2007/07/15

人生にリセットボタンは無いけど

高校時代に始めてファミコンを買いました。当時はスーパーファミコンがブレイクしていたから、お古のファミコンソフトは1週間ほどで40本くらい集まったのを覚えています。

大学1年生の時にスーパーファミコンを買いました。当時はプレステが人気だったから、スーパーファミコンのソフトは結構破格で購入できました。

大学3年でプレステを購入。ファイナルファンタジーの映像に感動をしすぎて、母親を部屋に呼びプレステの映像が如何にすごいかを長々と説明した記憶があります。兄の仕事先から青色のプレステをゲットして、あるとき自宅に3台プレステがあった事も記憶に新しいです。

社会人になり、ちょっと高額でもDVDが見られるからいいかとプレステ2を買いました。最新のソフトを購入したらすぐクリアして売ったりしていました。DVDが見られるのも衝撃的でしたね。まだ、TsutayaにはあまりDVDがおいてありませんでしたが。

そして、世の中はプレステ3とWiiの時代になりました。どこに行ってもWiiは売り切れですよね。なかなか手に入る代物ではないと諦めていました。

このようにゲームのハードウェアに関しては、常に後手後手に回っていた僕。先日、家庭に必要な電化製品を買いにビックカメラを足を運んだときのこと。インターネットを引くための契約をした後、帰り道に目に入った言葉がこれ。

「Wii入荷しました」

マジですか?買ってもいいですか?25000円です。ポイントためますから!インターネット契約したから、2ヵ月後に20000円の商品券も手に入るし。家計には迷惑かけませんから。

ということで、Wiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiを買ってしまいました。ついでにドラクエソードも。早速家に帰って、妻が挑戦。画面を切り刻んでいます。32歳になってようやく、旬なゲーム機に出会えました。しかし、何年後かに生まれてくるであろう子供にはゲームはやらせません。子供は風の子です。雨が降っても外で遊んで帰ってくるような子供に育ってもらいたいものです。僕のように。

0 件のコメント: