2007/12/28

情熱のミニパーティー

27日は年に一度の「情熱のパーティー」の日。この日は、5年以上前から親しくしていただいてるベンチャ-キャピタルの方から大企業でベンチャー企業との協業を推進している方、更にはIT企業の創業者や社長・役員などが1つの場に集まります。と書くと、すこしセレブっぽい感じで高尚なお話を立食でというイメージをもたれる方もいると思いますが、この会は僕と先輩のMr.Katsuyaが企画しているものですから、そうはなりません。一番のポイントは、忘年会と称してあつまった皆々様にかっちゃまん&こだまんの勝負パンツと踊りをみて年納めしてもらうという”とてもシンプルな集まり”です。

実は昨年この会を120人以上の方にお集まり頂いて開催しました。年々人の繋がりは増えはしても、減っていく事はなく”ネットワーキング”というお題目で開催しますと、7年前10数名だった集まりも120人以上になってしまうのが必然です。が!会場が大きくなれば、ネタを考える&仕込むという作業に時間と体力が必要になり、でもは毎年とっていくものだから、求められる内容:体力というのが反比例していく訳です。まぁ正直ネタといっても裸踊りですからすぐに限界点に到達するんですね。また、人数が多すぎてお疲れ様と言い合える人と会話できづ、皆が皆ネットワーキングに集中してしまうからかえって疲れてしまう等反省点が沢山あったわけです。

だから、原点回帰という事で今年は数年前に集まったよう小規模で開催。海外からもわざわざこの会のために帰国される方もいまして、大変Crazyで意味不明な会なのです。呼びたくても呼べなかった方が数百人いまして、、、とった会場は20人のカラオケボックスですからご理解ください。

場所は六本木Love net.( 滑り台やプールの部屋などがあるカラオケ屋)毎年この日にしかカラオケをやらない僕にとっては思い出の場所です。あっという間に集まった20名が飲めや唄えや踊れや脱げやと、まさに大笑い海岸。冒頭に書きました職種や肩書きなど全く関係なくて、とにかく「今年もお疲れさま」という素晴らしい忘年会になりました。

反省点は1つで、盛り上がりすぎて写真がありません。

0 件のコメント: