2007/07/20

熱海の取材

某雑誌のライターの方から、熱海に関する取材を受けました。

昔と今の違い、おすすめの場所、どう変わってきたかなど色々とメールではありますが、聞かれ自分としても知りたいと思って色々な人から意見を伺いました。

テレビなどのメディアで、市長の発言から熱海危機宣言が発表されたのは記憶に新しいでしょう。あれは、このまま行ったら危険になるよというアラートであり、今すぐにどうこうというものでは無い。でも逆に言えば、今のままならヤバいという事であります。

と、いつ頃からこのアタミが変わってきたかというとどうやら2000年というのが一つのターニングポイントのようで。この時期の前後から、熱海の本来の良さ、文豪が愛した熱海の景観、文化、町並みに熱海市全体が気づいたようです。

今この街には、マンションが建ちまくっていて、12以上ある商店街の多くがシャッター商店街。もちろん中には素敵なお店があるのだけれど、残念ながら全体としてみればまだまだ。でも、週に2日戻って熱海の街を歩くと、素敵な小道や美味しいお店に出会います。この街は、古き良き時代を捨ててさらに原点に立ち返った時に素晴らしい街になると思う。

もちろんカジノが出来たらとんでもない事になるだろうけど、それはまだ先の話。熱海を考える時間でありました。

0 件のコメント: