2007/12/02

名古屋旅 その2

よーく眠れた翌日2日目となる名古屋の旅は、午前中に「和菓子をGETせよ!」という児玉家からのミッションを受けて、二件の和菓子屋へ。”亀末廣”も”万年堂”でも狙うは、和三盆糖で作られた干菓子「おちよぼ」。昔はこれよく食べたなーと思いながら、桐箱のものを家とお世話になった方へ配送手配。

ミッションを無事終了させた後、いよいよ目指したのは「名古屋旅」という枠ではもはや説明できない三重県にある「伊勢神宮」である。今年結婚式を挙げた東京大神宮は”東京のお伊勢さん”と呼ばれ、伊勢神宮が遠方にあるためにお参りに行けない人々が東京でもお参りできるようにとできた場所。だとすれば、車が走り新幹線が通っている現在に御本家に行かない訳にはいかないとMakotoと妻と三人でいってきました。

名古屋から高速で二時間。ついた伊勢は、何かと問題の「赤福」の本店がある場所。失礼とは思いながら赤福前で写真をパシャ!この赤福本店付近から伊勢神宮までは「おかげ横丁」があり、古風な町並みを楽しむ事ができます。ここを歩いていると、昔このような所を町人や侍さんが行き交っていたんだろうなとタイムスリップした気分になります。この町並みを作るのに多大な貢献をしたのが「赤福」。だから伊勢では、問題になったとはいえ赤福への感謝の気持ちは大きいのだと思います。この「おかげ横丁」の中心から少し入った所にある「豚捨」という場所でランチをしました。近江牛はかつて伊勢牛とよばれていたんだとか。このお店はその伊勢牛をつかった牛丼や、牛肉弁当が売りで、持ち帰り専用のミンチカツも有名。ですから、その付近に行けば行列ができているのでいけば分かるでしょう。味はというと、お肉の固さは丁度よくて口中でとろける感じ、牛丼にいたっては「煮込みまくり!」という焦げ茶色ですが絶品でした。3人それぞれが食べ終わった後に、牛丼を追加。満腹でございます。

本来の目的である伊勢神宮参拝を忘れかけて、おかげ横丁で楽しんだ一行は、人の流れに流されてようやく目的地伊勢神宮へ到着しました。天照大神をまつる場所だけに、派手なのかとおもっていましたが、素朴で派手さは無く、しかしエネルギーが満ちあふれているという感じがしました。伊勢神宮は25年に一度遷宮といって、本宮を移すという事も初めて知りました。次は平成25年だそうで、それに向けて建築するための材木選びから何から色々な事が行事として行われて行くようです。お参りの際、横の人々が地元のガイドを付けていたのですが、本宮にていよいよお参りという場面、何を話すのかとおもったら「藤原紀香さんと陣内さんがここにきて、お参りをし、実際に結婚式に配られたのがここで撮った写真を彫り込んだチョコレートだった。。。うんたらかんた」。「ソレ別に知らなくてもいいかも。。。。」と横で聞きながら思ってしまった児玉一行でありました。

お腹も一杯、お参りもして気持ちも一杯。さて帰るかと一行は2時間かけて名古屋へ。Makotoの新妻をピックアップした後、夕飯にはもつ鍋を予約しそれまでの間に何かをしようと「猿投温泉」へ。ここは名古屋から車で20分くらい。写真をみていただくだけではその良さが伝わらないのですが、まるで映画「千と千尋の神隠し」の舞台のように、橋があって提灯がぶら下がって、ライトアップされてという素敵な光景でした。もう一度ゆっくりと行きたい温泉街ですね。風呂上がりにポポロという有名なもつ鍋屋で夕食。さっき食べた牛肉弁当や牛丼がどこにいったのかと思うくらいたらふく食べてこの日もホテルにもどって「バタンキュー」。

さあて次は「名古屋城」と待ちに待った「ひつまぶし」だ!

1 件のコメント:

さんのコメント...

その傍で「てこね寿司」を食べねば・・・・
遷宮の材木は木曽の檜、いかだで運んだそうな。