2008/04/08

この紋所が目に入らぬか?!

いやー遠山の金さんは名作でした。いつだって終わりは一緒なんだけれど、最後に桜吹雪をみせて一件落着すると気が晴れました。おいおいおいおい!と切れ始める松方弘樹演ずる金さんは僕のベスト金さんです。ちなみに、都営新宿線の菊川駅にはかつての金さんのお屋敷跡があります。(ここは鬼平で有名な長谷川平蔵のお屋敷でもあったようです)

さて、先週花見スポットの写真をあつめるべく11カ所を程見て回りましたが、この前の土曜日もインターナショナルな花見でございました。北欧からラテンの国スペイン・ベネズエラ、その他の国々の方々も交えての花見に選ばれた会場は「駒場公園」! ここの桜がまた最高。丸く円を描いた中央に芝生、周りをぐるっと桜が囲んでおります。鹿のお肉のスモークやら、花見団子、たこやきに手作りババロアになんたらかんたらと食べ物も色々。僕は妻が別の花見に参加している事もあって、先日知り合ったスペイン人のアルベルトさんと参加。この日スペインから参加したのは3人。その間に入って、わかりにくいながらもスペイン語会話を楽しみました。。。フランスから中国まで2年かけて歩いたというフィリップさん。今度ゆっくり話を聞かせてもらいます。

この時期の日本が海外に紹介できる最高な物は”Sakura"。だったらこの最高のシーズンを世界の人々にも是非堪能してもらいたいという思いから、ジャパンホッパーのコンテンツとして、様々な場所でバシャバシャ写真をとりました。(すいませんレイアウトが崩れてしまうので、ここでは小さくしか出せません。)


まずは、新しい赤坂SAICA,そして六本木Mid Townに六本木ヒルズ。ヒルズはかなり期待を裏切られ、少ない本数で10本。なんとなく、ヒルズは好きになれません。其の点、ミッドタウンはなんとなく心持ちがいいです。ウッド調




僕のベストスポット赤坂アークヒルズ!街でみかけた猿もどうぞ。アークヒルズは、花見酒はやりにくいけど、昼歩くだけでも気持ちがいいですね。酒は飲まずとも、毎年行っている場所です。






つづいて、日本桜名所100選の東京にある3つのスポット隅田公園、上野恩賜公園、新宿御苑。残念ながら御苑は16:30で閉園します。御苑内にある源平桃という木も素敵です。(最初の写真)源平桃は一つの木から源氏の赤、平家の白という二色に加え、桃レンジャーも参加しています。








さらに、名所中の名所。毎年ここにいく人も多いのでは?千鳥が淵ー。そして対するは東京の開花はここの基準木から。靖国神社ー!靖国にはかなりの本数の桜がありますが、出店がいいですね。美味しいのも結構あります。夜もいいんだろうな。




さて一日は早い物で5つも回ると夜になります。夜になれば、中目黒周辺から五反田にかけての目黒川も素敵ですね。そして、桜吹雪の駒場公園。この日朝に満開、夕方には半分以上が散っていました。日曜日が限界だったのかもしれません。


最後は、金サンだけに、お代官様ならぬ代官山の猿楽珈琲にてとどめ。来年も素敵な桜が咲きますように。でも其の前に、八重桜の季節がやってきましたね!まだまだ春は続く!あーこれにて一件落着。

0 件のコメント: