2008/05/27

焼鳥ボンジョビ

僕がいま一緒に仕事をしている、マンチェスター出身のMarkさんは焼き鳥の「ぼんじり」を「ボンジョビ」と覚えてしまった。

先週末から、WEBマスターになるために[wordpress]やら[HTML]やらインターネット絡みの事に没頭しております。自分のウェブサイトにWordpressをダウンロードして、インストールして、PHPやらHTMLという言語で調整をする。 カタカナや英語が多くて。(あっ!通常の英語ならまだいいんだけど、、、)

以前に、自分のサイトをもってFlashの動画をつくりたいという思いで[Aventura.jp]というアドレスを購入しましたが、そこをテストとしていろいろいじったりしています。

元々人とコミュニケーションするのが好きな反面、ロータスnotesでデータベースをつくったり、こちょこちょとあれこれ考え没頭するのが好きなタイプでもあるので、時流に乗り遅れた感はありますが勉強してみようと思います。

まだまだ試験的な取り組みですので完璧に仕上がったら御知らせします。たまにみると、ぐちゃぐちゃになっていたりしますので。

そうそう、世界遺産検定の受付はじまったっぽいですよ。一緒に勉強しませう。

2008/05/26

洋食ざんまい

B級グルメが大好きだ。B級という割には、洋食というカテゴリーは老舗も多く値段も割と高い。先週金曜日に久々に行った五反田のグリルエフ。・・・最高でした。

洋食という物を英語で表現したいなと思うのだけど、Europian foodだのWestern style dishといった期待にそぐわない訳が多くて、何と表現すればいいかわからん。僕的には、「海外から入ってきて日本スタイルに変わり、今では日本を代表するまでになった食事」である。

・子牛のカツレツ おー
・ビーフシチュー おおー
・オムレツ そうね!
・かにクリームコロッケ そうきたか!
・えびふりゃー タルタル!
・ミンチドカツ(つまりメンチカツ) 肉汁ね!
・カツサンド 最高!

何と素敵なサウンドでしょうか。お腹がすいてきます。

レストラン山形(友人の家族がやっている)、松栄亭、グリルエフ(友人のオフィスの近く)、佐久良、アリゾナキッチン(友人の家族がやっている)、あずま、煉瓦亭、、、これ以外にも訪れた場所は数多く、今後も攻めたいお店は沢山ある。

あれ、、、何を書きたいのか忘れた。。。

とにかく、老舗の洋食屋さんで年配のご夫妻が幸せそうに食べている姿をみかけると、僕も何十年後かに、シルクハットにステッキなんかを持って、こぎれいな括弧で妻と「かにクリームコロッケ」を食べたいな、と思うのでありました。

ちなみにグリルエフのかにコロッケはソース無しでそのまま食べます。(これがまたいい味してんだ!)

2008/05/22

人口密集率たかいのね

スペインからもどって2年半。朝のラッシュアワーとほとんど関係なく、時には朝3時から、時には夕方からという不規則な生活だったのですが、毎朝規則正しく起きて電車にのって気づいた事があります。それは、電車が昔に比べて良く止まる事。

高校のときは、電車が止まろうが止まるまいが、何故だか遅刻をして、最後にはあと遅刻は3回、休むなら2日で出席日数が足らなくて大学進学が危ないですと注意されたのを思い出します。
そんなこたぁどうでもよくて、電車が止まる。本当に良く止まります。

3日前が山手線なら、昨日は目黒線。今日はどうやら総武線あたりが止まっているようだ、という感じ。毎朝どこか故障だったり、人身事故だったりが起こっていますよね。

おそらく、季節的要因もあるでしょうが、やはり「人が多い」のだと思う。もう一点は、バッグとか鞄ではなく、プラスチックのゴロゴロ転がすあの、例の、、、、あれ正式な呼び方あるのかな?とにかくあのゴロゴロの使用率も多くなって、足下でときたま弁慶の泣き所をクリーンヒットする訳だ。たまったもんじゃありませんね。しかも皆さんなんだかイライラしているし。

きっと色々な線の相互乗り入れで、一つの電車の走る距離が長くなっているのも、全体に影響がでる原因なんでしょうね。

とにもかくにも、明日は何事もなく皆さんの通勤が快足でいけるように願うのみです。

どうにかならんのかな?

2008/05/20

結婚式はいいもんだ。

友人Mr.Terada の結婚式に参加。 やはり、当事者としても最高でしたが、友人のちょっぴり緊張しているけど、でもすっごい幸せーという顔を見るのは最高です。しかも今回は、港が見える丘公園の上に佇む「ロイストン教会」そして披露宴は、同敷地内にある411という,これまた最高のロケーション。

まず、ロイストン教会でおどろいた事。「神父さんの声がいい!」相当渋かったです。厳粛な中行われた式のあとは、お隣で披露宴。これまた、親族合わせて50人弱という中、かつてのイギリス人の家庭が住んでいたというお家とすてきな中庭を利用した和やかなホームパーティー。二人がどのような思いで、この場所を選び、皆さんとどう過ごしたいかというイメージしていたかと考えると心がポワーンと暖まります。っていうか、この日はドッピーカン。太陽がカッカと照っていて暑い暑い。

式の後は、ロールスロイスで去って行った二人が、パーティー後はタイのトゥクトゥク(TUKTUK)で去って行く光景も最高に楽しかったです。やってくれるぜ テラジー。

とにもかくにも、これからは結婚式にはとても良いシーズン。これから結婚式を挙げるカップルにとって、天気に恵まれた、愛情たっぷりの式が行われて行く事を心から願い、祝福します。木は6月二つの結婚パーティの司会をさせてもらいます。

2008/05/13

「演歌を歌い継ぐ」を考える

東京は西小山。かつては目蒲線とよばれ今では南北線や三田線にのりいれて名前も目黒線に変わった。お隣の武蔵小山とちがって、大きな商店街とは対照的に細長い商店街が駅前にある。

かつてここには花街だったという。僕がうまれるもっと前の話のようだ。でもなんとなく、、、なんとなくだがそんな雰囲気が裏道にはあって、今でもなんとなくだけど活気が感じられる。

僕の家はこの西小山にある。

家への帰り道、商店街をぬけるとカラオケパブが並んでいるエリアへと近づく。昔と変わらないパブからカラオケが音漏れして外にきこえてくる。

「おーーーまーーーーえーーーのーーーーー」なんという歌かわからないが、気持ちよく唄っているようだ。

そこでふと考える。「僕達が30年経った時、今のように演歌をうたっている人はいるのかな?」

かつて1970年代に流行ったような懐メロや演歌。当時唄い慣れた歌は、歌詞が好きだ、楽曲が好きだ、歌手が好きだという理由から唄われているのだろうけど、果たして「お酒はぬるめの燗がいい」などとしんみり唄ってくれる同世代はいるのだろうか。もしくは、Exileを懐かしんで唄っているのだろうか。

どうなるかわからないけど、30年後にはわかる。

「そこの小さいクシャおじさん、なんか歌いなよ」

その時、僕はマイクを片手に何を唄うのだろうか。「じゃあ 二億四千万で。」とか言っていたら進歩無いな。

2008/05/12

おお懐かし!!

小学校の頃、僕は子ニャン子倶楽部の会員でした。そうです、あのおニャン子倶楽部のファン倶楽部です。おニャン子にB組ができて、メンバーを覚えきれなくなった頃に飽きてしまったような・・・

友人Mr.Yoshidaがセーラーズというおニャン子御用達のブランドで身を固めていたという、「ああ懐かしの20年以上前」の話ですね。蛍光ピンク、オレンジ、イエローに身を包んだ若者がセーラーズ欲しさに渋谷に集まっていました。僕はと言えば、ファン倶楽部を辞め、ちょうどその頃スケバン刑事2が始まり、南野陽子さんの登場という時代になって、(そう!鉄仮面) ナンノ命!に心がうつっていったんです。

あっ!なんでこんなどうでもいい話をしているかといいますとね。先日実家のキッチンで、フォークを探していたところ、こんなものが出てきたので書き綴ってみた訳です。ー>

すいません、あえて小さくしてみました。

あーー懐かしき、缶ケース。なんでこれが今でもキッチンにあるのかは七不思議の一つですね。

Nanno!!!   皆さんは誰のファン倶楽部入ってました?

2008/05/09

修善寺と源氏

伊豆修善寺は熱海からなら1時間でいけます。熱海から三島まで15分、そこから伊豆なんとか線で修善寺駅まで約30分。このローカル線が良い雰囲気で、伊豆の田園風景を楽しむ事ができます。前々からいってみたかったけど行けなかった場所だけに、今回はかなり興奮気味。修善寺駅から修善寺温泉郷まではバスがありますが、海外でも国内でもやはり「まずは歩く!」が基本なので、2km程の距離を歩いてみました。 しばらく歩くと至る所におそば屋さんが。そう、この辺は生そばと生わさびで有名なんです。という訳で、お昼はそば処「独鈷そば」へ。そば処「な々番」も大行列でしたが、雰囲気を楽しむにはどちらでも良いのかもしれません。注文すると生わさびが一本出てきます。

食後は、今回の目的である修善寺へ。勝手なイメージで山奥にあって、竹林に囲まれているというイメージでしたが、温泉郷の開けた場所にありました。かつて神仏習合の考え方で存在してた神社とお寺は、日枝神社と修善寺という名前で神仏分離されています。事前学習も楽しいですが、やはり現地でいろいろな発見があるのも旅の楽しみの一つ。不思議に思っていた弘法大師と曹洞宗のカンケイ。そもそも弘法大師は真言宗なのに、なぜに曹洞宗なのか? そして独鈷そばという名前や、近くの公園にある独鈷など。

・・・なるほど、やはりかつては、真言宗のお寺だったそうです。源頼朝の弟や息子が殺害された場所でもあり、寺の境内には、平家物語にも登場する「祇園精舎の鐘〜 沙羅双樹の花の色〜」の「沙羅」という木が植えられていました。(写真は、沙羅の花と花粉を沢山つけた蜂くん)

散策マップを片手に、山にはいれば、義経の像や源氏に関わるお墓などを巡る事ができます。伊豆は、至る所に源氏縁の場所があるのでかなり興味深いですね。

伊豆修善寺のもう一つの名物が黒米だそうで、お茶屋さんで黒米もちを食べてみましたが、食感がぷちぷちしていて美味でございます。そんでもって、かなり歩き疲れたので別の喫茶店で「黒米シフォンケーキ」も頂いちゃいました。写真のチワワはその喫茶店の番犬。(チワワが外の犬小屋にいる光景を初めて見ました)

ぶらぶらしていると、早くも夕方。熱海にもどって温泉でもはいるべーと、バスにのって温泉郷を離れました。正直イメージとは大分違い、温泉にも入る事ができませんでしたが、なんとなく「千と千尋の神隠し」の様な雰囲気で居心地の良い場所でした。

今度は、もっと奥地まで足を運んでみたいと思います。

2008/05/01

タケノコとれた

タケノコは至る所に生えています。これは柵の外ですが、一応敷地内のタケノコです。先端が緑なのでオス?










今回の収穫。タバコと比較をしてみました。左から何本目かの一番ぶっといのは、IBM BIGBLUEでも巨漢の武田さんのところへ産地直送。どうやって食べたのか気になります。









只今脳しんとう中のメジロで、僕の手の上でまったりしています。野鳥をこうやって手に乗せるのは二度目。かわいいもんですね。このあと、15分間は何度も何度も首をふって、「やっべー脳ゆれてるよ!」と目をぱちぱちしていました。