2007/07/05

人に歴史あり

この世に生を受けてから今までを振り返れば、誰にでも過去があり歴史がある。そして今を生きるにあたって、昔得た知識や経験が少なからず作用していると思う。

今週も取材に行ってきました!今回はミッドタウンのレジデンスにオフィスを構える とある方。いずれ僕のコーナーが始まればそこで様々な方々に登場いただくのでここでは名前を伏せるとしよう。

この企画はビジネスうんたらかんたらというお堅いものではなくて、あくまでも人に焦点を当てたもの。
ビジネスメソッドや組織学ではなく、文化人類学に入るのかもしれない。・・・と書きながら、文化人類学に関する定義や知識は非常に曖昧であったりする。だから僕が選ばれたんだと思う。今回の取材は短くいこう短くいこうと思いつつ終わってみたら2時間。これまでの人生の歩み、そこでの気づきなどを一つ一つ聞いてきた。そこにはへこんだ時の元気の素がいっぱい詰まっていた。

取材最後の質問は「好きな歴史上の人物」。ここであがったのが真田幸村であった。その話の後、席を立って持ってきたのが池波正太郎原作の「真田太平記」のDVD。(NHKの水曜大河ドラマ)
幸村の話題で盛り上がった後、オフィスを出る際には僕のバッグに24話までのDVDが!なんと貸していただきました!ほとんど始めて会うにもかかわらずこの親切さ。DVD「24」ばりに集中して観よう!!

そしてこれを書いている木曜日。ある音楽プロデューサーとランチ。特にすぐに何というわけではないけど、色々とお話を聞くことで気づきも、刺激もある。

入籍間近だけど、ここで焦ってはいません。一歩づつ一歩づつ。いずれその一歩一歩を振り返ったときに「あーーーこれが僕の歴史なんだ」と思うときがくる。。。。かもしれない。。かも。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

あ~、つとむいよいよ結婚らしいな。
いつよ? スネ夫