2007/09/23

日本ミステリー

いやー金曜日のみのもんたの日本ミステリーは中々面白かったですね。特に、「徳永家康と武田信玄は親子だった?!」は興味深かった。

過去は変えられない。というのは自分の持っている定説ですが、こと日本史や世界史に関しては、実際とは違う伝えられ方をしているものもあるから本当の所何が本当で何が本当でないかは分からないと思っています。

親子じゃない!と完全否定するとすれば、何故武田信玄が設けた城の跡地に神社を作って、自分の遺体を納めるように指示したか?とか家康生誕の地にある神社に葵の御紋の背景に武田の花菱を入れたのかなど説明するのに困るような気もします。

最近では、聖徳太子が学校の教科書から消えたなんて話も聞きます。となると、世界遺産の法隆寺や法起寺などは誰が建立したことになるのか?などと歴史を楽しんます。

ミステリーというか、別にそうだったとしたら面白いな、素敵だな、と思う事は過去の中にいっぱい詰まっているような気がします。

0 件のコメント: