2008/01/08

たまには熱海自慢!

熱海は観光で一世を風靡した街だが現在は廃れているというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 確かに、海沿いの大型ホテルはつぶれ、いまではそのエリアに分譲マンションがたち、その横の空き地は、まるでローマの世界遺産である遺跡のフォロ・ロマーノにも似た光景がみられます。

しかーし!この街には凄い神社があります。それが、このブログにも度々登場の”来宮神社”。先日初詣に行った時にやっと写真におさめることができました。なにせ、いつも行くときは、なんとなくほんわーり行くので、写真をとろうなどとこれっぽっちも思いませんでした。

「このまえ熱海に行ったんだ」とか友人・知人に言われることが多いのですが、温泉だけではなく天然記念物がある来宮神社という場所も覚えてもらえれば嬉しいです。ちなみに熱海駅から歩くとしんどいですよ。伊東線で熱海駅となりの来宮駅からなら5分で到着。なお、ここから300m程歩けば僕の実家。しかし、この300mは急な坂でありまして、半端なく辛いです。

ということで、楠の写真です。この木の周りを1周すれば1年寿命が延びると言われております。この辺りには昔、このような楠が何本も生えていたのだとか。しかし、屋久島の杉と同様に、かつては木材としての価値の方が高かったようで現存するのはこの1本だけだとのこと。樹齢2000年以上ですから。日本の歴史の中に常に、この場所で存在していたのかと思うとなんだかワクワクしてきます。

人間より長く生きているこの植物は、いわば大先輩なのに若造の人間が価値を決める。この木にしてみれば「勝手にやってろ」くらいなものでしょうが、そばにいるとすごく優しい気持ちで見下ろされている気がします。僕の勝手な想像ですが、この木はとってもおおらかで広い心の持ち主です。

では、そろそろベトナムのホテルの予約作業にうつりますね。

2 件のコメント:

勝屋久 さんのコメント...

この楠すごいっすね~!

KODAMAN さんのコメント...

この楠さんは本当に大好きな場所です。勝屋さんも是非一度遊びにきてくださいませ。