2007/12/10

時には葛藤もします

これは以前も書いたと思う内容ですが、、、あるプロダクションの社長が言いました。

「パーソナリティは25歳から35歳までの間に確立できなければ、その後がない」と。

現在所属にかんしては保留になっているプロダクションからは、前向きな言葉をもらいつつも連絡をしても返事がありません。むむむ、、、こりゃいよいよ改めて「プロダクションを探す」という、双六でいうところの「振り出しに戻る」という賽を振らなければならない予感がしてきました。

とネットや雑誌で色々とチェックしてみますと、かろうじていくつかのプロダクションで募集はしておりますが20〜30歳までの未経験の女性などが多数をしめ、男性ともなると激減、さらに30代以上を募集している所はほぼ無いに等しい感じです。

うぉぉぉぉぉぉ!!!!! 俺は一体どうすれば?? 

ここらで振り出しに戻りそうならば、改めて「俺は一体何がやりたいのだ!?」を考えてみるのも一つかもしれません。「ローマは一日にしてならず」「石の上にも三年」という言葉が今の僕を、かろうじて前へ進めてくれますが、結婚をして夫として「このままでいいのだろうか?駄目なんじゃないか?」という自分への駄目ダメ感が否めません。こういう状況になりますと、心が荒みまして出てくる言葉も前向きではなくなるんですね。

10年後の僕はポジティブだろうから、その10年後の僕から今の僕に声をかけるとしたらどんな言葉になるだろうか?
ダメかもしれないけど、八方ふさがりではないだろう?やれる事、試し見る事があるんじゃないか? 
もっともっともっと考えて考えて考え抜いた上で更に考えても無駄ではないよ。そう考えたから、今の僕があるんだから(10年後の自分より)  あーーーーーーー。あーーーーー。他力本願じゃだめだ!

見ててください。その内超ポジティブな児玉になって戻ってきますから。今しばらくお待ちを。

0 件のコメント: