2007/07/27

爆釣SABA!

——海に行く。目的は釣りだ。釣れるであろう場所に船のエンジンを止め、竿をたらす。まず一匹、ほら二匹目、おっ来た!三匹目。釣れる釣れる今日は釣れる。

そんな日の事をこう呼ぶ「爆釣(バクチョウ)ダー!!!!」

25日はそんな日だった。

この日は、レディースルアーフィッシングという素晴らしいコースに取材を兼ねて参加。このコースの素晴らしき事を挙げるとすれば、
1に釣れる! 
2シェフが料理! 
3その場で食べられる! 事。

7時に平塚を出た船は、12時過ぎまで「シイラ」「サバ」その他を狙いポイントに行っては釣りを楽しむ。大学時代に相当ブラックバスに嵌っていたが、ここ最近はご無沙汰だし、船での海釣りは人生の初体験であった。特に心配だったのが「船酔い」。そんな日和っていた僕も、開始早々に一匹のサバを釣る。周りも「サバ」「サバ」『サバ』「シイラ」「サバ」といった具合にどんどんつり上げる。「入れ食い」とはまさにこの事。さらにサバはかなり大きめのサイズ。釣果は「サバ80匹以上のため多くをリリース」「ワカシ(ブリの子供)二匹」「シイラ(子供サイズ3匹)」。

午後ホテルに戻ってシャワーを浴び、休憩していると「お食事の用意ができました」の声。行ってみるとそこには、大量に獲れた「魚」を使った料理が盛りだくさん!これはいいよ。一匹もつれなければご飯とお新香だけ。釣れば釣る程料理のバリエーションが増えるというシステム。家に着いたのが夕方四時。ほぼ12時間であるが、これだけ充実する12時間って余りないなぁと思った日であった。

0 件のコメント: