わりまで持ってきてくれちゃいました。おそらく、8杯はのんだでしょうか。

嬉しい反面、おかげで、昨日の夜は目はぱっちり開き、朝方まで眠れず。朝起きれば、腎臓がいたい。先日も、マッサージ(正当派)で腎臓が疲れていますと言われたばかりなのに。

珈琲のせいでしょうが、お陰で本日12日は尿管結石が出た3日目くらいの鈍痛。もうしばらく珈琲はのまないようにしようと思っているのに、このパソコンの横には空いているコーヒー缶が!のんじまっただ。


孟子いやさ母いわく「コーヒーは一日マックス2杯」。

今週の標語「守ろう二杯。なくそう臭い」

2008/09/10

いくぞ東北!

日本国が好きです。2年前くらいから気になって仕方が無い場所ー東北。

宮沢賢治に松尾芭蕉、伊達政宗公に恐山。世界遺産には選ばれなかったけど、素晴らしいであろう平泉。

ということで、お腹に7ヶ月の子供を抱えるのに単独ニューヨークに行く計画をした「妻」とともにいつものバックパッカー的旅行ではなく、「まったーり温泉とゆっくり観光」を念頭に週明けに、東北にいくことにしました。

第1優先は 「母体の健康と負担をかけないこと」であります。この際、恐山への興味は捨て去りました。

とはいえ、東北の知識があまりない。山寺に行った事はあっても、あれは山形県。だからとネットを調べても、ホテル・旅館の口コミ情報はあっちこっちにすこしづつ点在し、観光協会のWEBサイトは昭和の匂いがする程古く、中々欲しい情報に辿り着けません。こりゃ外国人ならもっと困るわな。

乳頭温泉に花巻、平泉に仙台、気仙沼に恐山。もうばっらばら。。。。リンダこまっちゃう。

3時間程ネットと地図を片手に格闘をした結果、2泊3日で平泉(岩手)と秋保温泉(宮城)にいってきます。
秋保温泉は仙台を経由するので、うまくいけば日本三景の1つ「松島」でゆっくりできちゃうかも。

平泉/仙台でおいしいお店を知っている方がいれば、是非に教えてくださいませ。

2008/09/09

いよいよ開幕!Xリーグ

あのですね、僕は16Xcmで54kgしかなかったのですが、一応アメフトをやっていた事もありました。今は、Xリーグというトップリーグにいる「IBM Bigblue」という勢いのあるチームで、かれこれ5年前まで。

僕の代には、千葉や青学、同志社から頭の賢い3人、法政から3人(ぴろし、まこと、おしげ)、中央から1人(ウエポン)そして立教の最もアホな僕という8人がいましたが、それも3年前くらいに皆引退してしまいました。最も不真面目な学年だったと言われていたような・・・

僕は現在34歳ですが、何人かの諸先輩方は今でも第一線で馬のように走ったり、郷ひろみに似ていたりします。後輩でも、五右衛門とかキャラクターの濃い選手が頑張っています。

そんな、とっても陽気で頑張り屋の選手がいる「Bigblue」が10日いよいよ東京ドームで秋のシーズン開幕戦を迎えるとのことです。なんでも、対戦相手のシーガルズと一緒になって、「東京ドーム1万人プロジェクト」を進行中で、結構色々なイベントが準備されているようであります。

19:00 Kick off@東京ドーム

僕は重要なMeetingで参加できませんが、心から応援しています。本当に観に行きたい。。。
Go Bigblue! うまさん・ゴエがんばれ! あと、チアも大注目ですぞ。

localの祭りはいいもんだねー

ここ最近、傘が増えて困っています。晴れていると、夕方雨が降ると言われていても傘を持ち歩きたくないもので、スコールに悩まされているのは僕だけではないでしょう。となりの家にも、ビニール傘が増えていますからね。

5月に入ると、東京ではお祭りが始まりますが、山手線から外に行けば行く程、9月以降で祭りがあっていい感じです。我が街西小山・武蔵小山でも昨日日曜日にお祭りがありました。幾つかの神社と町内会が合わさっての結構大きなお祭りです。

ローカルのお祭りは、あまり外からそのお祭りを見に来る人は多くなく、割と空いているけど、地元の人で賑やかというアットホームな感じが最高です。一番店が出るのは僕の家の近くの神社ですが、とはいえその数は、15店くらい。

でも十分。

あんず飴+じゃんけん、お好み焼き、いかげそ、フランクフルトを食べて金魚すくいとスーパーボウルすくいをみて、神輿と並んで歩けば、気分は[Enjoy お祭り]です。カタヌキを楽しんでいる子供達をみると、いつの時代も変わらないなと感じます。

かつて住んでいた実家の近くの「奥沢神社」。ここのお祭りに行くのが、一年に一度来る物凄い楽しいイベントでした。おそらく、昨日楽しんだお祭りくらいの規模だろうけど、小さかった僕には、小さい敷地内に迷路のように立ちならんだお店の数が30店舗以上に感じられました。実際は15位だったんでしょうけど。すごい感激する程美味しいとはいえないちょっとした食べ物でも、祭り気分が盛り上げてくれます。

外国人が日本にやってきた時、三社祭や日枝神社の例大祭などのビッグイベントではなく、こういうローカルなお祭りなんかをみにきたらどのようにうつるのか?すごい興味があります。こういう情報は中々出ていないでしょうけど。

2008/09/05

801件目

このブログを書いてから、これで801件目。

毎日書いていないけど、結構溜まるもんですね。いよいよこのブログも6年目に突入です。

このまま皆がブログを書き続けると、数十年後には「ブログでつづった生涯」みたいに
亡くなった時に製本されるサービスとか始まりそう。

えーーーーーーーーっと、、、、今もの凄く「空が飛びたい」です。

実は、先週わが家に米国のTVドラマシリーズ「HEROES」のDVDがネットレンタルから届きまして。
夫婦でどっぷりハマってしまいました。
ジャッキーやジェットを観た後に「アチョー」とカンフーごっこをやるのと同様、わが家ではDVD全巻を見終わった現在、「HEROES」の中で能力を持たないが主役級の日本人「アンドウ君」の真似が流行りつつあります。

僕は空が飛びたい。きっと、見る人によって「欲しい能力」は違うのでしょう。でも、「人の心の声がきこえる」能力だけはいらないです。うるさくて仕様がない。

2008/09/01

バカは風邪ひく

「バカは風邪ひかない」というけどひきます。

バカだから、雨が降るってーのに、傘をもたずに75%の確実でずぶ濡れ。夜冷え込むっていうのに、今暑いからって裸で過ごす。そもそも「バカは風邪ひかない」と思っているから、ひくのでしょうね。

本日月曜日、朝起きたら 咽に激痛プラスめちゃくちゃ寒い。まさにサムソナイトでありました。

金曜日、編集長のマークさんがめちゃくちゃ風邪をひいていて、それをもらったのもあるのでしょうが、潜伏期間3日。いよいよ久々にガツンときています。d

とっとと治さないと。妊婦は基本風邪薬が飲めないから、妻にうつるのだけは避けねば。気合いと睡眠で治します。

皆様も、季節の変わり目のこの時期、お気をつけ下さい。  うーーさぶい。