2008/07/17

児玉だけに木霊

この前家の外で「やっほー、やっほー」と子供(大介君とでも名付けましょう)が叫んでいました。そこでお母さんが一言。
「やめなさい!そんなこと叫んだって、何もかえってくる訳無いでしょ!」とうるさがって少しイライラ。

そこで、ちょうど外出する所だったので、部屋をでてから「よっほーーーーー。よっほーーー」と小さく低い声で返事をしたところ・・・・・

「あっ!お母さん  帰ってきたよ!!! やっほーーーだってさ!」

どこかで大介君大興奮。お母さんは聞き逃したらしいですね。反応いまいちです。
そこで、大介君はさらに繰り返し「やっほーー!」と叫んできました。

だから、「やっほほーーーーい!やっほっほーーーい!」とちょっと大きな声で言うと、
もう大介君は超ハイテンションです。今度はお母さんもきこえたらしく、「あら誰かしら?」と不思議そうな声。大介君は絶好調になってしまい、さらに繰り返し言ってくるので、

「やっほーーーーーーーーーーー!」と1人ハウリングさせながら、アパート1階まで降りて行きましたとさ。

いやー大介君は純粋だなと思う反面、アパート中にきこえるくらいに叫んでいた自分が後々恥ずかしくなりました。  ってこのブログ「やっほー」しか書いていない気がします。
児玉務 33歳 まだまだ現役の子供には負けていられません。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

???・・・、やっほー・・・

Kodaman さんのコメント...

やっほっほーーい。