2007/12/10

塩カルビーム

旅行にでも行かない限り「今日はあれ食べたい!」と強く思う事ってあまりありませんよね?昼飯を食べていて「夜何食べたい?」と聞かれても「あれいいね!」と出てくる事はまずないでしょう。

先日、朝起きて最初に思った事「”まんぷく”の塩カルビ食べたい」でした。珍しい事もあったもんです。以前自由が丘で食べた塩カルビのことなんですが、お肉の上に、刻みネギが敷き詰められて、塩と胡椒がめちゃくちゃのっていて、咽が凄い渇くけど大好きな味です。そいつが、頭から離れない。

・・・あーー「塩カルビ食べたい」・・・
食いしん坊の友達に早速メール。1時間経っても2時間経っても返事はなし。

パスポートの申請に有楽町へ。(昼飯でうまいカルビはないだろうか?)
申請途中で腹がすき、ビルを散策。あっ!ソフトクリームだ! カルビを忘れてソフトクリームを立喰い。

夕方は仕事の打ち合わせへ。先輩から「これから軽く中華でも行かない?」と誘われるも
「塩カルビなら行きますが、中華は・・・」と頑なに断りを入れるほど塩カルビ欲求は増えるばかり。

19時過ぎ 食いしん坊から電話がはいる「今日は無理だよ」。

・・・あーー「塩カルビ食べたい」・・・
Mr.Konchiへ駄目元で電話。これが駄目なら「一人塩カルビ」だ。

と覚悟を決めていると、「今から?いいよ丁度牛丼喰おうとおもっていたから」という素晴らしい言葉。

という事で、いってきました!念願の塩。しかし、場所は渋谷から近場ということで、代官山のまんぷくを選びました。自由が丘のまんぷくの味と同じと期待していきましたが、元々は自由が丘と同じ系列だったようですが今はわかれたという事を入り口で店員さんが言っていました。

なんでも、ここは山形牛を一頭買いするのだとか。正直、牛に等級があっても「良い肉が必ずしもうまい肉」という事ではないと思っています。最近テレビで「○◎牛のA5をあつかっています」だとか言って、肉の塊をみせられますが、脂がすごくてあまり魅力的ではないんですね。安くても美味しい肉料理があるわけで、美味いマズいっていうのは結局は味付けが良いか悪いかで決まってしまうのではないかなとも思う訳であります。そんな、個人的な肉に対する価値観はよいとして、まんぷくの塩カルビ。美味かったです。塩こしょうが自由が丘店とはちがって少し控え目ですが、ネギ塩カルビは一面のネギ世界が広がっておりました。

人間は不思議なもんです。あれだけ一日中食べたいと思っていた「塩カルビ」ですが、お腹いっぱいになるとしばらくは見たくもなくなります。さらに、これだけ満足のいく食べ物を体に摂取しても、翌日にはお腹がすいてしまうんですよねー。1日くらいもってくれてもいいのになあ。

その時に食べたいものを食べるという幸せを満喫した日でございます。ちょいと運動不足で太ってきました。めずらしいこともあったもんだ。

0 件のコメント: