2007/11/29

名古屋旅 その1

何年ぶりかで咳が出て、寝込みました。名古屋にいく新幹線で風邪引きの若者二人に挟まれたのが原因らしいのですが、今年の風邪はどうやらのどにガツンと来るらしく、3日間かけて大きくなったウィルスが一気に襲ってきました。(「遊んで帰って来たらしっかりしろ!とよく言われたのになぁ。情けない)

さて、寝込む前の3連休のお話。目的は友人Mr.Makotoがいよいよ結婚するという事で名古屋に会いにいくことでありまーす。Besides,名古屋の食や名所を巡る事でありました。行く数日前から、インターネットで名古屋の情報をあつめるも、これだけネットが普及した今の時代に名古屋の情報がつまっているサイトが無い!あるのは分かりにくい名古屋NAVIのみでした。ということで、行けば分かるさなんとかなるさと妻と一緒に新幹線の指定席もとらずに名古屋に乗り込みました。

名古屋といえば、あんかけパスタ、味噌カツ、ひつまぶしと出てきますが、矢場とんの味噌カツなら東京の銀座でも食べられますし、手羽先のやまちゃんも東京の各地にあるから、違うものを求めていきました。

東京から混雑する”のぞみ”や”ひかり”を避けて、3時間かけて児玉だけに”こだま”で名古屋へ。ついてすぐに名鉄犬山線にのって犬山へ。とおもったら、間違って岐阜へ行ってしまいました。でも、旅は思いがけない事があって、思いがけないものと出会うから楽しい訳です。別の電車に乗り換えるとそこには見えてきました!そう、かつて斎藤道三の城であり、織田信長も移り住んだという金華山の上にそびえ建つ難攻不落の城「岐阜城」であります!(かつては稲葉山城)ここ去年いきましたが、遠くから見えるこの城も本当に素晴らしい!

岐阜から電車で20分で犬山へ。ここには小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉が徳川家康と対峙するために入城したという国宝「犬山城」が!中に入るとこれまたすごい急な階段。昔の人はこんな急な階段を甲冑を付けて着物で上り下りしたのかと思うと頭が下がります。気持ちが落ち着くとても素敵なお城でした。
木曽川に面してそそり建つ犬山城から徒歩5分程の所には、織田有楽斎が建てた「如庵」というこちらも又、国宝茶席3名席の1つという茶室があります。幸いにも3月・11月は中を開放しているということで紅葉とともに楽しんできました。茶道の心得のある妻にとっては茶室の中は本当に質素な中に豪華さがあるという素晴らしい内容ようで喜んでおりました。(調べておいて良かったー)

初日の夕方は、犬山城の近くの五平餅をゲット。そして夜は、二人のお祝いと僕たち夫婦のお祝いということで、創作イタリアンのお店へ。何を食べてもそのお店は美味しかった。この日23日に入籍したMakoto&Yukikoにとっては思い出のお店になったようです。もちろん僕ら二人にとっても。日付変わらぬ前にホテルに戻った僕たち夫婦は記憶を飛ばすかのようにベッドに沈没。

さぁて24日はパワースポット 伊勢神宮だ!

2007/11/27

大風邪

新幹線の中でもらっちゃったのでしょう。今大風邪を引いて全身痺れています。名古屋旅行記は改めて。

2007/11/22

視察

明日23日から名古屋視察にいってきます。何の視察か?僕の会社でプランした、日本国第3位の都を知るという東京外研修です。うそです。友人が結婚するのでそのお祝いを兼ねてひつまぶしを食べに行ってきます。伊勢神宮にもいく予定です。新婚旅行?微妙なところですが、第1弾新婚旅行になるのかも?!

以前行ったときは岐阜城を見ましたが、今回は犬山城も名古屋城も見たいし、桶狭間も行ってみたいな。しかし、no more 関ヶ原です。霊体験はこりごりです。(笑)

2007/11/21

バブ

バババ♪ バーブ バーブ バーブ♪ バブに入ると体あったまるなぁ。

今日はばったり溜池山王で慶応大出身のアメフト仲間と会った。児玉発見の瞬間である。

さて、月曜日から今日まで結構色々な人とミーティングをした。いくつかオフレコのミーティングもあるけど、面白かったのは某音響のハードウェアを生産している会社のMr.Jasonとのミーティング。場所はできたばかりの東京は大丸上階にあるカフェ。

内容はさておき、色々と日本の市場についてのざっくばらんな会話をしたあとに今住んでいる所を聞いてみた。
「東京のどこに住んでいるの?」
「はい。上海です。」
「しゃっ!上海?日本じゃないの?」
「明日は香港。明後日は北京。明々後日は上海と今週はかなりハードですね」
「えっ?次に戻ってくるのはいつ頃ですか?」
「はい。来年です。」
とさらっというMr.Jasonはアジアの市場を任されているとてもアクティブな方だったと改めて知った。しかも、そんなに忙しい人が僕などのためにわざわざ時間を割いてくれるなんて有難い。世界を相手に仕事をするってどんな感覚なんだろう。友人や先輩にも何人かいるけれど、素敵だなという思いは20%位で80%は凄い大変なんだろうなと思う。でも楽しそうだ。確かにこの人も市場規模は大きく、約56の民族があつまった13億の人口を誇る中国でBusiness Launchする事にチャレンジングだけれども、非常に面白いと言っていた。確か、元IBMBigBlueの親指小西が今中国で働いているな。頑張っているのかな。

2007/11/20

よっ!名幹事!

同窓会。かなり笑わせてもらいました。 以前書いたように、僕は17日の立教小学校34回生同窓会の司会をやってきました。中身空っぽだった進行表に色々と盛り込んで1時間前に集合。僕はこの日、あの懐かしの立教小学校の制服を着る予定だったのですが、届けられた制服をみてびっくり。灰色の半ズボンにダブルの上着のみ。

。。。おい! 白いシャツ・靴はないにしても、えんじ色のネクタイは?黒い帽子は? しかもこのスーツでかくない?  

ーそうこのスーツはかなりメタボリックな人用に用意されたもので、小学校時代とほとんど体重も体格も変わっていない僕には無理なサイズでした。(実際に立教小学校に通う父親から借りた方がよかったかも)

さて、いよいよ始まりました同窓会。続々と登場する20年ぶりの人々はぜーんぜん変わってなくて、一発で誰が誰だか分かってしまう。女性がいないとこんなものかな。と思っていると、いつもの飲み仲間も登場。さらに新鮮さがなくなります。一応、「君は?」と言われないように自分から「児玉です!」と紹介すると「言わなくても変わってないからわかってるよ!」と返される。でも皆それぞれが頑張っていてよかった良かった。
(写真は担任の先生)

(変わったねー。身長伸びたねーとかいわれてぇー。)

同窓会中盤は、先生の思い出や生徒の暴露大会でもりあがり、極悪非道な事をやっていた生徒や校舎の裏側でタバコを吸った事のある奴なども一応は「時効」という事で暴露。さらに、水泳の時間に先生が何故「フルちん」にさせるのかも問いつめるシーンなどもあった。

フルちんとは・・・水着を忘れたのが二度目の人は、水泳の授業を”全裸”で参加しなければならない。

想像してください。40人の授業で、泳いでいる生徒の中に普通に全裸の子が2〜3人いるんですよ。いま思い出しても相当笑えます。僕もかなり全裸になった覚えが。いまはそういう事もできないほど父兄がうるさいようです。

さて二次会。盛り上がりましたねー。近況報告をしあっているうちに、幹事が突如一言を告げるべく注目を集めます。
「二次会の会費をポケットにいれつもりが、全部落としました。すいません」
「どっひゃーーーーーーーーー。」(大爆笑)

十万円以上を居酒屋の入り口で拾った人はどこかに消えてしまっていた。
ーこの後、再度皆からカンパをあつめ支払いは終了。学生街池袋は怖い。居酒屋内の出来事なのに、だれもとどけてくれないとは。。。(写真はイッキする幹事) でもこのお陰で忘れられない同窓会となりました。最高!最高! 

皆との再会と笑顔はプライスレス ってか!

2007/11/19

打ち上げろ!

行ってきました立教小学校の同総会!大事件が起こりましたがそれは明日月曜日に書きます!今日は寝てしまおう!おやすみー。

そうそう、明日月曜日から「児玉務の生活改善週間」と設定しました。
その1:朝夜がすこーしひっくり返ってしまったので元に戻しまーす
その2:沢山の人に会います 右脳も左脳もまずは回転させまーす
その3:コーヒーを飲む量を減らしまーす
その4:今後やるスポーツについて方向性をだしまーす
その5:今後の仕事についてのビジネスプランを作りまーす
その6

あーーー寝ないと。

2007/11/16

良きかな西小山

立て続けに面白い集まりに参加している気がする。

水曜日は毎月恒例となった「BEAT」の集いに参加。このイベントは元気なITベンチャーや大企業の協業担当者が集まるだけに自分が元気に溢れているときでなければ、周りの元気さに圧倒されてしまうイベントである。西麻布のお店に一歩足を踏み入れるとそこには世の中に[ WEB2.0]という言葉を知らしめた張本人であるMr.Tim O'Reillyが!凄い人だかりで名刺を渡す事さえも厳しそうな中、僕はといえば結婚式の二次会にお越しいただいた方やインタビューをさせて頂いた方々への御礼をする方が大事だと思って色々な人と会話。・・・とそこに、2ch管理人のひろゆきさん登場。イベント内の対談タイムでは興味深い話を聞かせてもらった。

さてさて、西小山に引っ越してから4ヶ月が経ち、気づけば近くのお店を探索していない事に気づき木曜日の晩は西小山を探るツアーを実行。隣に武蔵小山というながーいアーケード街という強敵がいるが、西小山商店街は結構いい味を出している。いくつか美味しいお店を見つけてはいるものの近場にあったらうれしい美味しい焼き鳥屋や焼き肉屋はまだ発見できていない。っつーことで、焼き肉屋さんへ。塩ミノうまかったな。でも、森下の静○苑や自由が丘の漢○の方が僕は好きだな。他にもありそうだから探してみようと思う。

今猛烈に脳みそが仕事をしたがっている。やはり人間はある程度の忙しさの中に幸せを見つける事に快感を見いだすのかなとも思う。もっと色々な事に頭を使いたいなーと思ってしまったので、幸いにも空いている時間がある今こそじっくり考えねば。ってこれ前にも書いたかな。だとしたら、まだまだ考え足りない。

2007/11/14

在日外国人の集い

タイトル通り在日外国人の集いにいってきた。 WEB2.Oというキーワードで開催されたこのイベントは、今回で6回目を迎えるという。

・・・アメリカでこういう会合に参加する事は在米外国人の僕にとっては凄く意味のある事で、色々な国からくる様々なステータスの人との出会いがあり刺激を受けていた。でも其の時の僕は英語にコンプレックスをもっていたし、何となく自分としての「いい感じ」の動きが出来なかった事が悔やまれた。

本日の会は、プレゼンテーションが3つと歓談TIME。冒頭のキーワードで語られたプレゼンテーションの中には、日本を世界に紹介するサイト[Japan Hopper]があった。
今回この会に参加した理由の一つがこのJapan Hopperに関して詳しく知る事であったので、とても興味深く話を聞いて来た。日本に帰って来た時に、「なぜヨーロッパにはどこにいっても必ずiマークのついたインフォメーションセンターがあるのに東京には中々探しても見つけ出せないだろうか?」と思った。それから、何か僕の感じた日本を紹介できる方法は無いだろうか?と考え続けていたのだが、最近知ったこのサイトがやろうとしている事こそ、僕がやりたいなと思ったインフォメーションセンターというリアルな空間とは違っても、海の向こうに広く知らしめる事が出来るWEBでの情報提供、しかも口コミ情報に共感を覚えた訳である。まずは試しに僕が素敵だと感じたお店やスポットに関する感じた事を書き込んでみようと思う。

そしてもう一つのこの会参加の目的が、ゴメちゃんに会うこと。ゴメちゃんとはスペインはマラガから仕事で来ている以前Mr.Katsuyaに紹介してもらった友人である。この人が面白い! ちょっとしかスペイン語が話せない僕に「Hola! Amigo! "#$0"%$"($0%$)"#%"-」と機関銃のように会話をして来る。この機関銃のように話しかけられる事こそ、僕が一番最高だとおもっている状況。相手が分かろうが分かるまいが、まずは気をつかわずに会話をしてもらうことこそが、遠慮されて気を使いながら会話をされるよりも語学力向上の一つであると思っているからである。だって分からなければ「QUE?」(何?)って聞き返せばいいだけだから。ストレスを感じながら会話されたら、次回も会おうよ!って今度はコチラが遠慮して気軽に言えないなと僕のなんとなくの経験上で感じているからである。(写真:勝屋さんブログより)

いやー楽しかった。 ゴメちゃんと奥様のアンドレアそしてターニャとの出会いは必然だなと感じている。そしてJapan HopperのMr.Maruyamaとも何かしらの形で絡んで行きたいと思っている。

時は遡り午前中の熱海での放送。ちょっと自分の中で新たな試みをしたら多くのリスナーから反応があった。今日は気持ちよーく眠れそうだ。んーーまんだむ。 幸せーーーー。

2007/11/11

念願のミートソース

立教小学校の同窓会が17日にあって、先週金曜日は幹事に呼ばれての打ち合わせ。僕が司会なので、詳細を聞いてみたらば、中身がなーんも決まってなくてびっくり。どうやら、これまで何度も打ち合わせをするのだけど、毎回別の話で盛り上がり、中身どころではなかったらしい。

というわけで詳細打ち合わせ。打ち合わせ場所は、寿司屋の息子ながら大人になるま酢飯が食べられなかったMr.Ayukaiのお店。今では立派に寿司屋の板サンをやっている。結局、ミイラ取りがミイラになったかのように、鍋を囲んで、バカ笑いをしてほとんど中身は決まらずに終了。数日後なのに大丈夫かな。立教小学校は男子校。同窓会でも男子しか集まらないので、「えーあの綺麗なあの子はかつてのあいつかよ!」といった驚きは全く期待できない。だからか、参加率が悪い。120人の同窓の中で参加予定は40弱。そのうち、20人以上と今でもつながっているので同窓会という名目では、あまりにも名前負けしそうである。
立教女学院の同期といっしょに合同同窓会でもやれば、参加率も上がり物凄く盛り上がるのにな。

これを書いている日曜日は、夜に念願のミートソースにトライ。作り方はよくわからないのだけど、かつてスペイン留学の際にイタリアでシェフをやっていた友人が作ってくれたミートソースを見よう見まねで作ってみた。あと茄子のグラタンに野菜スープ。いや−美味かった美味かった。余り種類は作れないけど、料理は我ながら上手だと食べながら自画自賛。ちなみに僕の得意パスタは、ナポリタンとカルボナーラのテクニックを盛り込んだナポリカルボナーラ。ご興味ある方にはレシピをお教えします。かなり美味いですよ。

2007/11/07

思い込み

パソコンをいじっている時間。深夜0時を越せば、パソコンの日付は自動的に6日から7日にかわる。メールをチェックすれば、今後のスケジュールが分かる。そこに書いてある8日11:30からランチという内容を確認する。ここまではOK!日常の事。

実は深夜に日付が越えている事をすっかり忘れていた。だから、眠る前に「今日は7日」で一眠りすれば翌日8日になるのだから、ランチは今日だ!と頭の中は勝手に思い込んでいた。

翌日っていうか今日なんだけど、朝起きて11:30に赤坂見附の待ち合わせ場所へ急ぐ。駅に着いた所でメールを一本「今赤坂見附に着きました!」。急がねば!

ーと先程の送信先から電話が。
先方「ランチって間違いなければ8日だよね!?」
当方「はい!そうですよ8日です」
先方「明日だよね?」
当方「はい!いえ?!あれっ?今日は8日じゃ・・(あれ?昨日の放送で6日って言ったような?)」

(???今日が8日だとすれば7日はどこにいってしまったんだろう・・・)

当方「ぎゃーーー!!間違えました!え?明日?今日?明日ですよね?今日?」
脳みそはパンパシフィック!つまりパニックです。

たまにこういうアホな事をやるのは、僕がアホだからでしょうね。
でも翌日に勘違いしていなくてよかった。

ちなみに、10月27日の結婚式の翌週の11月3日土曜日。
友人から夜9時頃電話がはいりました。
「務さー。二次会って今日だよね?いまスパイラルにいるんだけど誰もいなくって。」
っておい!二次会は先週の今頃だっつーの。

思い込みってこわいねー。

2007/11/05

Sportsの秋

タッチフットにフラッグフットなんかもいいんじゃない?

2007/11/04

寒かった×10in横浜

今年ほどアメフト観戦にいった年は無いだろうと思う。実は、現役のときも、結構敵チームの試合スカウティングをサボっていたから。(笑)

さて、土曜日。友人Mr.Chinoの試合を観に午後から横浜スタジムへ。ハイ一試合まずは見ましょ!
第二試合は鹿島とオンワードスカイラークス。この試合の勝敗で、IBMビッグブルーがファイナル6というトーナメントに出られるかがどうかが決まる。ハイ第二試合も見ましょ! 
第三試合はIBMとゼロックス。IBMの試合は観なければならないから、ハイ第三試合もみましょ!

ということで、丸一日横浜スタジアムに缶詰となりそうな、土曜日になるわけだが、そこはアメフト観戦嫌いの僕の事。一試合目を見終わったら、気になる第二試合をちょっとみて、すぐに中華街へ。狙うは肉まん。食いしん坊のChinoも合流して、江戸清の肉まんをGET!
でも小腹がすいているからとUp-side-Down焼きそばをGETすべく「梅蘭」へ。
お腹が満たされた後は、第三試合。しかし、第二試合の結果によりIBMはファイナル6への出場権を手に入れる事は出来なかった。かなり覇気の感じない試合だし、少し飽きて来たのでおしゃべり。結婚式にも来てくださった方々との談笑を終え、試合も終わり、さて帰ろうかな。でもお腹減ったな。又中華街へ。

いつもと一緒ではつまらないからと、街を探索して4−5−6菜館というお店へ。中華街は何度も来た事あるけどこの日ほど歩いた記憶は無くて、ワンコインのラーメン屋とか肉まんやとか色々楽しそうな場所がある事に改めて気づいた。海鮮あんかけ炒飯は最高にうまかったな。たまに、くるのも面白いな。

ということで肉まん片手に後輩のゴンと大沢とChinoとパシャ!
(江戸清の肉まん 初めて食べたけど美味い!)

2007/11/02

つぶやき

ますます手が届かない程高くなりそうな新しい携帯が発表されましたね。音楽が聴けて、テレビが見られて。前にも書きましたが、僕的には「そんなものいらない」と思う訳です。そういう機能の代わりに、フォントやデザインにもっもっと拘って、持っているだけで自分が気持ちよくなる「幸せ携帯」出ないかな。薄さとか質感もいいんですが、外見よりも中身に変態的なこだわりのある携帯の登場を待つ事にします。ワンポイントの可愛いデザインなんかもあったらいいな。

ぼやきはこの辺にして、先日インタビューさせていただいた南さんの影響を受けてTwitterというサービスを早速体験してみました。これはカテゴリーで言うとマイクロ・ブログというらしく、チャットとは少し違って「ぼやく」というよりは「つぶやく」のです。そのつぶやきは自分が登録している仲間全員のTwitterに児玉の発言として表示されます。ソレに関係した話題でも関係ない話題でもまた誰かが「つぶやく」。

これが今後どのようなビジネスになるかは使う人が増える中で自ずと決まって行くのでしょうが、適当に今思っている事をつぶやき、他の人のつぶやきに「気づき」があるというのはユーザーとして「面白い!」ですね。2003年にブログを始めた時の面白さに似た感覚をいま感じています。

今日は雨。「俺は雨男なのか?」と以前からなんとなく思っています。そして妻はきっと「風女」。雨男と風女が結婚したから「嵐」が発生したんだと思うと、Un poquito Dramatico ですね。(んなことは無いか)
外を見れば雨。部屋の中でインタビューのテープおこしをやっていますが、仕事をやっているときに充実感が得られる事って仕事冥利につきますね。 Estoy trabahando mucho mucho!! 
では良い週末を! やべ!LOTO6の当選番号check忘れてた! 今回は当たっていますように!

2007/11/01

ふらりの活動報告

主夫児玉は時には一所懸命働きます。昨日水曜日は、左のLINKにもある「こだまんのふらりBEAT Master巡り」のインタビューに行ってきました。毎回、元気な言霊をもらい、笑いあり、感動的な涙ありのインタビューですが、今回は僕の古巣であるIBMのしかも以前の上司であり、「物事をどのように考えるか」という原点を教えてもらった方、伊藤昇さんがお相手でした。

考えてみてください。自分が社会人としてお世話になり、ガンガン教育された人に、立場は全く違うとはいえインタビューするこの緊張感。しかも、コチラは(仕事にやる気があるので、NEATとは言わないですが)フリーの喋り手であり、お相手は先日最年少で日本IBMの理事になった方です。そりゃー物凄い緊張ですよ。

向かい合って座ると当時ビジネスのレビューを受けてコテンパンにやられた事が思い出されます。しかーし!この数年間僕も修行して成長してきたんだ!いける!いける!のっていける・・・・・

1時間45分のインタビューは中身濃く、改めて伊藤さんの素敵な一面を垣間見る事が出来た一時でした。
そしてその後はダブルヘッダーで、デジタルガレージの南さんへインタビュー。海外での投資活動などを経て、現在はIT業界で新たに生まれて来るビジネスを支援する立場で頑張っておられます。こちらも、デジタルガジェットに関する話題など、話題豊富な2時間でした。

今はライターとしてこのような方々との対談をWEBコンテンツとして掲載させてもらっていますが、いずれ他のメディアでも取り上げてもらいたいなと思っています。IT業界というと「株式上場で大金ゲットしていっちょあがり」というイメージが先行してしまいましたが、僕はお金よりも「自分も楽しみ、世の中に役立つサービスを提供したい」と思っている人が沢山いるこの業界を違う角度から世の中に広めたいと思っています。

お金は後からついて来るし、自分の価値は株価じゃあるまいし急激に上がる事などありません。一歩づつ一歩づつですね。さあて、ゲーム「塊魂」でもやるか!(昨日深夜に塊魂をやって気分がわるくなりました)