2008/06/04

米国ブロガーがやってきた−2

早くも先週の話のなってしまっています。月日が経つのは早いものですね。今僕はITベンチャーのカンファレンスとしては国内最大の「インフィニティベンチャ—サミット2008」の運営をお手伝いさせてもらいに札幌に来ております。札幌の某ホテルにて明日からの2日間びっちり皆様をおもてなし(というか楽しみます!。)

さあさあ本題。浅草から六本木で締めくくった前日がインプットなら、この日はアウトプットの日となりました。午前中に経産省の方々とミーティングをした後は、サイボウズラボにて日本のITテクノロジーベンチャーのプレゼンテーション(もちろん英語)とブロガーの方々からの質問などで午後をまるまる使います。僕は午後からの参加。といっても、プレゼンを後ろで聞いたり扉を開けたり。外は雨。Lunarrの高須賀さんと濱口さんの配慮で実現し、米国ブロガーとテック系ベンチャーとのディスカッションは米国と日本の市場の違いや、フォーカスエリアの違いなども明確に現れとても意味深い内容となりました。

その情熱のディスカッションの後は、ガレージを借りてビジネスをしているベンチャー「リネン」社にお邪魔させて頂き、そこから「これぞ日本!」の庶民派スタンダードを体感すべく酒屋へ。「こんな雰囲気を求めていたんだよ!」と語るブロガーのトムとボブ。話は、「four hours work day」という昨年アメリカで話題になった本の考え方について盛り上がりをみせます。

帰り際にマーシャルとクリステンが一言「こだまんは明日は朝から参加してくれるの?」
何と嬉しいお言葉でしょうか。「当然ですよ! Why not?」という事で、その3へと続きます。

と書いている内に嬉しいニュースが! 米国でも3本の指に入る凄いブロガーのトムさんが、「シリコンバレーウォッチャー」という彼のメディアで僕について少し触れてくれました。
それがコチラ。
(日本でインタビューされた事も無いのに・・・嬉しいですね。)

0 件のコメント: