2008/05/26

洋食ざんまい

B級グルメが大好きだ。B級という割には、洋食というカテゴリーは老舗も多く値段も割と高い。先週金曜日に久々に行った五反田のグリルエフ。・・・最高でした。

洋食という物を英語で表現したいなと思うのだけど、Europian foodだのWestern style dishといった期待にそぐわない訳が多くて、何と表現すればいいかわからん。僕的には、「海外から入ってきて日本スタイルに変わり、今では日本を代表するまでになった食事」である。

・子牛のカツレツ おー
・ビーフシチュー おおー
・オムレツ そうね!
・かにクリームコロッケ そうきたか!
・えびふりゃー タルタル!
・ミンチドカツ(つまりメンチカツ) 肉汁ね!
・カツサンド 最高!

何と素敵なサウンドでしょうか。お腹がすいてきます。

レストラン山形(友人の家族がやっている)、松栄亭、グリルエフ(友人のオフィスの近く)、佐久良、アリゾナキッチン(友人の家族がやっている)、あずま、煉瓦亭、、、これ以外にも訪れた場所は数多く、今後も攻めたいお店は沢山ある。

あれ、、、何を書きたいのか忘れた。。。

とにかく、老舗の洋食屋さんで年配のご夫妻が幸せそうに食べている姿をみかけると、僕も何十年後かに、シルクハットにステッキなんかを持って、こぎれいな括弧で妻と「かにクリームコロッケ」を食べたいな、と思うのでありました。

ちなみにグリルエフのかにコロッケはソース無しでそのまま食べます。(これがまたいい味してんだ!)

0 件のコメント: