2007/10/12

結婚式Phase2

いよいよ残り二週間となりました僕の結婚式。いやーどうなることやら。

さて、その披露宴でスピーチをして頂くIBM時代の上司と夕食を共にしました。IBMからベンチャー企業の役員として新たな一歩を踏み出された方で、僕に仕事のイロハを教えてくださった方であり、かつIBMアメフトチーム「 BigBlue」の本部長でもありました。メールでのやり取りで嬉しく思ったのは、「旧交を深めましょう」という言葉。アメリカ留学後一度もお会いしていないので、本当はスピーチを受けてくれるかどうか不安でしたが、そこは上司と部下を越えた僕の人生の節目節目に登場し喝を入れてくださる方です。快く引き受けてくださいました。何を言われるのやら緊張しますけどね。

旧交とはいうものの、合流してものの2分で嘗ての関係に戻る事ができました。人との付き合いにおいて、時間や距離を一瞬にして超越できる関係ということは本当に素晴らしい事だなと改めて思っています。

と、会話している中でふと思った事。IBMを辞めて以降、個人で仕事をやっているのですが、当然個人事業主なだけに上司と呼べる人がいない事に気づきました。企業にいれば、「あれどうなっているんだ?」「お前こういう時はこう立ち回らないと!しっかりしろ!」と喝を入れられる事がありますが、やるもやらぬも全て自分次第なんですね。ちょっと仕事が増えたからといって満足していると、明日の食い扶持は確保できないという現状に甘えは許されないなと改めて気を引き締めようと思います。

さて、披露宴や二次会の中身がいろいろと詰まってきました。この辺りまでくると、司会者として経験している頭の中での「TO DO LIST」が利用できます。でも三三九度のお神酒を飲むのだけは想像しただけで怖い。披露宴で飲まされる前に飲まされる訳ですからね。・・・・水に換えられないか。。でもそれは逃げかな。披露宴前に出来上がってしおうかな。

0 件のコメント: