2007/10/21

人の温もりに触れて大感動

今日でADの仕事が終わった。僕はこの仕事場で「キャッツ」と呼ばれていた。

無事番組放送を終え、片付けからプレゼント配送手配までを終えて少しゆっくりしているともう一人のADから「もう一つ収録ありますのであっちのスタジオで」と集合がかかる。

行ってみると、僕にスタジオのDJブースに入れとの指示があった。マイクチェックで入らされたのかと思いきや、机の上には「キャッツ・ザ・レディオ」と書かれた4枚の台本が。。。。。
各4枚には”オープニング”、”メッセージ紹介”、”パブリッシング”、”エンディング”と一つの番組が構成されている。???なんだろうと思っていたら、ディレクター役のADが一言

「では、これからキャッツのデモ番組を録ります」

プロのミキサーが音声を調節し始める。かと思いきや、「メール入りマース」とつい先程まで生放送で喋っていたDJがAD役で手書きのメッセージを持って中に入って来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そう、これは僕が一緒にチームとして参加させてもらった番組スタッフ皆からのお別れサプライズだったのだ。首都圏でDJになるチャンスを狙っている僕に、今後の営業用にデモを制作してくれるというのだ。

とても緊張した10分だった。しかし、今まで自分が一人で録ってきたデモよりも、一番自分らしくて、一番ノっているデモを作る事が出来た。そして、スタッフの皆は笑顔が最高だった。最後にミキサーのMr.Teradaが「キャッツさん!DJなら自分のヘッドフォンをスタジオ内に忘れちゃだめっすよ!」とヘッドフォンを引っこ抜いて持って来た。・・えっ!?俺元々持って来てないけど。。。

そう、このヘッドファンはお別れのプレゼントだったのだ。
そしてディレクターはいつも以上に笑っていた気がする。

この番組には今年の2月から本当にお世話になって、オペレーションからミキシング、そして喋りのコツなど色々と発見、学び、気づく事が出来た。共に遠泳もやったし、物まねで放送にも出た。短期間だったけれど、失うものは何も無く、得るものがとても大きかった。そして最後にこのサプライズ。スタッフとしてでは無いけれど、今後も僕はこの番組を色々な形で応援して行こうと思う。

みんな温かくて良い奴らです。そんな温かい人々が一所懸命取組んでいるのが
Fm yokohama の 土曜日 朝5:00〜8:30のアウトドア番組「The Burn」です。
是非皆さんも応援してください!
今彼らはマラソンを特訓中です。

0 件のコメント: